相棒 Season15 「フェイク」
e0080345_07310155.jpg鈍い私は、最後まで、今ひとつ????で最後に、わーーーっ、だったのでした。

賛否用論あれど、演出と、高木美奈子(安達祐実)の狂気表現の勝利ですね。

たしかに、理不尽な現実を突然、目の前にすると、まるで、レディ・ダ・ヴィンチ状態になってしまうのかもしれません。

誘拐事件ではありましたが、右京(水谷豊)と、亘(反町隆史)のポジションと目のつけどころや行動が面白かったです。「どこかに新風を」という意欲を感じました。

六角さん、演じる米沢守が居なくなり、代わりに青木(浅利陽介)が、なかなか味なポジション。

翔太(黒澤宏貴)が友達をかばい、握ってた小さな人形が切なかったのでした。

     (ストーリー)

 世田谷西署の管轄内で誘拐事件が発生。行方が分からなくなっていた小学生の男の子2人の内の一人、翔太(黒澤宏貴)が遺体で発見された。捜査に潜り込もうと捜査本部にやってきた右京(水谷豊)と亘(反町隆史)は、署で遺体を確認し、茫然自失のまま帰路についた翔太の母・美奈子(安達祐実)の姿を見かける。特命係を捜査から遠ざけたい伊丹(川原和久)は、美奈子を自宅まで送るよう頼むが、右京はその役割を亘に任せ、自分は本部に足を向ける。

青木(浅利陽介)の機転で本部に潜り込んだ右京は、青木から事件の概要を聞く。誘拐されたのは、広斗(寺内勇貴)という小学生で、犯人から両親に3億円を要求する電話が掛かってきたという。それから10時間後の朝、翔太の遺体が発見されたのだが、本部では犯人の目的は家庭が裕福な広斗だけで、翔太は巻き込まれただけと見ていた。

一方、帰宅途中の美奈子に追いついた亘は、彼女が不意に一人で笑い声をあげている姿を目撃。さらに、アパートまで送っていくと、部屋に入った彼女が子供と話している声が聞こえる。翔太と2人暮らしだったはずなのに、なぜ?

 その頃、本部には犯人から身代金の受け渡し方法を知らせる電話が掛かってきていた。本部では、いったん犯人に身代金を受け取らせ、尾行してアジトを突き止めるという方針を決定。翌日、本部は身代金を指示された場所へ運ぶ広斗の母・有里(木下あゆ美)の周囲に万全の体制を敷き、受け渡しの時に備えていた。そんな中、右京は犯人の行動にある疑念を抱いていた。

二手に別れた特命係。亘がマークする被害者の母親に不審な動きが…!?
一方、右京は誘拐犯と極限の頭脳戦を繰り広げ、人質救出に全力で挑む!
最悪の状況から始まった誘拐事件は、驚がくの結末を迎える!

[PR]
by noho_hon2 | 2016-11-24 07:31 | ドラマ | Trackback(9) | Comments(0)
トラックバックURL : http://perple.exblog.jp/tb/24964836
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Tracked from ディレクターの目線blo.. at 2016-11-24 07:46
タイトル : レンタル救世主 (第7話・2016/11/20) 感想 ..
日本テレビ系・新日曜ドラマ『レンタル救世主』(公式) 第7話『謎が謎呼ぶ女の涙!優しい嘘…』の感想。 秦野(中村アン)の高校の同級生である星子は、「横浜バーガー村」の移転問題で収賄を報じられている疑惑の市職員。星子は自分の罪を認めた上で「レンタル救世主」にある依頼を持ち込む。それは、高校のチアリーディング部で一緒だった秦野以外の残りの5人とも、逮捕される前...... more
Tracked from ディレクターの目線blo.. at 2016-11-24 08:00
タイトル : レンタル救世主 (第7話・2016/11/20) 感想 ..
日本テレビ系・新日曜ドラマ『レンタル救世主』(公式) 第7話『謎が謎呼ぶ女の涙!優しい嘘…』の感想。 秦野(中村アン)の高校の同級生である星子は、「横浜バーガー村」の移転問題で収賄を報じられている疑惑の市職員。星子は自分の罪を認めた上で「レンタル救世主」にある依頼を持ち込む。それは、高校のチアリーディング部で一緒だった秦野以外の残りの5人とも、逮捕される前...... more
Tracked from ドラマハンティングP2G at 2016-11-24 16:35
タイトル : 相棒 Season15 第7話
2016年11月23日(水・祝)よる9:00~9:54 第7話「フェイク」  世田谷西署の管轄内で誘拐事件が発生。行方が分からなくなっていた小学生の男の子2人の内の一人、翔太(黒澤宏貴)が遺体で発見された。捜査に潜り込もうと捜査本部にやってきた右京(水谷豊)と亘(反町隆史…... more
Tracked from 英の放電日記 at 2016-11-24 16:37
タイトル : 相棒 season15 第7話「フェイク」
誘拐に巻き込まれ命を落としてしまった息子・翔太の死を受け入れず、幻の息子のいる虚構の世界を造り、そこでふたりで生きていく母親(安達祐実)……非常に切ない真相だったが………… ・冒頭で息子の遺体(画面では顔が確認できない)を見て半狂乱になる母親。しかし、誰もい...... more
Tracked from 英の放電日記 at 2016-11-24 16:37
タイトル : 相棒 season15 第7話「フェイク」
誘拐に巻き込まれ命を落としてしまった息子・翔太の死を受け入れず、幻の息子のいる虚構の世界を造り、そこでふたりで生きていく母親(安達祐実)……非常に切ない真相だったが………… ・冒頭で息子の遺体(画面では顔が確認できない)を見て半狂乱になる母親。しかし、誰もい...... more
Tracked from 森の中の一本の木 at 2016-11-24 17:49
タイトル : 相棒7話「フェイク」
安達祐実さん、第二子誕生後8か月ぶりの女優業復帰作がこの作品になったようです。 その事を伝える記事で 「産休と育休を合わせて8ヶ月間お休みをいただきましたが、人生を通して仕事を休むことに慣れていないもので、早く復帰したいという思いがありました」と職業病ともいえる本音を覗かせた。 とありました。 だからなのか、彼女、素晴らしかったです。 私、「相棒」で久しぶりに思わずハラハラと泣いてしまいました。 いや、思い出しても涙が出ますよ。 今回は本当に彼女に騙されました。 <以下は...... more
Tracked from 三毛猫《sannkene.. at 2016-11-24 23:04
タイトル : 「相棒 season 15」第7話
彼女は悲劇の母なのか疑惑の母なのか。 第7話『フェイク』ネタバレです。 SOMAN 防犯ブザー 大音量 120dbの音量 ピンを抜くだけ 操作簡単 女性/高齢者/子供に対応 誘拐防止・防災・救助 卵型 (ブルー)SOMAN直営店 by G-Tools ... more
Tracked from 平成エンタメ研究所 at 2016-11-25 07:34
タイトル : 相棒15 「フェイク」~謎と伏線が一気に回収される<フェ..
 今回の事件を素直に解釈すると、こうなる。 〝借金に苦しむ高木美奈子(安達祐実)が男と誘拐事件を企み、中山広斗を誘拐するが、自分の息子・翔太が巻き添えを食って死んでしまった。  美奈子は死んだ息子をそんなに愛しておらず、なおも誘拐事件を遂行しようとする...... more
Tracked from まっつーのTV観覧日誌(.. at 2016-12-04 02:42
タイトル : 相棒15期第7話 & 科捜研の女16期第5話 & ドクタ..
・相棒15期第7話 『フェイク』  脚本:徳永富彦 監督:権野元 誘拐事件が発生、小学生男児二人のうち一人が遺体で発見され、 誘拐されたもう一人の男児の親に身代金が要求されてくる。 死亡した男児の母高木美奈子(安達祐実)を 家まで送ろうとする冠城(反町隆史)だったが、 美奈子は不気味な笑い声をあげた上、 部屋からは子供らしき人物との会話が聞こえるのだった。 内容的にはそれほどイイ出来とは思わなかったけど、 美奈子が話をしていた男の子はいなかったというラストの衝撃が凄かったな。 相棒らしくはなかった...... more
<< 地味にスゴイ! 校閲ガール・河... 逃げるは恥だが役に立つ 「あの... >>


折々で感じたままに書いてます。心に残ったものレポート
最新のトラックバック
相棒 season15 ..
from 英の放電日記
相棒15期最終話 & 東..
from まっつーのTV観覧日誌(*´..
相棒15期最終話 & 東..
from まっつーのTV観覧日誌(*´..
東京タラレバ娘 第10話..
from MAGI☆の日記
水曜ドラマ『東京タラレバ..
from レベル999のgoo部屋
相棒15 テレ朝(3/2..
from ぬる~くまったりと
東京タラレバ娘 第10話..
from ドラマハンティングP2G
最新のコメント
みっきー さん、こんにち..
by noho_hon2 at 15:41
「のほほん便り」の管理人..
by みっきー at 11:57
ふじき78 さん、こんに..
by noho_hon2 at 07:03
今度の冬には本能寺の変の..
by ふじき78 at 23:34
Dhunting(ドラマ..
by noho_hon2 at 07:19
いつもお世話になっており..
by Dhunting at 16:42
こんにちわ、そよこさん。..
by noho_hon2 at 06:03
カテゴリ
最新の記事
記事ランキング
以前の記事
メモ帳
「のほほん日和」
(04年9月~05年9月)