家政夫のミタゾノ 「霊と仲良く暮す家!!100年隠された…死者が蘇る秘密の部屋!?」
e0080345_05540003.jpg三田園薫(松岡昌宏)、幽霊が少し苦手だったようですね。

老舗干物店『松丸商店』の社長・松丸保志(温水洋一)宅から依頼を受け、花田えみり(清水富美加)と共に。

100年続く老舗だけあって「幽霊屋敷みたい」と感じさせるものがある上に、ぎっくり腰になった妻・聖子(濱田マリ)の娘、りん(新井美羽)にまで、あっさり幽霊の存在を認め、不可解現象があるように言われて…

三田園はこの家に潜む怪しい空気を敏感に察知。謎を探り始めたのでした…

やや、枯れ尾花、怯える心あれば幽霊にも見え、だったかな? 

温水洋一が出てるだけに、怖ユーモラスなオハナシでした。

     (ストーリー)

100年続く老舗干物店『松丸商店』の社長・松丸保志(温水洋一)宅から依頼を受けた三田園薫(松岡昌宏)と花田えみり(清水富美加)。ぎっくり腰になってしまった妻の聖子(濱田マリ)に代わり、3日後に控えた法事の準備をするため、住み込みで手伝いをすることになる。

 広さは十分だがとにかく古い松丸家を「幽霊屋敷みたい…」と怖がるえみり。普段は何事にも動じない三田園も、どうやら幽霊にだけは少し怯えているようで…!?

 些細な物音にさえも怯えながら迎えた翌朝、聖子の娘・りん(新井美羽)は「幽霊を見たことがある」と三田園たちに告白。「不思議なことがいっぱいあるのが人生だってお父さんとお母さんが言ってた」とあっさりと幽霊の存在を認めるりんに対し、三田園はこの家に潜む怪しい空気を敏感に察知する。

 一方で、誰も居ないはずのトイレから物音がする、とえみりが聖子に報告していた。止まったままだったはずの柱時計がいきなり動き出したり、これまでにも家政婦がすぐに辞めてしまったり、と不可解な出来事が頻発していたことを知ったえみりは、本当にこの家には幽霊がいるのではないか、と指摘し…?

[PR]
by noho_hon2 | 2016-12-03 05:54 | ドラマ | Trackback(2) | Comments(0)
トラックバックURL : http://perple.exblog.jp/tb/25003006
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Tracked from ディレクターの目線blo.. at 2016-12-03 09:59
タイトル : 家政夫のミタゾノ (第7話・2016/12/2) 感想 ..
テレビ朝日系・金曜ナイトドラマ『家政夫のミタゾノ』(公式) 第7話『霊と仲良く暮す家!!100年隠された…死者が蘇る秘密の部屋!?』の感想。 三田園(松岡昌宏)とえみり(清水富美加)は老舗干物店の6代目当主・保志(温水洋一)、妻・聖子(濱田マリ)、娘・りん(新井美羽)が住む豪邸へ。屋敷は古く、幽霊が出そうな雰囲気だ。2人は、3日後の法事の準備のために泊まり...... more
Tracked from ドラマハンティングP2G at 2016-12-03 16:51
タイトル : 家政夫のミタゾノ 第7話
第7話「霊と仲良く暮す家!!100年隠された…死者が蘇る秘密の部屋!?」 2016年12月2日放送  100年続く老舗干物店『松丸商店』の社長・松丸保志(温水洋一)宅から依頼を受けた三田園薫(松岡昌宏)と花田えみり(清水富美加)。ぎっくり腰になってしまった妻の聖子(濱…... more
<< 勇者ヨシヒコと導かれし七人 「... 黒い十人の女 最終回「さよなら... >>


折々で感じたままに書いてます。心に残ったものレポート
最新のトラックバック
アリス・イン・ワンダーラ..
from そーれりぽーと
海よりもまだ深く
from そーれりぽーと
「女城主直虎」1~第三の..
from ドラマでポン
NHK大河ドラマ「おんな..
from 真田のよもやま話
【おんな城主直虎】第20..
from ショコラの日記帳・別館
日曜ドラマ『フランケンシ..
from レベル999のgoo部屋
日曜劇場『小さな巨人』第6話
from レベル999のgoo部屋
最新のコメント
カテゴリ
最新の記事
記事ランキング
以前の記事
メモ帳
「のほほん日和」
(04年9月~05年9月)