YOU は何しに日本へ?(魚拓とオカリナ修行YOU )
憧れの師匠に会いたくて…YOUの弟子入り奮闘記SP~【超アートなカラー魚拓に挑戦!】~が、なかなか味わい深かったです。

魚拓の技術を学びに来日した魚拓歴5年のアメリカ人スコットさん。独学で続けているが更に上手くなりたく憧れの先生である山本龍香さんに9か月前にアポをとり、ようやく弟子入りが叶うことに。

魚拓は日本が発祥でアメリカでやる人は少ないのです。そもそも魚拓とは釣った魚に墨などを塗り魚の像を紙などに転写した物。魚の大きさを競うために江戸時代に始まった日本の伝統手法。山本先生はカラーアート魚拓の第一人者で、魚拓とは思えない色の鮮やかさに先生の造る作品は高額で取引されています。

作品の中には、国立科学博物館と協力し1か月かけ制作したダイオウイカやシャチのカラー魚拓がアトリエに飾られていました。世界的にも有名でこれまでに約200人の海外の人たちを指導してきた英語とジョークが堪能なユーモアある巨匠。

到着した翌日に早速、レッスンが開始。今回はカレイで練習。カレイに糊を塗りその上に生地を乗せてその上に色をつけていきます。カレイは茶色だが複数の色が重なりあってできる色なので、5種類の色で実際の色に近づけていきます。

丸くした綿を絹で覆った「タンポ」という道具で塗り重ねカレイ本来の色を表現していく。1か所にやさしく40回叩きながら少しずづインクをつけていきます。まずは黄色、赤、茶、茶に緑を混ぜたものを塗り重ねカレイの色に近くなります。

そして魚拓の中で一番難しい目を描くのだか、目の入れ方により雰囲気も大きく変わるので、ここは緊張しながら、幾度となく色を重ねて目を書き込んでいきます。

ついに完成したカレイの魚拓。山本先生いわくスコットさんの覚えようとする気持ちが、技術に反映され他の人よりも上達が早いと感心されていました。ヨカッタですね。

講習は終了。将来は山本先生のように、プロとしてやっていきたいと夢を語ってくれたスコットさん。アメリカでカラー魚拓を見たらスコットさんのものかも知れませんね!今後も頑張って技術を磨いて日本の文化を継承してください。

あと、オカリナに魅せられたYOUは、子供時代、「ゼルダの伝説」がきっかけで、オカリナの音色に開眼。

でも、本国ではプロとしてやってる方がいなかったので、ネットで調べ、香港コンサートまで追って、先生に弟子入り。

普通のオカリナとは違う、3穴のオカリナは高音部も出る、非常に音域の広い特製オカリナ。スタッフに披露した、もののけ姫が見事でした。

それの練習に励み、現在は、住居を移動中ゆえ、友人の好意で泊めてもらい、暮らしていました。

街なかで、自主マーケットなどをやってる広場で、演奏。今回は、先生も共演。
修行は、残り1年だとか。それまでにハイレベルになり、自国でコンサートが開けるようになるとイイですね。

[PR]
by noho_hon2 | 2017-02-14 07:54 | テレビ | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://perple.exblog.jp/tb/25359776
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
<< 嘘の戦争 「首謀者と激突…暴か... 突然ですが、明日結婚します 「... >>


折々で感じたままに書いてます。心に残ったものレポート
最新のトラックバック
おんな城主直虎 第17回..
from あしたまにあーな
フランケンシュタインの恋..
from ぐ~たらにっき
小さな巨人 (第3話・2..
from ディレクターの目線blog@..
【おんな城主 直虎】第1..
from ドラマ@見取り八段・実0段
おんな城主 直虎 第17..
from みはいる・BのB
フランケンシュタインの恋..
from ディレクターの目線blog@..
孤独のグルメ Seaso..
from ディレクターの目線blog@..
最新のコメント
カテゴリ
最新の記事
記事ランキング
以前の記事
メモ帳
「のほほん日和」
(04年9月~05年9月)