NANA
e0080345_17554461.jpg昨年度。映画が評判になったおかげで、「性格の違う、同じナナという名前をもつ同じ20歳の女の子が、たまたま上京途中の列車で隣りに乗り合わせ、これまった偶然が重なって再会。部屋をシェアすることになって…」とまでの予備知識はあったのですが…

人間関係の、予想以上のにディープさ。ちょっと、たじろいでしまいました。
だから最初、りぼんコミックス、という名を見た時、アセアセ…。

「こ、これが、りぼんで連載?!(人間関係も描写も、うんと大人っぽい)」とドッキリしたのですが、じつは同じ集英社でも、「Cookie」で連載中と知り、なぜか安堵してしまったのでした。

たぶん、同じプロット。同じストーリーでも、矢沢あいの、独特の魅力にあふれた絵と独特の表現力、センスでなければ、ここまでヒットしなかったような気がしました。

女の子が、共感をおぼえる等身大キャラと、「かっこいいな…」と憧れるキャラを、うま~く配して絡ませる展開は、なんて心憎いんでしょ。さすが、現在の「少女漫画界の女王と呼べる存在かもしれないお方」と目される存在だなぁ、と感心させられることしきり。

とくに、多彩な魅力の男性陣キャラと、ファッションが素敵。ほどよい不良さと王子様要素が散りばめられてて、ジャニーズも真っ青です。これが、矢沢ワールドの追随を許さぬ魅力のひとつ、なんだろうなぁ、と、ふむふむ… 

ヒトによっては(とくに男性)、1巻目で、どうしても挫折。2巻目から入り、ようよう絵柄になじみ、物語に入り込めた、との正直な旨には、思わずウケて!しまったのでした。分かるような気がして… 女性に幻想をもちすぎてると、ちょっと引いちゃう部分ある、かも。

ほ~んと、矢沢あい。「ご近所物語」といい、この「NANA」といい、「Paradise Kiss」といい、女の子の憧れ職業を舞台にした、「夢みる要素」を織り込んだ物語を描かせたら、ちょっと右に出る者がいませんよね。

(個人的には、ほのぼの度の高い「ご近所物語」が好き)

原作ファンを唸らせたという映画バージョンを、ぜひ見てみたいものです。
[PR]
by noho_hon2 | 2006-01-23 18:20 | アニメ・コミック | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://perple.exblog.jp/tb/2558477
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
<< 寒いよぉ… エビータ >>


折々で感じたままに書いてます。心に残ったものレポート
最新のトラックバック
TOO YOUNG TO..
from 象のロケット
蜜のあわれ
from 象のロケット
ブランケットキャッツ 第..
from ぷち丸くんの日常日記
「蜜のあわれ」文芸のかほ..
from ノルウェー暮らし・イン・原宿
MONSTERZ モンス..
from to Heart
MONSTERZ モンス..
from だらだら無気力ブログ!
TOO YOUNG TO..
from だらだら無気力ブログ!
最新のコメント
カテゴリ
最新の記事
記事ランキング
以前の記事
メモ帳
「のほほん日和」
(04年9月~05年9月)