秒速5センチメートル (2007)
e0080345_15131224.jpgひとりの少年を軸に、物語を展開させた三本の連作アニメーションは、繊細で、とても美しかったです。

「ああ、世界がこんな風に見えた事があるなぁ…」と、背景の瑞々しさに感動おぼえます。

五感で味わう素敵さ、でした。

誰もが精一杯だっただけに、ちょっと切ない余韻ですね。

大ヒットした「君の名は」、及び、「言の葉の庭」にも通じるもの感じました。

アジアパシフィック映画祭「最優秀アニメ賞」やイタリア・フューチャーフィルム映画祭「ランチア・プラチナグランプリ」などの映画賞を受賞も、納得です
   (解説)

国内外で高い評価を受けた前作『雲のむこう、約束の場所』から2年、新海誠監督の待望の最新作。誰もが通り過ぎゆく日常を切り取った、切なくも美しいラブストーリー。一人の少年を軸に、ヒロインとの再会の日を描いた『桜花抄』、別の人物の視点から描く『コスモナウト』、そして彼らの魂のさまよいを切り取った『秒速5センチメートル』という三本の連作アニメーションからなる本作。映像の美しさに定評のある新海監督の、光や風、天や草木などの自然描写は極上。

   (ストーリー)

小学校の卒業と同時に離ればなれになった、遠野貴樹と篠原明里。そのとき、二人の間には二人だけの特別な想いが存在していた。しかし、無情にも時だけが過ぎてゆく……。そんな日々を重ねたある日、ついに貴樹は明里に会いに行くことを決意。訪れた約束の日、チラホラと舞う雪がスピードを増し、辺りを白く包んで行った……。

[PR]
by noho_hon2 | 2017-03-20 15:13 | 映画 | Trackback(1) | Comments(0)
トラックバックURL : http://perple.exblog.jp/tb/25624498
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Tracked from こみち at 2017-03-20 20:38
タイトル : 映画 『秒速5センチメートル』
          JUGEMテーマ:邦画        三章から成るアニメーション。   第一章の『桜花抄』は、遠野貴樹と篠原明里の   悲しいストーリー。   ・小学校以来に会ったが遠野貴樹と篠原明里の逢...... more
<< 突然ですが、明日結婚します 最... 視覚探偵 日暮旅人 最終回「涙... >>


折々で感じたままに書いてます。心に残ったものレポート
最新のトラックバック
ツバキ文具店~鎌倉代書屋..
from emitanの心にうつりゆくもの
緊急取調室 #06
from ぐ~たらにっき
ボク、運命の人です。 #..
from ぐ~たらにっき
4号警備 総括
from ぐ~たらにっき
「緊急取調室 SECON..
from 三毛猫《sannkeneko..
貴族探偵 #06
from 刹那的虹色世界
貴族探偵 第6話
from レベル999のgoo部屋
最新のコメント
カテゴリ
最新の記事
記事ランキング
以前の記事
メモ帳
「のほほん日和」
(04年9月~05年9月)