西村京太郎サスペンス 十津川警部シリーズ「九州ひなの国殺人ルート」
e0080345_14561684.jpg

渡瀬恒彦さんをしのんで、代表作「十津川警部シリーズ42『九州ひなの国殺人ルート』」の再放送があり、旅情サスペンスの魅力を再確認。

渡瀬さんの代表作である「十津川警部シリーズ」全54作品の中でも、番組の魅力である旅情をたっぷりと描き、事件の裏にある壮絶な人間模様をあぶり出した名作として、ファンの記憶に刻まれている、とのこと。

なるほど、西村京太郎トラベルミステリーの醍醐味は、こういったグルメ、観光ガイド、的な魅力もたっぷりと、濃くて切なく、ある意味、分かりやすいエンタメ部分と、十津川警部と、伊東四朗、演じる、亀井刑事のキャラの魅力も大いにあるなぁ、と感心させられたのでした。

物語は、東京でイヴという名のコールガールが殺された。事件の真相を探るため、十津川と亀井はイヴの故郷と思われる大分県の日田市へ。イヴの部屋に残っていた一体のひな人形が手がかりとなり、十津川は次第に事件の真相に近づいていく。やがて親子の、そして若い恋人同士の、悲しく激しい愛憎が見えてきます。

日田市は江戸時代天領だったところで、独特の文化が残る。三隈川の屋形船遊び、一年で一番街が賑わう日田祇園祭などを再現しながら、日田市で撮影が行われた、とのこと。

舞台となった、舞台となった街並みやお祭りが風情で、物語を盛り上げてました。

山村紅葉さんがもれなく出演してるところも、遊び心ですね。

    (ストーリー)

十津川警部(渡瀬恒彦)と亀井刑事(伊東四朗)の記事を書くために、フリーライター・岩村妙子(藤谷美紀)が二人の取材をすることになった。早速インタビューを始めたのもつかの間、十津川らは殺人事件発生の報を受け、現場に向かう。十津川は殺害された女性はコールガールのイヴ(野間れい)で、彼女が大分県日田市の出身だということを突き止めた。イヴの部屋には、ひな人形が一体残っていた。
日田市へ向かった十津川と亀井。地元警察の野崎警部補(的場浩司)は、イヴは日田市出身の大物政治家・首尾木大造(西岡徳馬)の次女・咲子ではないかと明かす。大造は数年前の不正献金事件で議員を辞職したが、今も大きな力を持つ。大造の秘書・朝倉伸夫(猪野学)が、咲子の姉・美也子(原田佳奈)と結婚し、跡を継ぐことも決まっている。十津川の問いに大造と美也子はイヴは咲子ではないと断言。咲子の高校時代の恩師・山本京平(藤田宗久)だけが本人だと証言するが、その後、山本は死体となって発見された。警察幹部に何者かの圧力がかかり、捜査は難航する。その上、首尾木の近辺を探っていた妙子が取材途中で行方不明に…。

[PR]
by noho_hon2 | 2017-03-28 14:56 | ドラマ | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://perple.exblog.jp/tb/25650571
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
<< ズートピア (2016) YOU は何しに日本へ?(日本... >>


折々で感じたままに書いてます。心に残ったものレポート
最新のトラックバック
TOO YOUNG TO..
from 象のロケット
蜜のあわれ
from 象のロケット
ブランケットキャッツ 第..
from ぷち丸くんの日常日記
「蜜のあわれ」文芸のかほ..
from ノルウェー暮らし・イン・原宿
MONSTERZ モンス..
from to Heart
MONSTERZ モンス..
from だらだら無気力ブログ!
TOO YOUNG TO..
from だらだら無気力ブログ!
最新のコメント
カテゴリ
最新の記事
記事ランキング
以前の記事
メモ帳
「のほほん日和」
(04年9月~05年9月)