ドラマスペシャル「人間の証明」
e0080345_08324248.jpg

こういう物語、だったのですね。昭和のヒットした映画バージョンも、森村誠一の原作も知らず、有名な主題歌とコピーだけ、インパクトだったので、思わず「へ~~っ」だったのでした。

やはり、要となる八杉恭子を演じた、鈴木京香の存在感がハンパなく、ほとんど、彼女の為にあるかのよう。

なんだか「華麗なる一族」で演じた悪女役を思い出してしまいました。

そういう意味では、ちょっと藤原竜也が、やや、もったいなかった… かな? たしかに華がある存在感は素晴らしいのですが、狂気を伴ったようなキレ演技な存在でなかったのが、個人的に残念。

また、重要な役どころとして草笛光子も良かったです。

調べてみると、昭和のヒット映画では、岡田茉莉子・松田優作が主演だったのですね。…納得。

主題歌を、EXILE、ATSUSHI & Charでカヴァーしてたのも、ポイント高かったです。

有名な作品を、またひとつ知ることができて、満足でした。

     (ストーリー)

昭和49年、東京。ホテルの最上階に向かうエレベーターの中で、一人のみすぼらしい身なりの黒人青年が息絶える。胸には深々と突き刺さるナイフ。頬には一筋の涙が伝っていた。
 現場に駆け付けた麹町東署の棟居弘一良(藤原竜也)は、本庁捜査一課の横渡伸介(緒形直人)とともに捜査を開始。青年が向かおうとしていた最上階で聞き込みを始める。
 その日、最上階では高名な美容家の八杉恭子(鈴木京香)による盛大なレセプションパーティーが開かれていた。大勢のマスコミや招待客がひしめき、大物議員の夫(中原丈雄)と一人息子(堀井新太)とともにスポットライトを浴びる恭子は、理想の妻、理想の母として日本中の憧れを集めていた。
 殺された青年の名前はパスポートからジョニー・ヘイワードと判明する。しかし、恭子のパーティー客に該当する人物はいなかった。
 その後の捜査で、ジョニーはニューヨークのスラム街育ちであること、片言ながら日本語が話せたこと、そして死の間際「ストウハ」という謎の言葉を残していたことが分かるが…。

[PR]
by noho_hon2 | 2017-04-03 08:33 | ドラマ | Trackback(1) | Comments(0)
トラックバックURL : http://perple.exblog.jp/tb/25665933
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Tracked from ディレクターの目線blo.. at 2017-04-03 09:05
タイトル : ドラマスペシャル「人間の証明」 (2017/4/2) 感..
テレ朝系・ドラマスペシャル『人間の証明』(公式) 『母さん、僕のあの帽子、どうしたでしょうね?ーー藤原竜也×鈴木京香で不朽の名作ミステリーが甦る!「ストウハ」「キスミー」という謎の言葉に隠された事件の真相とは…?』の感想。 なお、原作:森村誠一『人間の証明』(角川文庫/KADOKAWA刊)は既読。また、1977年公開映画『人間の証明』を始め、過去のドラマ化作品も鑑賞済...... more
<< YOU は何しに日本へ?( ロ... おんな城主直虎 「城主はつらいよ」 >>


折々で感じたままに書いてます。心に残ったものレポート
最新のトラックバック
TOO YOUNG TO..
from 象のロケット
蜜のあわれ
from 象のロケット
ブランケットキャッツ 第..
from ぷち丸くんの日常日記
「蜜のあわれ」文芸のかほ..
from ノルウェー暮らし・イン・原宿
MONSTERZ モンス..
from to Heart
MONSTERZ モンス..
from だらだら無気力ブログ!
TOO YOUNG TO..
from だらだら無気力ブログ!
最新のコメント
カテゴリ
最新の記事
記事ランキング
以前の記事
メモ帳
「のほほん日和」
(04年9月~05年9月)