「やすらぎの郷」好発進でヨカッタ
成功しようが失敗しようが、その企画と、存在自体が画期的!

好発進でヨカッタなぁ… と感じてしまったのでした。

主題歌が中島みゆき、だなんて、なんて贅沢!

リアルとファンタジーを実現するのがドラマとしたら、まさに、そのもの、ですもんね。

石坂浩二も、限りなく、原作者の代弁者として、いい役もらえたなぁ… と安堵。出演者達も、こういう作品を待ち望んでいたのではないか、と感じました。

特に今週は、最近、旗色悪い愛煙家の方は溜飲が下がったでしょうね。

スター達の、若い頃のオーラ満載な写真がワンダフルだし、やすらぎの郷、経営者の妻・草刈民代、常盤貴子のコンシェルジュ、松岡茉優のバーテンダーと、目の保養バランスも忘れません

オハナシもエンタメしてるし、配役したそれぞれのスター達の微妙なオマージュや遊び心も満載で、心憎いです。

個人的に、親達も、もう少し長生きしてくれてたら、佐藤愛子の「90歳なにがめでたい」のヒットといい、こういうドラマの出現といい、楽しめたのにねぇ、としみじみ。

あと、八千草薫が実年齢より上設定って… なにか狙ってるところがあるのでしょうか?

しかし、早朝・時代劇といい、イケメン戦隊ヒーローものといい、ドラえもんに、しんちゃん、プリキュアと、テレビ朝日、おそるべし!

    (初回ストーリー)

菊村栄(石坂浩二)は単身、海を臨む山の斜面に建つ「やすらぎの郷La Strada」を訪れる。ここは大手芸能プロダクション“加納グループ”の総帥・加納英吉が私財を投じて作った、テレビに功績があった者だけが入れる無料の老人ホーム。施設を仕切るのは、加納の長女名倉みどり(草刈民代)と、みどりの夫名倉修平(名高達男)だった。菊村はある時代、一世を風靡(ふうび)したシナリオライターで、先立たれた元女優の妻・律子(風吹ジュン)の介護に疲れ果て、ここでひとりで暮らすことを決意する、

[PR]
by noho_hon2 | 2017-04-07 17:15 | ドラマ | Trackback(2) | Comments(0)
トラックバックURL : http://perple.exblog.jp/tb/25677380
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Tracked from ドラマ@見とり八段 at 2017-04-08 15:05
タイトル : 【やすらぎの郷】(第1週)  感想
ある時代、一世を風靡したシナリオライター・菊村栄(石坂浩二)は、認知症の元女優の妻・律子(風吹ジュン)に先立たれ、単身、海を臨む山の斜面にひっそり…... more
Tracked from まっつーのTV観覧日誌(.. at 2017-04-09 02:00
タイトル : ひよっこ第1週 & やすらぎの郷第1週 & でも、結婚し..
ひよっこ第1週 岡田惠和脚本。 1960年代を舞台に茨城生まれの純朴な少女谷田部みね子(有村架純)が 父親の失踪で東京に出て、明るく奮闘していくさまを描く話らしい。 登場人物たちの笑顔やのどかな風景、観ていて気持ちがいい。 毎回特に何かがあったということもないのでやや物足りなさもありますけどね。 ストーリーよりも空気を楽しむ作品という感じがしました。 地元を愛するがために父を奪った東京を嫌っているみね子、 父が行方不明になって東京に出ることになるようですが、 試練が待ち構えているという重く暗い雰囲気...... more
<< 「ひよっこ」に、正統派・朝ドラ感 恋がヘタでも生きてます 「キス... >>


折々で感じたままに書いてます。心に残ったものレポート
最新のトラックバック
TOO YOUNG TO..
from 象のロケット
蜜のあわれ
from 象のロケット
ブランケットキャッツ 第..
from ぷち丸くんの日常日記
「蜜のあわれ」文芸のかほ..
from ノルウェー暮らし・イン・原宿
MONSTERZ モンス..
from to Heart
MONSTERZ モンス..
from だらだら無気力ブログ!
TOO YOUNG TO..
from だらだら無気力ブログ!
最新のコメント
カテゴリ
最新の記事
記事ランキング
以前の記事
メモ帳
「のほほん日和」
(04年9月~05年9月)