名探偵コナン 迷宮の十字路(2003)
e0080345_08253049.jpg

ファン投票でも1位を獲得する人気作、なのだそう

まず、舞台が京都ってのがヨイし、なるほど、旅情ミステリーっぽい観光ガイド感あり、人気キャラの服部平次が共に活躍するストーリーなのも嬉しくなってしまいます。

もちろん、平次の幼馴染・遠山和葉も登場。実写では不可能な、アニメならではの見せ場が満載で、ミステリーやアクション部分も楽しいです。

また、蘭ちゃんと、行方不明ってことになってる、高校生探偵・工藤新一が、束の間、月光のもとで再会するシーンもあって、ジーーーン、だったのでした。

久しぶりに見たけれど、面白かったです。なるほど人気が高いのも納得。

次のコナン映画では、また、平次&和葉が登場するとか。楽しみですね。

   (解説)

古都・京都を舞台に、盗まれた仏像と連続殺人事件の謎に少年探偵・コナンが挑む長編アニメーション・シリーズの第7作。監督は「名探偵コナン ベイカー街の亡霊」のこだま兼嗣。青山剛昌による原作を下敷きに、「名探偵コナン 天国へのカウントダウン」の古内一成が脚本を執筆。撮影監督に「~ベイカー街の亡霊」の野村隆があたっている。声の出演に「~ベイカー街の亡霊」の高山みなみ。

   (ストーリー)

東京、大阪、京都で、5人の男が弓矢や日本刀で殺される事件が発生。殺害されたのは互いを「義経記」の登場人物の名で呼び合う盗賊団「源氏蛍」のメンバーだった。生き残っているのが「義経」と「弁慶」「伊勢三郎」であることのほか手がかりが見つからないなか、京都の山能寺の僧・竜円から依頼を受けた小五郎はコナンたちを連れて京都へ赴く。この寺は12年に一度だけ公開される秘仏が有名だが実は仏像は8年前に盗まれていた。仏像の公開を3日後に控えた寺に送られてきた秘仏の隠し場所を示す“暗号”に挑むことになる小五郎。

仏像を盗んだのが「源氏蛍」だと直感したコナンは、連続殺人事件と暗号の謎を解くために五条大橋へ。そこでコナンは西の高校生探偵・服部平次と遭遇。よきライバルとしていままでにも協力して事件を解決してきた2人は、京都府警の名物刑事・綾小路の忠告を無視し「義経記」にまつわる場所を巡るが、鞍馬山で翁の面をつけた何者かが平次を襲撃する…

[PR]
by noho_hon2 | 2017-04-10 08:25 | 映画 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://perple.exblog.jp/tb/25684025
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
<< 孤独のグルメ Season6 ... おんな城主 直虎「徳政令の行方」 >>


折々で感じたままに書いてます。心に残ったものレポート
最新のトラックバック
TOO YOUNG TO..
from 象のロケット
蜜のあわれ
from 象のロケット
ブランケットキャッツ 第..
from ぷち丸くんの日常日記
「蜜のあわれ」文芸のかほ..
from ノルウェー暮らし・イン・原宿
MONSTERZ モンス..
from to Heart
MONSTERZ モンス..
from だらだら無気力ブログ!
TOO YOUNG TO..
from だらだら無気力ブログ!
最新のコメント
カテゴリ
最新の記事
記事ランキング
以前の記事
メモ帳
「のほほん日和」
(04年9月~05年9月)