山崎豊子ドラマスペシャル 女の勲章 第一夜
衣装が華やかで、キャスティングも豪華。

目の保養しつつ、ダイナミックなサクセス・ストーリー展開と、ドロドロを楽しむ意味で、「ああ、山崎豊子ワールドだなぁ」と実感。

「あさがきた」では理想の亭主を演じてた、玉木宏が、ドロドロの中心にいますが、清潔感のあるイケメンだから許されてしまう… 腹に一物キャラとして、また、新境地を開拓しましたね。

登場人物が、みな、野心ギラギラで、火花パチパチで人間臭く魅力的でした。

後半が楽しみ楽しみ。

     (ストーリー)

ドラマの舞台は原作者・山崎さんが生まれ育った大阪・船場で始まり、神戸・甲子園・京都など関西を中心に展開。

主人公・大庭式子(松嶋菜々子)は船場の羅紗問屋の娘として育ったが、戦争で家族や家を失ってしまう。焼け野原の中、闇市で1台のミシンを見つけた式子は、幼少の頃から興味があった洋服、婦人服の時代がこれから来ると感じ、洋裁教室を始める。それは、服飾学校となり、チェーンスクールへと発展。自らもデザイナーとしてデビュー、それが評判になり、映画衣装の話もきて…

洋裁教室時代からの式子の愛弟子として、津川倫子(ミムラ)、坪田かつ美(相武紗季)、大木富枝(木南晴夏)という3人の女性が登場する。こちらの3人は、恐ろしいまでの野心、欲望を内に秘め、時に感情をむき出しにする。原作者・山崎さんならではの、人間の暗部をえぐるような筆致が冴える人物を、3人の女優たちが熱演

[PR]
by noho_hon2 | 2017-04-16 17:43 | ドラマ | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://perple.exblog.jp/tb/25700827
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
<< おんな城主 直虎「おんな城主対... 架空OL日記 第1話 >>


折々で感じたままに書いてます。心に残ったものレポート
最新のトラックバック
TOO YOUNG TO..
from 象のロケット
蜜のあわれ
from 象のロケット
ブランケットキャッツ 第..
from ぷち丸くんの日常日記
「蜜のあわれ」文芸のかほ..
from ノルウェー暮らし・イン・原宿
MONSTERZ モンス..
from to Heart
MONSTERZ モンス..
from だらだら無気力ブログ!
TOO YOUNG TO..
from だらだら無気力ブログ!
最新のコメント
カテゴリ
最新の記事
記事ランキング
以前の記事
メモ帳
「のほほん日和」
(04年9月~05年9月)