愛しているけれど、好きじゃない
前クール、「カルテット」の真紀(松たか子)ダンナさん(宮藤官九郎)の「愛しているけれど、好きじゃない」って台詞も、強烈だったけれど、

今クールの「あなたのことはそれほど」における、ときめかないけれど、占い師の言葉を信じて結婚した、も、また、ある意味、インパクトですよね。

思えば、新婚時代。社宅住まいだった頃、井戸端会議で、よくある「なれそめはいかに?」に対して、「好きな人はいたけれど、結婚は、条件でしょ」「肉親の反対にあって、強引に、お見合いを」とかの、タジタジ・エピソードの多さに目をパチクリ

その傍らで、小学校から組、が珍しくなかったり、縁の不思議さを感じたのでした。

また、マダム集団は、おっとりと、強烈なエピソード爆弾。ドラマも裸足で逃げ出すなぁ、と、ごっくん。

現実には、駆け落ちや家出も珍しくなく、さすがヨコハマ。地球規模のご縁にも感服

ちなみに我家(実家)の合言葉は「好きな人と一緒になりなさい。そうすれば、たいがいのことは何とかなる」でした。

いまだ、ドラマは目の保養に美しいけれど、リアルの方がドラマチックかも… と、うむむのむ

[PR]
by noho_hon2 | 2017-04-19 08:30 | 雑感 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://perple.exblog.jp/tb/25708108
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
<< あなたのことはそれほど 「究極... CRISIS 公安機動捜査隊特... >>


折々で感じたままに書いてます。心に残ったものレポート
最新のトラックバック
【フランケンシュタインの..
from ドラマ@見とり八段
「蜜のあわれ」
from 元・副会長のCinema D..
「MONSTERZ」操れ..
from オールマイティにコメンテート
『MONSTERZ』をト..
from ふじき78の死屍累々映画日記
MONSTERZ モンス..
from 銀幕大帝α
WALL・E / ウォーリー
from Akira's VOICE
映画評「蜜のあわれ」
from プロフェッサー・オカピーの部..
最新のコメント
カテゴリ
最新の記事
ウォーリー (2008)
at 2017-06-22 07:45
蜜のあわれ (2016)
at 2017-06-22 07:21
MONSTERZ モンスター..
at 2017-06-21 07:37
あなたのことはそれほど 最終..
at 2017-06-21 07:25
TOO YOUNG TO D..
at 2017-06-20 08:50
記事ランキング
以前の記事
メモ帳
「のほほん日和」
(04年9月~05年9月)