孤独のグルメ Season6 「東京都東大和市の上タンシオとカイノミ」
五郎(松重豊)さん、ちょっと青春の女友達に会い、その息子さんが、食べ盛り。受験前なのに「肉食いたい!」と叫んで、その言葉が頭に常駐。

結果、焼き肉店「翠苑」の看板を見つけて、バリエーションをあれこれ。

席につき、ふと壁を見ると【看板娘「みゆ」がいましたらぜひ!なんでも聞いてください!】【タン塩看板娘の大好物です。命をかけるほど美味しいです】の文字が粋でしたね。

ひとくちに焼肉といえど、その帝国には、こんなに種類や食べ方があるんですね。という意味でも楽しかったです。

見てると、お腹がすきました。

     (ストーリー)

仕事で国分寺まで来た井之頭五郎は、東大和市のあるカーテンの店に立ち寄った。店主で知り合いの村山真理子(手塚理美)が足を骨折したというのだ。真理子は、松葉杖をつき痛々しい姿を見せるも、五郎が持ってきた花束を見て思わず表情を緩める。そこに真理子の中学3年生になった息子・武(福地叶成)が現れる。受験間近なのに遊びに行こうとするのを真理子が注意しても「肉食いたい!」と言って出て行ってしまうのだった。

真理子の店を出た後、ふと、もし俺にあんな息子がいたら…などと思いながら歩いていたら、お腹がすいてきた。店を探して歩いていると焼き肉店「翠苑」の看板が目に入り、迷わず店内に入る。

席につき、ふと壁を見ると【看板娘「みゆ」がいましたらぜひ!なんでも聞いてください!】【タン塩看板娘の大好物です。命をかけるほど美味しいです】の文字。五郎は早速、メニューに書かれている「アゴ」など意味がわからないものを尋ねてみると、みゆ(白石聖)はハキハキ答えてくれた。

五郎は上タンシオ、カイノミ、アゴ、サニーレタス・サンチュセットとウーロン茶を注文する。タンシオはしっかり焼いた方が柔らかくておいしい、という張り紙に気づき、半信半疑で良く焼いてみると、なるほどおいしい。その後「ライスの中」と「韓国のりセット」と「ザブトン」を追加。心行くまで焼き肉を食べた五郎は、幸福感を抱きながら、帰路についた。

[PR]
by noho_hon2 | 2017-05-01 08:05 | ドラマ | Trackback(1) | Comments(0)
トラックバックURL : http://perple.exblog.jp/tb/25737642
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Tracked from ディレクターの目線blo.. at 2017-05-01 09:17
タイトル : 孤独のグルメ Season6 (第4話・2017/4/2..
テレビ東京系・ドラマ24『孤独のグルメ Season6~』(公式) 第4話『東京都東大和市の上タンシオとカイノミ』の感想。 なお、原作:久住昌之、作画:谷口ジロー「孤独のグルメ」(週刊SPA!)は未読。また、前Season1~5は鑑賞済み。 五郎(松重豊)はけがをした知人・真理子(手塚理美)を見舞うため、東京・東大和市駅に立ち寄る。カーテン店を営む彼女は...... more
<< フランケンシュタインの恋 「危... 釣りバカ日誌 Season2 ... >>


折々で感じたままに書いてます。心に残ったものレポート
最新のトラックバック
超高速!参勤交代 リターンズ
from そーれりぽーと
火曜ドラマ『カンナさーん..
from レベル999のgoo部屋
僕たちがやりました 第1..
from レベル999のgoo部屋
カンナさーん! 最終話 ..
from ぷち丸くんの日常日記
僕たちがやりました 最終..
from ぷち丸くんの日常日記
僕たちがやりました #1..
from ぐ~たらにっき
カンナさーん! (第10..
from ディレクターの目線blog@..
最新のコメント
カテゴリ
最新の記事
記事ランキング
以前の記事
メモ帳
「のほほん日和」
(04年9月~05年9月)