そうだったのか! (村上春樹、河合隼雄に会いにいく)
e0080345_8423943.jpgある時期、とても興味を感じ、「心に響く」ものがあったものを再読してみると、いろいろな発見があって興味深いですね。

「村上春樹、河合隼雄に会いにいく」を、なにげな~く、ぺらぺらページをめくってて、思わず読みいってしまいました。

ちょびっと本筋からは離れてしまい、申し訳ないのですが…

たしか、村上春樹って、かなりの聞かされ体質(!)みたいで、エッセイや小説世界からも、それをうかがわせる部分、多々。(逆に、それが蓄積して澱のようになってしまう痛し痒しから、虚構世界を紡ぎだし、昇華させている、みたいな記述に「なるほどなぁ…」)

同じように、各方面で熱烈信者をもつ河合隼雄もまた、その手の名手!

その河合隼雄の「聞き上手さ」ぶりをして、けっして「自分が(過剰に)話しすぎない」「相手のハナシを誘導しない」ってな部分を指摘してたのに「をををっ!」 ちょっと、目から鱗が落ちるものがあったです。

私、ずっと話し下手がコンプレックスでした。

トホホなほどに「空気を読む」のがダメダメで、頭の回転が遅いため、場の空気をさっと読んで、盛り上げる、気の利いた台詞をくりだす、なんて、夢のまた夢。ほとんど神業です。リアル・ワールドでも、テレビの中でさえ、そういう才覚のある方を、尊敬と憧れの念を込めて、うっとり眺めてしまうばかり。

でも、なぜか昔から「話を聞く」展開になることは多かったのですが、ちっとも聞き上手じゃなかったなぁ、と後悔するばかり。だって、やっとレスポンスが浮かぶ頃は、既に話題は、次のまた次ぐらいに移ってて、「言ってあげたかった」言葉が積もるばかり。集団の場合も、1対1のケースも。ぐすっ

(だから、ネット時代になって、個人的には超・ラッキー♪)

ほとんど偶然ながら「それは、それで、ヨカッタの… かな?」と思えて、はじめて過去に対して大いに安堵させられたのでした。なんだか、ひどく安心するものがあった次第。

こういうことがあるので、琴線ブックは、歳月をへて再読してみると、また味わい深いですね。

まだまだ「今だからこそ見える発見が多々」の予感に、ワクワク
[PR]
by noho_hon2 | 2006-01-25 10:08 | 本、雑誌 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://perple.exblog.jp/tb/2574444
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
<< 葉モノ野菜が高価なので… 無いからからこそ >>


折々で感じたままに書いてます。心に残ったものレポート
最新のトラックバック
WALL・E ★★★★★
from TRIVIAL JUNK B..
蜜のあわれ
from 映画的・絵画的・音楽的
【フランケンシュタインの..
from ドラマ@見とり八段
「蜜のあわれ」
from 元・副会長のCinema D..
「MONSTERZ」操れ..
from オールマイティにコメンテート
『MONSTERZ』をト..
from ふじき78の死屍累々映画日記
MONSTERZ モンス..
from 銀幕大帝α
最新のコメント
カテゴリ
最新の記事
ソースさんの恋「彼女がソース..
at 2017-06-23 07:45
警視庁・捜査一課長 Seas..
at 2017-06-23 07:41
ウォーリー (2008)
at 2017-06-22 07:45
蜜のあわれ (2016)
at 2017-06-22 07:21
MONSTERZ モンスター..
at 2017-06-21 07:37
記事ランキング
以前の記事
メモ帳
「のほほん日和」
(04年9月~05年9月)