ホリエモン騒動
e0080345_1743377.jpgなんだか、ホリエモンにまつわる反響や影響のものすごさは、もはや「時代を映す鏡」になりつつある感ですね。(実際、海外メディアでは、そのように紹介されてるみたいだし…)

今朝の情報番組で、ホリエモン逮捕!にまつわる番組の差し替えで、視聴率の好調を得たことを、まるで「鬼の首をとった」かのような大手柄として、あまりにも嬉々として語るアナウンサーの口調に、ちょっと、うむむ… なものを感じてしまいました。

ここまで急に、掌を返す?な関係者達の豹変ぶりにも、半ばアングリなものさえあるし…

しかし、中には、その反動もあってか、非難の声にまじり、再び支援者の声も目立ちはじめた ってな情報に「へ~ぇ」。

個人的には、百済一平さんの「わしらもたまには考える」における「ホリエモン」というオハナシに「そういう発想もアリなのか…」と感心してしまいました。

たしかに現在の彼は、塀の中の方が、まだしも安全… かもね
[PR]
by noho_hon2 | 2006-01-25 17:56 | 日々のメモ | Trackback | Comments(5)
トラックバックURL : http://perple.exblog.jp/tb/2577041
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by ふゆこ at 2006-01-25 20:40 x
ここまで急に、掌を返す……
わたしも同感です。憎めない顔しているのだけどあれで鬼のように
豹変してばりばりやっていたのでしょうか。
Commented by ふゆこ at 2006-01-25 20:41 x
というか、下品だなあと思う発言していたから
もともとあまり好きではなかったのですが、あまりに
ね……。ううむ マスコミって信用できない。
Commented by noho_hon2 at 2006-01-26 08:16
そうなんですよ。彼は、良いにつけ悪いにつけ、従来にない要素を多々もっていて、その分、凸凹も激しかったので、いったん「何かあった」時の周囲も扱いも極端!ですよね>ふゆこさん

マスコミも常に常に、話題の人物を「過剰に持ち上げては、容赦なく落とす」を繰り返してただけに「やっぱりなぁ…」ではあるものの、ちょっと今回の騒動の極端さには、考えさせられるものがあります。個人的には、ほりえもんも、まだまだ懲りないとみたっ! (留置所でも、真っ先にネット環境を要求したほど、だそうなので… (^^;)ゞ)
Commented by itabashi_1 at 2006-01-28 21:32
まったく同感です、が、私までもが我慢しきれずに『「国家の品格」崩壊の輪郭』とエントリーしてしまいました。恥ずかしながらご覧いただければ幸いです。
Commented by noho_hon2 at 2006-01-29 09:32
itabashi_1さん、こんにちわ。読ませていただきましたよ。うんと興味深かったです(そちらにもコメントさせていただきますね) この微妙な違和感を、「それって下品!」と論破してくださる方の意見は、とても痛快。大いに溜飲が下がりました 
<< それぞれのケモノ道 葉モノ野菜が高価なので… >>


折々で感じたままに書いてます。心に残ったものレポート
最新のトラックバック
「ブランケット・キャッツ..
from トリ猫家族
TOO YOUNG TO..
from 象のロケット
蜜のあわれ
from 象のロケット
ブランケットキャッツ 第..
from ぷち丸くんの日常日記
「蜜のあわれ」文芸のかほ..
from ノルウェー暮らし・イン・原宿
MONSTERZ モンス..
from to Heart
MONSTERZ モンス..
from だらだら無気力ブログ!
最新のコメント
カテゴリ
最新の記事
記事ランキング
以前の記事
メモ帳
「のほほん日和」
(04年9月~05年9月)