孤独のグルメ Season6 「東京都新宿区高田馬場のシャン風 豚高菜漬け炒めと牛スープそば」
e0080345_13103284.jpg今回は、お仕事パートも、お食事パートも、充実で、やや変化球気味。楽しかったですね。

個人的には、ミャンマー料理が未知の領分だけに、「ををっ!」

案の定、五郎さん(松重豊)、パクチーも、もりもりで、唯一、蝉の料理だけは「(悪くないけれど)そんなに要らない」には、ブハッ!

未知なるワンダーゾーンだけど「美味い。どこか懐かしい」と言ってたのに、ホッとしました。

ミルクティーとイチャクゥエ(揚げパン)など、斬新でした。

さすが「孤独のグルメ」。こんな回も、チャレンジャーで楽しいですね。

    (ストーリー)

井之頭五郎が高田馬場駅に降り立つと、どこからか甘い匂いが…。近くのメロンパン専門店からだったが、食欲をグっとこらえ、今回のクライアントの待つ空手道場へ。到着してすぐに鈴木師範代(高橋努)に声をかけようとするものの、鈴木の鬼のような厳しい声に、稽古が終わるまで静かに待つことにする五郎。

稽古が終わって頼まれた品を渡す。鈴木は意中の女性に今日のデートで告白しようとしていて、その時のプレゼントなのだそうだ。稽古中はビビっていた生徒たちが突然強気になり応援し始めた。鈴木は稽古中とうって変わって可愛く照れるのだった。

道場を出ると既に午後3時半。昼食の店を探し始めるが、どこも準備中の時間帯でがっかり。そんな時通し営業をしている「ミャンマー料理・シャン料理ノング・インレイ」を見つけた。
メニューを開き、気になるものを注文してみる。やがてお茶葉サラダ、シャン風豚高菜漬け炒め、もち米が運ばれてきた。

予想外にご飯に合う二品に、思わずもち米をお代わりして共に完食する。すっかりミャンマー味にハマった五郎は「牛スープそば」を追加。テーブルに並ぶミャンマーの調味料で味をカスタマイズしながら大満足で完食。その後デザートが気になり、ミルクティーとイチャクゥエ(揚げパン)を注文。揚げパンをミルクティーにつけながら食べ切り、大満足の五郎だった。

[PR]
by noho_hon2 | 2017-05-14 13:10 | ドラマ | Trackback(2) | Comments(0)
トラックバックURL : http://perple.exblog.jp/tb/25771776
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Tracked from ディレクターの目線blo.. at 2017-05-14 18:41
タイトル : 孤独のグルメ Season6 (第6話・2017/5/1..
テレビ東京系・ドラマ24『孤独のグルメ Season6~』(公式) 第6話『東京都新宿区高田馬場のシャン風 豚高菜漬け炒めと牛スープそば』の感想。 なお、原作:久住昌之、作画:谷口ジロー「孤独のグルメ」(週刊SPA!)は未読。また、前Season1~5は鑑賞済み。 五郎(松重豊)は東京・高田馬場駅で降り、空手道場へ。師範代・鈴木(高橋努)に頼まれた商品を...... more
Tracked from ドラマハンティングP2G at 2017-05-14 20:29
タイトル : 孤独のグルメ Season6 第6話
06 2017年5月12日放送 東京都新宿区高田馬場のシャン風 豚高菜漬け炒めと牛スープそば 井之頭五郎が高田馬場駅に降り立つと、どこからか甘い匂いが…。近くのメロンパン専門店からだったが、食欲をグっとこらえ、今回のクライアントの待つ空手道場へ。到着してすぐに鈴木…... more
<< おんな城主 直虎「罪と罰」 マッサージ探偵ジョー 「記憶のツボ」 >>


折々で感じたままに書いてます。心に残ったものレポート
最新のトラックバック
「緊急取調室 SECON..
from 三毛猫《sannkeneko..
貴族探偵 #06
from 刹那的虹色世界
貴族探偵 第6話
from レベル999のgoo部屋
貴族探偵 第6話
from ドラマハンティングP2G
貴族探偵 第6話
from ぷち丸くんの日常日記
アリス・イン・ワンダーラ..
from ★yukarinの映画鑑賞ぷ..
「4号警備」~最終回 ☆..
from ドラマでポン
最新のコメント
カテゴリ
最新の記事
記事ランキング
以前の記事
メモ帳
「のほほん日和」
(04年9月~05年9月)