リップヴァンウィンクルの花嫁 (2016)
e0080345_09210350.jpg最初は、3時間を超える長尺にたじろいだのですが、全然、長さを感じませんでした。

音楽と映像が美しく、独自の岩井ワールドの空気に、思わず、うっとり。

それに、後半で強烈なインパクトを放つ里中真白が、ミュージシャンのCocco。

思わず「こんな強烈な女優さん、いたっけ?」と素朴に感じたゆえ、エンドテロップで知り、驚嘆。

「スワロウテイル」における、CHARAの起用と並んで、眼力!です

黒木華と綾野剛めあて、だったので、彼等が非常に魅力的に美しく撮れていて満足。

ネットで、結婚も、結婚式の参列者の親戚(ニセモノ)も手に入るだなんて… 緊急事態でヘルプを、SNSでしたり… きっと、20世紀の人が見たら驚くだろうなぁ…

どこか危うくて、流されていくヒロインだけど、その存在感を黒木華は、美しく、可憐に表現してたし、

彼女を何かにと助けてくれる、綾野剛も、グッジョブ。たしかな俳優力でした。

特に、ラスト。真白の遺骨を、母親である、りりぃのもとに持っていき、焼酎と酔った勢いで服を脱ぎ始め、号泣しつつ、飲め飲め状態。そうやって供養するシーンは、インパクト。不思議な癒やしがありました。

白と黒。結婚式も葬儀もあり…

現代の空気を日常と非日常の狭間を漂いながら、リアルでありながら、ファンタジックに表現しててヨカッタです。

やはり、岩井俊二監督、おそるべし! いろいろな意味で脱帽。

    (解説)

『リリイ・シュシュのすべて』『花とアリス』などの岩井俊二がメガホンを取り、『小さいおうち』などの黒木華と『新宿スワン』などの綾野剛が共演したドラマ。派遣教員のヒロインが義母に浮気の濡れ衣を着せられ、家を追い出されながらも、なんでも屋の男や不思議な住み込みメイド仲間と交流していく姿を描く。黒木と綾野のほかミュージシャンのCocco、原日出子、地曵豪らが共演。

    (ストーリー)

東京で派遣教員をしている皆川七海(黒木華)は、鉄也とSNSで知り合った後に結婚。結婚式の代理出席をなんでも屋の安室(綾野剛)に頼む。しかし、間もなく鉄也の浮気が明るみに。ところが七海が浮気をしたと義母に責められ、家を出ていくことになる。そんな七海に安室が結婚式の代理出席や、月給100万円の住み込みメイドのアルバイトを紹介。そこでメイド仲間で、型破りで自由な里中真白(Cocco)と出会う。

[PR]
by noho_hon2 | 2017-05-17 07:50 | 映画 | Trackback(8) | Comments(0)
トラックバックURL : http://perple.exblog.jp/tb/25778927
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Tracked from 佐藤秀の徒然幻視録 at 2017-05-17 09:43
タイトル : リップヴァンウィンクルの花嫁
目覚めるべき現実はもはやない茶番の現実 公式サイト。岩井俊二原作・監督。黒木華、綾野剛、Cocco、原日出子、地曵豪、毬谷友子、和田聰宏、佐生有語、夏目ナナ、金田明夫、りりィ ...... more
Tracked from 真紅のthinkingd.. at 2017-05-17 16:00
タイトル : りりィ(・シュシュ)の子どもたち~『リップヴァンウィンク..
 岩手県花巻市出身の皆川七海(黒木華)は、東京で派遣教員をしながらコン ビニでもバイトをしている内気な女性。地元出身の作家・宮沢賢治が好きな彼 女のHNは ”クラムボン”。SNSで知り合った鉄也(地曵豪)と結婚することに なったものの、親戚が少ない七海は、これもSNSで知り合った ”ランバラル”  こと、何でも屋の安室行舛(綾野剛)に代理出席を依頼するのだったが・・・。  ...... more
Tracked from 映画批評的妄想覚え書き/.. at 2017-05-17 18:17
タイトル : 『リップヴァンウィンクルの花嫁』 陶酔しきった3時間
 『リリイ・シュシュのすべて』『花とアリス』『花とアリス殺人事件』などの岩井俊二監督の最新作。ちなみに岩井俊二は原作・脚本・編集もこなしている。    七海(黒木華)はごく普通の女の子。大学を卒業して臨時教員をしているけれど、声が小さいことを生徒たちにからかわれるようなどんくさい部分もある。あまり自己主張というものがなく、他人の意見に何となく流されてしまう。  SNSで見つけた...... more
Tracked from 映画的・絵画的・音楽的 at 2017-05-17 20:37
タイトル : リップヴァンウィンクルの花嫁
 『リップヴァンウィンクルの花嫁』をユーロスペースで見ました。 (1)評判の高さを聞いて映画館に行ってきました。  本作(注1)の冒頭では、人々が大勢道路を歩いていて、その間にいた皆川七海(黒木華)がポストの前で立ち止まって、携帯を手にしながら、もう一方の手をおそるおそる挙げます。  画面では携帯のメッセージの内容が示され、相手から「目印は?」と訊かれて、七海は「ポストがあります」と答えます。  もう一度七海が不安そうに手を挙げると、鶴岡鉄也(地曵豪)が現れ、「皆川七海さんですか?鶴岡です...... more
Tracked from 水曜日のシネマ日記 at 2017-05-17 21:45
タイトル : よく知らない人をよく知ってしまった時。『リップヴァンウィ..
岩井俊二監督の最新作です。... more
Tracked from オールマイティにコメンテート at 2017-05-17 23:47
タイトル : 「リップヴァンウィンクルの花嫁」SNSで知り合った先に知..
「リップヴァンウィンクルの花嫁」は非常勤教師の女性がSNSで出逢った同じ教師を仕事にする人と出逢って結婚するも、結婚相手の浮気を自らの浮気とされて離婚する事になりその時に ...... more
Tracked from 象のロケット at 2017-05-20 07:59
タイトル : リップヴァンウィンクルの花嫁
東京で働く派遣教員・皆川七海はSNSで知り合った鉄也と結婚することになり、自分側の招待客が少ないため、なんでも屋の男・安室に式の代理出席者の手配を依頼する。 新婚早々に鉄也の浮気が発覚するが、義母から逆に浮気の罪をかぶせられ、家を追い出されてしまう。 路頭に迷った七海に手を差し伸べたのは、安室だった。 結婚式の代理出席の次に彼から斡旋された仕事は住み込みのメイドで、何と報酬は100万円だという…。 ミステリー。 ≪この世はさ、本当は幸せだらけなんだよ≫... more
Tracked from プロフェッサー・オカピー.. at 2017-05-22 09:45
タイトル : 映画評「リップヴァンウィンクルの花嫁」
☆☆☆★(7点/10点満点中) 2016年日本映画 監督・岩井俊二 ネタバレあり... more
<< マツコの知らないケータイ充電器の世界 あなたのことはそれほど 「夫V... >>


折々で感じたままに書いてます。心に残ったものレポート
最新のトラックバック
「ハロー張りネズミ」第5..
from Kanataのお部屋へようこそ
「コード・ブルー~ドクタ..
from Kanataのお部屋へようこそ
セシルのもくろみ #06..
from ぐ~たらにっき
遺留捜査 第4シリーズ(..
from ディレクターの目線blog@..
黒革の手帖 (第5話・2..
from ディレクターの目線blog@..
スター・トレック
from 勝手に映画評
水曜ドラマ『過保護のカホ..
from レベル999のgoo部屋
最新のコメント
カテゴリ
最新の記事
記事ランキング
以前の記事
メモ帳
「のほほん日和」
(04年9月~05年9月)