あなたのことはそれほど「ついに覚醒!誰よりも恐いうちの妻」
なんだか、登場人物全てが、少しずつ、クレイジーで、どう繋がり、どう展開するのか読めないのが、見どころ(?)でしょうか?

有島(鈴木伸之)は、家出した美都(波瑠)を持て余し「友達に戻ろう」と提案するも、美都が納得する訳ありません。

そこで、怖い夫・涼太(東出昌大)のいる自宅に戻らず、実家の母・悦子(麻生祐未)のもと、母のワンピースを借りてバイトするのも、彼女らしかったかな? 上から目線で、お酒も作れない、使えない従業員でしたがね。

有島、怖い浮気相手から逃れ、妻・麗華(仲里依紗)の機嫌を取ろうと、おねだりを聞いて、子供を親と妹に任せ、夫婦2人でデートするも、さらに、妻の方が怖かった?!

美都の勤め先に小田原(山崎育三郎)がやってくるも、なにゆえ?

美都は、夫に離婚届を書いてもらおうとするも、怖い笑顔で「あっ、間違えちゃった」と破り捨てられました。

小田原も、しょこたんも、親友の大政絢でさえ、不穏に見えてしまうのは、なぜ?

彼等を交えて、どう展開する?

     (ストーリー)

家出した美都(波瑠)にすがられる有島(鈴木伸之)は、友達に戻ろうと提案するが、首を縦に振らない美都。その様子に踏ん切りがつかない有島だったが、妻・麗華(仲里依紗)の言葉が脳内にリフレインし、意を決する。

その後、涼太が待つ家に帰りたくない美都は、悦子(麻生祐未)に泊めてもらおうと、スナックを手伝い始める。しかし、美都を連れ戻そうとする涼太(東出昌大)にあっけなく見つかってしまうのだった。

どうしても一緒に帰りたい涼太に対して、どうしても帰りたくない美都。こうして、とうとう「離婚」の言葉を口にする―

一方、実家から戻った麗華は、麗華の助言で夫に「一日だけ夫婦でデートがしたい」とワガママを言ったのにドタキャンされて落ち込む皆美(中川翔子)と出くわす。会話の中で美都を詮索され強気で言い返すが、麗華も心に引っかかっていた。

そんな麗華自身も「ワガママを言うとしたら何?」と聞いてきた有島に「夫婦でデートがしたい」と提案。久々のデートで見せた麗華の表情に、良心が痛む有島は…?

その頃、美都の勤め先に小田原(山崎育三郎)がやって来る。果たしてその目的は…?!

[PR]
by noho_hon2 | 2017-05-31 09:50 | ドラマ | Trackback(3) | Comments(0)
トラックバックURL : http://perple.exblog.jp/tb/25812365
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Tracked from ドラマハンティングP2G at 2017-05-31 17:40
タイトル : あなたのことはそれほど 第7話
第7話「ついに覚醒!誰よりも恐いうちの妻」2017年5月30日火曜よる10時スタート 家出した美都(波瑠)にすがられる有島(鈴木伸之)は、友達に戻ろうと提案するが、首を縦に振らない美都。その様子に踏ん切りがつかない有島だったが、妻・麗華(仲里依紗)の言葉が脳内に…... more
Tracked from レベル999のgoo部屋 at 2017-05-31 17:51
タイトル : 火曜ドラマ『あなたのことは それほど』第7話
「遂に覚醒!誰よりも恐いうちの妻」内容夫・涼太(東出昌大)の態度に恐ろしさを感じた美都(波瑠)は家出をする。有島(鈴木伸之)に再会したものの、友だちになろうと言われてしまう。納得出来ない美都。迷う有島だったが、脳裏に妻・麗華(仲里依紗)がよぎる。ついに。。。 結局、家に帰りたく無い美都は、悦子(麻生祐未)のもとへ。。。 敬称略 仮に、今作が宣伝しているように...... more
Tracked from ドラマでポン at 2017-05-31 18:18
タイトル : 「あなたのことはそれほど」7 ☆☆☆
「家に帰れ」と美都を諭し、後悔してる、もし最初の日に戻れたなら抱かないとまでいうくせに結局することはしちゃう有島くん。どんだけ意思が弱いんですか……orzそして久しぶりの ...... more
<< 母になる 「子育てはやり直せる... アイアムアヒーロー (2015) >>


折々で感じたままに書いてます。心に残ったものレポート
最新のトラックバック
【先に生まれただけの僕】..
from ドラマ@見とり八段
ドクターX 外科医・大門..
from まっつーのTV観覧日誌(*´..
ドクターX 外科医・大門..
from まっつーのTV観覧日誌(*´..
日曜劇場『陸王』第一話
from レベル999のgoo部屋
大河ドラマ『おんな城主直..
from レベル999のgoo部屋
陸王 第1話
from MAGI☆の日記
おんな城主直虎 第41回..
from 事務職員へのこの1冊
最新のコメント
カテゴリ
最新の記事
記事ランキング
以前の記事
メモ帳
「のほほん日和」
(04年9月~05年9月)