それぞれのケモノ道
きくところによると、美味しいもの大好き!人間の室井滋は、ロケとかで地方にいった際の最大の楽しみは食事。知らない場所でも、だいたい勘で「このあたりに、美味しい店がありそうっ!」と一目散に歩き出して、途方もないハズレは無いんですってね。(凄い)

買い物上手な友達と歩いてると、知らない場所でも「くんくん。こっちに安くてイイものがありそう…」と、まるで誘われるように歩いていって、初めての店のワゴンの山からでも、びっくりするほどの収穫品を、瞬時にひっぱりだしてしまうんですもの。ほとんど神業っ!

e0080345_915427.jpg「どうして、そんなことが可能なの?」と尋ねると「…強いていえば、匂い…かな?」ってのが印象に残りました。

実際、学生時代。ウソかマコトか、パチンコで生活費をかせぎだし、ついにはクルマまで買ってしまった、という噂のツワモノ・クラスメートによると

「出る台は、匂いで分かる。いや、これホント。見てると、あっちから、おいでおいでするんだってば… 不思議と、連れがいるとダメだけどね」と笑ってて、へ~ぇ

食玩集めに燃えてた頃のダンナさんなぞ、ほとんど行ったことのない界隈の、未知なる雑居ビル群の中。ほとんどターミネーターのように、ぐるっと見回し、ピピピ… 「…このあたりがアヤしい…」と歩き出し、実際。そこに、お目当てチェーンのショップがあったときは、ほとんどアングリ… なものがあったのでした

あのランディさんの「不眠に悩むコヨーテ 」の「人間ラジオ」でも、「なぜか受信してしまう」ってオハナシが印象的だったし…

とくに創作者には往々にして、そういう部分あるのかな?

阿木ようこがラジオにゲスト出演されてた時。「どのようにして、あのような歌詞が生み出されるのですか?」との質問に、「う~ん。たとえば、街を歩いてると、向こうから、花屋の紫の色がパッと目に飛び込んできて“そっかぁ… 今度の曲は、紫がテーマなのね”と、ピ~ンとくるんですよ」と語られてて、なるほどなぁ… 

すごいことができる方ほど、じつにさりげなく、やってのける部分もまた面白いところですよね。

それぞれがもつ、きわめてローカルな(!)ケモノ道な領分。
はからずして、同じ趣味というか、周波数でもって、それを共有できるネット時代は、ある意味。とても素敵なことですね。

(冷凍・残り御飯がたまると作るオムライス。電光石化で作ったせいか、かなりアバウト。少々、ジャンボサイズになっちゃいましたぁ (^。^;)ゞ )
[PR]
by noho_hon2 | 2006-01-26 09:37 | 雑感 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://perple.exblog.jp/tb/2583230
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
<< 侮れないぞ、声 ホリエモン騒動 >>


折々で感じたままに書いてます。心に残ったものレポート
最新のトラックバック
刑事ゆがみ 第7話
from ぷち丸くんの日常日記
ドクターX~外科医大門未..
from ぷち丸くんの日常日記
ドクターX~外科医・大門..
from ディレクターの目線blog@..
刑事ゆがみ (第7話・2..
from ディレクターの目線blog@..
ブラックリベンジ (第8..
from ディレクターの目線blog@..
奥様は、取り扱い注意 #08
from ぐ~たらにっき
監獄のお姫さま (第6話..
from ディレクターの目線blog@..
最新のコメント
カテゴリ
最新の記事
記事ランキング
以前の記事
メモ帳
「のほほん日和」
(04年9月~05年9月)