孤独のグルメ Season6 「千葉県富津市金谷のアジフライ定食」
今回は、お仕事パートも充実してましたね。(多少、トホホだったけれど…)

五郎さん、“漁師めし”のお店で大ヒット。大きなアジフライ(思わずメジャーで測ったほど)を、色々な味で食べる様に、親近感を覚えたのでした。

定食の小鉢「肉じゃが」「さんが焼き」「漬物」で、メインデッシュ待ち、ってのもワクワクです。

たしかに、そのまま、ソース、レモンにタルタルと何段活用でも、食べてみると、毎回。新鮮で楽しいですよね。

夜のみ、というラーメンを食べ損ねて、(^^;)だったのでした。

クッスミさんのコーナーも充実しててヨカッタです。

     (ストーリー)

千葉県富津市の浜金谷駅に降り立った井之頭五郎。老舗旅館温泉旅館「かぢや旅館」へ向かう。
今回のクライアントは老舗温泉旅館の専務、黒川(石井正則)。黒川は最近増えた外国からの旅行者へのおもてなしにロビーでのコーヒーサービスを始めようと思い、五郎にカップ等の相談をしていた。そこで五郎は、老舗旅館を背負う若旦那の思わぬ悩みを聞くのだった。

その後、空腹を覚えた五郎は「ラーメン・餃子 はまべ」の看板を発見。ラーメンはどうか、と通り過ぎようと思った時、その下に“漁師めし”という暖簾を見つけ、思い直して入ってみる。

店内は、女将(松本明子)と常連客らしい松田(佐藤蛾次郎)のみ。壁に短冊が並んでいる。五郎は「地魚フライ定食」を見つけ、地魚が何か尋ねると、今日はアジだという。アジフライに心が沸いた五郎は、それに決めた。定食の味噌汁は“カジメ”か“あら汁”。五郎は、芽かぶのようなトロみがあるというカジメを選んでみる。

やがて、定食の小鉢「肉じゃが」「さんが焼き」「漬物」が出された。どれも美味しい。五郎は家庭的な味を堪能する。暫くして「アジフライ」と味噌汁、ご飯が出てきたのだが、五郎はアジフライの大きさに驚く。思わず持っていたメジャーで測ってしまった程だ。

五郎はアジフライをしょうゆ、タルタルソース、レモン、ソース、からしなどで堪能。こんなにふわふわなアジフライは初めて。大満足の五郎だった。

[PR]
by noho_hon2 | 2017-06-18 12:32 | ドラマ | Trackback(2) | Comments(0)
トラックバックURL : http://perple.exblog.jp/tb/25855150
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Tracked from ディレクターの目線blo.. at 2017-06-18 12:52
タイトル : 孤独のグルメ Season6 (第10話・2017/6/..
テレビ東京系・ドラマ24『孤独のグルメ Season6~』(公式) 第10話『千葉県富津市金谷のアジフライ定食』の感想。 なお、原作:久住昌之、作画:谷口ジロー「孤独のグルメ」(週刊SPA!)は未読。また、前Season1~5は鑑賞済み。 五郎(松重豊)は、千葉・富津の浜金谷駅に降り立つ。今回の依頼主の老舗温泉旅館専務・黒川(石井正則)は、最近増えてきた...... more
Tracked from ドラマハンティングP2G at 2017-06-18 20:38
タイトル : 孤独のグルメ Season6 第10話
10 2017年6月16日放送 千葉県富津市金谷のアジフライ定食 千葉県富津市の浜金谷駅に降り立った井之頭五郎。老舗旅館温泉旅館「かぢや旅館」へ向かう。 今回のクライアントは老舗温泉旅館の専務、黒川(石井正則)。黒川は最近増えた外国からの旅行者へのおもてなしにロビ…... more
<< おんな城主 直虎「さよならだけ... みをつくし料理帖「ひとくち宝珠... >>


折々で感じたままに書いてます。心に残ったものレポート
最新のトラックバック
NHK大河ドラマ「おんな..
from 真田のよもやま話
【おんな城主 直虎】第4..
from ドラマ@見とり八段
科捜研の女17期第1話 ..
from まっつーのTV観覧日誌(*´..
相棒16期第1話(10...
from まっつーのTV観覧日誌(*´..
【陸王】第1話 感想
from ドラマ@見とり八段
先に生まれただけの僕 (..
from ディレクターの目線blog@..
【先に生まれただけの僕】..
from ドラマ@見とり八段
最新のコメント
カテゴリ
最新の記事
記事ランキング
以前の記事
メモ帳
「のほほん日和」
(04年9月~05年9月)