ウォーリー (2008)
e0080345_07445207.jpg旧型・お掃除ロボットと新型ロボットの友情、冒険・活劇物語、と思ってたら、実は恋だったのですね。思わず、目から鱗…

「ファインディング・ニモ」を手掛けたアンドリュー・スタントン監督の、ピクサー・アニメ

宇宙船で旅する人間達は、全部、ロボットがやってくれるので、ライザップが要りそうな位の、ぽよんぽよん体型なのが可笑しいです。

WALL・E(ウォーリー)が見せた植物に驚き、地球を目指そうとするのが「へ~ぇ」だったのでした。

冒険活劇として面白かったです。

    (解説)

西暦2700年の荒廃した地球と広大な宇宙を舞台に、独りぼっちで地球に残された“地球型ゴミ処理ロボット”WALL・E(ウォーリー)の恋と冒険を描くファンタジーアニメ。ウォーリーが初恋のロボット、イヴを救うために宇宙へと冒険の旅へ出る。ディズニー/ピクサーによる製作で、監督は『ファインディング・ニモ』でアカデミー賞を受賞したアンドリュー・スタントン。地球環境が危ぶまれている今、壮大で美しい宇宙と対比して廃虚となった地球の姿が切ない。

    (ストーリー)

西暦2700年の地球。宇宙に逃れた人間が残したゴミを、700年もの間片付け続ける“地球型ゴミ処理型ロボット”WALL・E(ウォーリー)。ある日、地球にイヴという名のピカピカのロボットが現れた。ずっと孤独だったウォーリーはイヴに恋をするが、イヴが宇宙船にさらわれてしまい……。

[PR]
by noho_hon2 | 2017-06-22 07:45 | 映画 | Trackback(6) | Comments(0)
トラックバックURL : http://perple.exblog.jp/tb/25864104
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Tracked from 水曜日のシネマ日記 at 2017-06-22 08:36
タイトル : いろんな意味で凄い映画。『WALL・E/ウォーリー』
西暦2700年の地球に残されたゴミ処理ロボットの物語です。... more
Tracked from 佐藤秀の徒然幻視録 at 2017-06-22 08:53
タイトル : WALL・E/ウォーリーと古代エジプトのスカラベ
公式サイト。アンドリュー・スタントン監督、 フレッド・ウィラード。29世紀、金属廃棄物を立方体に固めて積み上げたスカイスクレーパーが林立している。まるで金属の蟻塚のようだ ...... more
Tracked from Akira's VOICE at 2017-06-22 10:07
タイトル : WALL・E / ウォーリー
小さなロボが人類を救う。  ... more
Tracked from TRIVIAL JUNK.. at 2017-06-23 07:24
タイトル : WALL・E ★★★★★
ロボ萌えの新たな境地 <公式サイト> 数々の傑作CGアニメを送り出すピクサーの最新作。 実はピクサーアニメをマトモに観たのは今回が初めてだったり。 <感想1> もうとにかく主人公・ウォーリーの一挙手一投足が可愛くて仕方ありません。表情もなく、台詞もほとん...... more
Tracked from こねたみっくす at 2017-06-23 23:45
タイトル : 『WALL・E ウォーリー』
まるでロボット版『小さな恋のメロディ』を見ているようでした。アナログでドジで純粋で愛くるしいウォーリーと、デジタルで優しくてしっかり者のイヴの愛に号泣しました。個人的 ...... more
Tracked from そーれりぽーと at 2017-07-18 20:40
タイトル : WALL・E/ウォーリー
子供の頃に夢中になってた『ショート・サーキット』の“No.5”と、『E.T.』を思い出させるフォルムのロボットが主人公のピクサー映画最新作。 字幕版での上映館を探して『WALL・E/ウォーリー』を観てきました。 ★★★★★ 意思を持ったロボットの感動ものと聞くと真っ先に楳図...... more
<< 警視庁・捜査一課長 Seaso... 蜜のあわれ (2016) >>


折々で感じたままに書いてます。心に残ったものレポート
最新のトラックバック
【先に生まれただけの僕】..
from ドラマ@見とり八段
ドクターX 外科医・大門..
from まっつーのTV観覧日誌(*´..
ドクターX 外科医・大門..
from まっつーのTV観覧日誌(*´..
日曜劇場『陸王』第一話
from レベル999のgoo部屋
大河ドラマ『おんな城主直..
from レベル999のgoo部屋
陸王 第1話
from MAGI☆の日記
おんな城主直虎 第41回..
from 事務職員へのこの1冊
最新のコメント
カテゴリ
最新の記事
記事ランキング
以前の記事
メモ帳
「のほほん日和」
(04年9月~05年9月)