遺留捜査 第4シリーズ 「鬼と呼ばれた女の涙 20億の森に眠る秘密」
e0080345_06194634.jpg今回スポットが当たったのは、陶器のカケラ。

刺殺体が見つかった不動産会社社長・東條志津子(多岐川裕美)がブローチにしてたようなのが鑑定で判明。

東條志津子、業界では有名な不動産ブローカーで、“鬼女”とよばれるほどのやり手で敵も多いようだったようだが、家では、陶器職人で職人肌だった夫とうまくいかず、シングル・マザーに。

そして、いい学校への進学、と、息子の教育に燃えたけれど、当の本人。達也(山中崇)は、幼少期から陶器に興味を持ち、卒業後、選んだ職は、父と同じもので、志津子は激怒し、勘当になったようです。

結局、陶器のカケラは、つなげると家の模様。夫が最期に作ったものみたいですが、実は、達也が子供の頃、作った作品を模したもの、でした。

心の中では、ずっと繋がっていたのですね。このファミリー。今回は、あまり鑑識さんが反旗を翻さず、でも、大車輪で働かせて、やはり、ぷぷぷ…

     (ストーリー)

 京都市内の森林で不動産会社社長・東條志津子(多岐川裕美)の刺殺体が見つかった。志津子は業界では有名な不動産ブローカーで、“鬼女”とよばれるほどのやり手で敵も多いようだった。やはり、仕事がらみのトラブルによる犯行なのか…!? 現場の森は志津子の会社が所有していた土地で、売却先をめぐって志津子と部下の岩田直人(伊東孝明)が対立していたこともわかった。

 だが、糸村聡(上川隆也)が着目したのは、遺体の手元に落ちていた三角形の陶器だった。志津子が身に着けているのは高級ブランド品ばかりなのに、なぜこんなものを持っていたのか、気になったのだ…。

 そんな中、神崎莉緒(栗山千明)と共に、志津子の息子・達也(山中崇)を訪ねた糸村。達也は現場の森のはずれにたたずむ清水焼の工房で働いており、母親とは絶縁していたと話す。工房主の小澤康夫(河西健司)によると、この工房も志津子から立ち退きを迫られていたというのだが…!?

[PR]
by noho_hon2 | 2017-08-11 06:19 | ドラマ | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://perple.exblog.jp/tb/25973110
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
<< 黒革の手帖 「VS強欲な学園理... セシルのもくろみ 「女の友情、... >>


折々で感じたままに書いてます。心に残ったものレポート
最新のトラックバック
Baker busine..
from Baker business..
Plant busine..
from Plant business..
映画「青空エール」
from FREE TIME
おんな城主直虎第33回「..
from 森の中の一本の木
警視庁いきもの係 第7話
from レベル999のgoo部屋
日曜劇場「ごめん、愛して..
from レベル999のgoo部屋
大河ドラマ『おんな城主直..
from レベル999のgoo部屋
最新のコメント
カテゴリ
最新の記事
記事ランキング
以前の記事
メモ帳
「のほほん日和」
(04年9月~05年9月)