眩(くらら)~北斎の娘~
あまりに評判良かったので、再放送で見ることができてラッキーでした。

宮崎あおいが見事が演技で、セットも色彩といい、雰囲気といい、力が入ってましたね。

松田龍平も味な役どころでした。

(ストーリー)

江戸の天才絵師・葛飾北斎の三女として生まれたお栄(後の葛飾応為:宮崎あおい)は、町絵師である吉之助と夫婦になったものの、箸を持つより絵筆を持つのが好きで、父であり、師である北斎(長塚京三)の元に嫁ぎ先から戻ってきた。そこから「超えられぬ高き壁・北斎」の絵の手伝いが始まった
イメージ 5そんな中、お栄は北斎の弟子筋の絵師・善次郎(後の渓斎英泉:松田龍平)にだけは、苦しみや悩みを話すことができた。それは思うに任せない、「出戻りお栄」の密かな恋心であった。
生まれながらにして北斎という大きな背中を見てきたお栄は、父・北斎を手伝う中で、「色」というものに執着を始める。そして北斎の代表作である「富嶽三十六景」が完成した時にも、そばにイメージ 7はお栄がいた。父が高齢となり、思うがままに筆を動かせなくなってからも、お栄は父の「筆」として北斎の絵を描き続ける。やがて時は過ぎ、心の中で常によりどころであった善次郎そして、北斎もこの世を去る。60歳を過ぎたお栄の手に残ったのはやはり絵筆であった。
60歳を過ぎたお栄は、一つの真実にたどり着く。「影が万事を形づけ、光がそれを浮かび上がらせる。この世は光と影でできている」

[PR]
by noho_hon2 | 2017-10-08 05:28 | ドラマ | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://perple.exblog.jp/tb/26096566
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
<< スペシャルドラマ「父、ノブナガ。」 東京味わいフェスタ2017 >>


折々で感じたままに書いてます。心に残ったものレポート
最新のトラックバック
国の宝
from 半秦絆記
【西郷どん】第3回 「子..
from ドラマ@見とり八段
99.9-刑事専門弁護士..
from ぷち丸くんの日常日記
明日の君がもっと好き (..
from ディレクターの目線blog@..
99.9-刑事専門弁護士..
from ディレクターの目線blog@..
『BG〜身辺警護人〜』 ..
from 美容師は見た…
アンナチュラル 第2話「..
from MAGI☆の日記
最新のコメント
カテゴリ
最新の記事
記事ランキング
以前の記事
メモ帳
「のほほん日和」
(04年9月~05年9月)