おんな城主 直虎「この玄関の片隅で」
e0080345_05045801.jpg草履番から、出世をはかりたいと、燃える万千代(菅田将暉)と万福(井之脇海)の若手コンビに、やってきたのは、ノブ(六角精児)という謎の中年男

これが、それまでのやり方を覚えるには苦慮してましたが、年の功で、「出て来る順番」を把握し、草履を出し、遅くなった者は、某の相談を受けてるだろうから、世間話をしつつ、様子を探る知恵者。

そこから、武田軍の遠江侵攻が始まったことを知り、家康(阿部サダヲ)が戦支度のため大量の材木を必要としているという情報を聞きつけた万千代は、井伊が活かせると、手紙を送ります。

しかし、それを知った直虎(柴咲コウ)は、あえて、家康に、その旨を伝え、その作戦をなきものに… 松下家から帰還した六左衛門(田中美央)を近藤(橋本じゅん)の家臣とするため尽力していたことと、厳しい母心から、だったのでした。

あいかわらず、手柄を潰された、万千代、転げ回って悔しがりますが、それは大きく見て、井伊の為、万千代の為のこと。

このバランスになって面白くなりましたね。来週も期待です。

     (ストーリー)

小姓になるための条件として草履番の後釜を育てることになった万千代(菅田将暉)と万福(井之脇海)。そこにやってきたのはノブ(六角精児)という謎の中年男だった。 一方、直虎(柴咲コウ)は松下家から帰還した六左衛門(田中美央)を近藤(橋本じゅん)の家臣とするため尽力していた。そんな中、武田軍の遠江侵攻が始まる。家康(阿部サダヲ)が戦支度のため大量の材木を必要としているという情報を聞きつけた万千代は…

[PR]
by noho_hon2 | 2017-10-16 05:05 | ドラマ | Trackback(4) | Comments(0)
トラックバックURL : http://perple.exblog.jp/tb/26113330
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Tracked from 真田のよもやま話 at 2017-10-16 09:27
タイトル : NHK大河ドラマ「おんな城主 直虎」第41回「この玄関の..
この玄関の片隅にソレガシを見つけてくれてかたじけないって?んだけど、まだまだ万千代様の前途は多難なようですけど~。今回元ネタを回想しちゃうと、ハンパない涙がちょちょぎれちゃうんで、さっさと本編レビューへと進みます~。... more
Tracked from ドラマ@見とり八段 at 2017-10-16 13:18
タイトル : 【おんな城主 直虎】第41回「この玄関の片隅で」 感想
一方、直虎(柴咲コウ)は松下家から帰還した六左衛門(田中美央)を近藤(橋本じゅん)の家臣とするため尽力していた。そんな中、武田軍の遠江侵攻が始…... more
Tracked from 事務職員へのこの1冊 at 2017-10-16 18:23
タイトル : おんな城主直虎 第41回 この玄関の片隅で
第40回「天正の草履番」はこちら。 前回の視聴率は11.6%と予想を下回りました。井伊直政(菅田将暉)のやんちゃぶりはそれほど受け入れられなかったか。わたしもちょっとやりすぎかと思ったけれど、数えの15才ってことはいまの中二ぐらい?商売柄言わせていただければ、あいつらにはまだなにも期待できません(笑)。 今回のタイトルも思い切ったなあ。あのキネ旬ベストワンのアニメをいただくとは。でも、おかげで宮藤官九郎が書く次の次の大河に、のんを起用する一助になれば。まあ、大河ドラマほど、大手プロダクション...... more
Tracked from レベル999のgoo部屋 at 2017-10-16 20:37
タイトル : 大河ドラマ『おんな城主直虎』第四十一回
「この玄関の片隅で」内容草履番として認められた万千代(菅田将暉)と万福(井之脇海)榊原康政(尾美としのり)から、小姓になる条件として、後釜を育てるよう命じられる。連れて来られたのはノブ(六角精児)だった。何か、妙な印象を受ける万福。 そのころ、直虎(柴...... more
<< 陸王 第1話 オトナ高校 「童貞卒業したら即... >>


折々で感じたままに書いてます。心に残ったものレポート
最新のトラックバック
映画「本能寺ホテル」
from FREE TIME
コウノドリ2 第6話
from ぷち丸くんの日常日記
コウノドリ[2] (第6..
from ディレクターの目線blog@..
「相棒 season 1..
from 三毛猫《sannkeneko..
【この声をきみに】第7話..
from ドラマ@見とり八段
本能寺ホテル
from だらだら無気力ブログ!
刑事ゆがみ #06
from ぐ~たらにっき
最新のコメント
カテゴリ
最新の記事
記事ランキング
以前の記事
メモ帳
「のほほん日和」
(04年9月~05年9月)