篠田優写真展:See/Sea
銀座ニコンサロンで、篠田優写真展:See/Seaを鑑賞

文章が興味深かったので転載

    ***********

祖母が死を迎えた季節、私は一つの暗闇に身を潜らせた。かつて陣地と呼ばれたその場所から見える海はただ眩しかった。いまここにある海へと視線を向けながら二つの半島を歩いた。しかしその歩みは、過ぎ去ったものへ近づこうとする行為だったのかもしれない。

私は、祖母の死を変奏するように撮り続ける写真の中で、歴史と写真を静かに問いたかったのだ。 (篠田 優)


    ***********

若さある心象風景っぽい写真と、ところところに置かれた文章が印象的でした。

個人的には、「写真に撮って初めて祖母が花柄を着ていたことに気づいた」ってあたりインパクト。
それと、作者のプロフィールが、上智大を経て、写真を学ぶべく、もう1度、学び直したのも「へ~っ」だったのでした。
e0080345_17370495.jpg

[PR]
by noho_hon2 | 2017-10-21 17:39 | 日々のメモ | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://perple.exblog.jp/tb/26124736
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
<< 植木等とのぼせもん 最終回「ス... 植木等とのぼせもん 「かわいい... >>


折々で感じたままに書いてます。心に残ったものレポート
最新のトラックバック
【女子的生活】第2話 感想
from ドラマ@見とり八段
きみが心に棲みついた #01
from ぐ~たらにっき
海月姫 第1話
from レベル999のFC2部屋
FINAL CUT 第2話
from ぷち丸くんの日常日記
きみが心に棲みついた 第1話
from ぷち丸くんの日常日記
きみが心に棲みついた (..
from ディレクターの目線blog@..
FINAL CUT (第..
from ディレクターの目線blog@..
最新のコメント
カテゴリ
最新の記事
初めての肩こり?
at 2018-01-17 16:52
エラゴン 遺志を継ぐ者 (2..
at 2018-01-17 15:39
賭ケグルイ
at 2018-01-17 08:23
きみが心に棲みついた 「冬の..
at 2018-01-17 08:16
FINAL CUT 「消され..
at 2018-01-17 07:59
記事ランキング
以前の記事
メモ帳
「のほほん日和」
(04年9月~05年9月)