イブの総て
e0080345_850551.jpg1950年度、アカデミー賞の作品 、 監督、 助演男優、脚本、録音、衣裳デザイン賞。カンヌ国際映画祭でも、審査員特別賞と女優演技賞を獲得した、名作中の名作!

芸能界、内幕モノの金字塔作品という予備知識はあったのですが、逆に、かなりのドロドロを覚悟してたせいか、そのダーク部分を、リアリティをもちつつも、気品をもって描いてるのに感心してしまったのでした。

盛りをすぎた大女優役で、やがて踏み台とされる、マーゴ役のB・デイヴィスが、ほとんど「ご本人か?」と思わせるぐらいの、迫真の演技。でも、ある部分。大いに可愛げがあって、同情の余地も大?!

e0080345_8504488.jpgまた「…ひょっとして…」と思ってた、チョイ役でありながら、不思議な光芒を放っていた、新人っぽいレディは、やはり、マリリン・モンローだったんですね。

全盛期のオーラは、まだ無いものの、初々しく、むしろ、よく知ってるモンロー化粧(とくに目の周辺の特徴)なのは、大女優役。B・デイヴィス側だったのに興味深いものを感じてしまいました。

愛らしく、いかにも聡明そう。そして気品あふれる中に、大きな野心をひそませたイヴ役のアン・バクスターも、また渾身の演技。そしてハマり役! もしも彼女が、見るからにむき出しのギラギラだったら、この作品の味わい深さは半減したように思われて。

衣裳デザイン賞、受賞ってのも、分かるような気がしました。だってモノクロなのに「わぁ、いいなぁ…」と、思わずうっとりしてしまうような服のオンパレード、だったんですもの。

名作は、やはり大したものだなぁ、と感服。
[PR]
by noho_hon2 | 2006-02-07 17:43 | 映画 | Trackback(1) | Comments(2)
トラックバックURL : http://perple.exblog.jp/tb/2692531
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Tracked from 虎党 団塊ジュニア の .. at 2006-03-12 11:22
タイトル : 『イヴの総て』’50・米
あらすじ演劇界最高の賞に輝いた女優イヴ・ハリントン(アン・バクスター)。その授賞式を見守る批評家ドウィット(ジョージ・サンダース)等は彼女との出会いを想い帰していた。人気劇作家ロイド(ヒュー・マーロウ)の妻カレン(セレステ・ホルム)はいつも劇場前にいる...... more
Commented by YOSHIYU機 at 2006-03-12 11:13 x
TBさせてもらいました。正に名作ですね!ストーリー、役者の演技とも文句のつけようが無い。モンローの役は、その後の役柄と同じタイプでしたね。
Commented by noho_hon2 at 2006-03-12 13:47
YOSHIYU機 さん、こんにちわ。私の方でもTBさせていただきました。(とても上手なナビぶりに、いたく感心)本当に、モンローのその後を思うと、とても不思議な気がしますね。これからも、よろしくお願いします
<< きみの知らないところで世界は動く やったね、秋元康プロデュース ... >>


折々で感じたままに書いてます。心に残ったものレポート
最新のトラックバック
コード・ブルードクターヘ..
from レベル999のgoo部屋
「コード・ブルー-ドクタ..
from 三毛猫《sannkeneko..
【コード・ブルー-ドクタ..
from ドラマ@見とり八段
コード・ブルー3 第6話..
from 平成エンタメ研究所
コード・ブルー~ドクター..
from ディレクターの目線blog@..
青空エール
from 象のロケット
映画「青空エール」
from FREE TIME
最新のコメント
カテゴリ
最新の記事
記事ランキング
以前の記事
メモ帳
「のほほん日和」
(04年9月~05年9月)