天国の日々
e0080345_1738248.jpgオウチで映画を熱心にみるようになった頃。雑誌の映画特集等。著名人のベスト5、などなどで、頻繁に名前を目にした関係から興味を覚え、「いつか見てみたいな…」と感じた作品が、これと「みつばちのささやき」でした。

奇跡の映像詩人とまで呼ばれた、テレンス・マリック監督の画像が、どのようなものであるか確かめたくて…

ただ、映像は、もう素晴らしく美しいのですが、その雄大なる自然の中。きわめて淡々と物語が進むので「…えっ?!」
内心、呆気にとられた記憶あります。

でも、十年ぶりぐらいに改めて見ると、熱烈支持の声も分かるような気がして… ある方が指摘されてた「この作品は、再生機材をえらぶ」ってのに、えらい納得してしまったのでした。より(画像が大きくなり)映画館に近づいたからこそ、分かる味わいだったのでしょうか?

とにかく、リチャード・ギアが若いっ! 今でこそ、ミスター・ダンディですが、この頃の彼は、かなり粗野な味が特徴。どこかで石川三千花に「彼は、シティより田園が似合う」と書かれてましたが、「…なるほどね」なものがあったです。三角関係の対をなす、農場主のサム・シェパードの、端正なインテリ顔と、じつに好対照っ!

個人的には、2人の男性の愛されるヒロイン役のブルック・アダムスが、あまり美形に思えず、そんなに感情も露わにしないし「…ど、どうして?」の感だったのですが、その素朴な、あっけらか~ん風が、むしろ監督の「望むところ」だったのかな?と、思われて。

この悠々たる大自然の中では、愛憎も、生き死にさえも、「ただ、そこにある」 ある種の諸行無常感を表現したかったのかな?と、ふとね。「神の視点」と呼ばれる、キューブリック監督にも、一種。近いものがあるの、かも。

古くから、三角関係はドラマの定番ですが、そのヨーロッパ的・横綱であるところの「突然炎のごとく」とは、(舞台によって)えらい雰囲気の差だなぁ、と、感心。

面白いなぁ、と感じてしまった部分です。

ちなみに、いまだ「いつか見たい」でも、でも「見るのが怖い」のが「時計じかけのオレンジ」です。高校時代、きわめて映画通な友人に「ベストワンは何?」とたずねた際、まよわず即答された、そのレスポンスの早さと目の輝きが忘れられなくて… でも、放映されたこと無いですよね。しくしく。
[PR]
by noho_hon2 | 2006-02-09 18:15 | 映画 | Trackback(1) | Comments(0)
トラックバックURL : http://perple.exblog.jp/tb/2710357
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Tracked from 映画DVD・映画ブルーレ.. at 2008-05-12 14:31
タイトル : 天国の日々
天国の日々 (1978) 本作「天国の日々」は、20世紀初頭のアメリカ中西部の農場を舞台に、ひとりの女性をめぐるふたりの男の愛憎劇を描いた、切ない人間ドラマです。監督は、「地獄の逃...... more
<< アイドルはつらいね ウケてるみたいですね「西遊記」 >>


折々で感じたままに書いてます。心に残ったものレポート
最新のトラックバック
貴族探偵 #06
from 刹那的虹色世界
貴族探偵 第6話
from レベル999のgoo部屋
貴族探偵 第6話
from ドラマハンティングP2G
貴族探偵 第6話
from ぷち丸くんの日常日記
アリス・イン・ワンダーラ..
from ★yukarinの映画鑑賞ぷ..
「4号警備」~最終回 ☆..
from ドラマでポン
「釣りバカ日誌(2)」~..
from ドラマでポン
最新のコメント
カテゴリ
最新の記事
記事ランキング
以前の記事
メモ帳
「のほほん日和」
(04年9月~05年9月)