ビューティー・コロシアム
e0080345_9215323.jpgやはり、数ある出演者の中でも、フランケン嬢の変貌が圧巻!でしたよね。

ことに、いろいろな意味で困難をきわめた分、ゲストもスタッフも、思わず感きわまって泣いちゃったのに「…分かるなぁ…」と感じてしまったのでした。うん、本当にヨカッタヨカッタ…

演出的には、アフタの変身効果をあげるため、ビフォアが、やたら変な方角からライトをあてて、欠点強調したり(修学旅行の、懐中電灯でオバケごっこ、じゃないってば)、ことさら、お気の毒エピソードを羅列して、まな板の上の鯉状態(!)の時も、きわめつけに、もっさりの限りを尽くした格好と、どよよ~ん顔で、「これでもかっ!」の嵐

その一方で、美しくなって以降が、あまりにもアッケラカ~ンと「一気に問題解決ぅ!」ってな能天気さも、「…それも、ちょっと(どうかなぁ)…」。野暮天と知りつつ、一抹の疑問を感じたりもするんですが、あくまで人気のショー番組ですから、これはこれでアリなのかな?

当人達も、そこのあたりを納得して出演した訳だしぃ…

個人的には、「愛の貧乏大作戦」じゃないけれど、追跡レポをで、「その後」も見せて欲しいような気がしたのでした。実際の体験者じゃないとワカラナイ「現実を知る」意味でもね。

思うに、彼女等は、美そのものより、むしろ“その待遇”が欲しかったのかもしれませんね。

(「マイ・フェア・レディ」ヒロイン、のイライザが「レディとは、“どう振舞うか”でなくて、“どう扱われるか”で決まれるんです!」と叫んだ旨じゃないけれど)

そういう意味で、ますますフランケン嬢、これだけみなさんに想われてよかったね。
これだけの大改造に、よく耐えたぁ! うるうる…
[PR]
by noho_hon2 | 2006-02-15 09:33 | テレビ | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://perple.exblog.jp/tb/2759971
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by 雛子 at 2006-02-15 17:35 x
ん〜、2回くらい見たことあるかなぁ〜。←テレビ見ないんだな、あんまし。
結構、長寿(とまではいかないかぁ)番組ですよね。
和田アキ子のつっこみは健在ですか?
Commented by noho_hon2 at 2006-02-15 18:30
人気番組だけど、(改造に)か~なり「時間を要する」ケースが多いので、特番スタイルになって正解ような…>雛子さん。和田アキ子のつっこみは、いまだ健在であります。彼女と伸助って、人間臭いものを扱って司会したら、現在。天下一品、かも
<< アラビアのロレンス・完全版 逃避パワーで、プチ桃源郷?! >>


折々で感じたままに書いてます。心に残ったものレポート
最新のトラックバック
映画「青空エール」
from FREE TIME
おんな城主直虎第33回「..
from 森の中の一本の木
警視庁いきもの係 第7話
from レベル999のgoo部屋
日曜劇場「ごめん、愛して..
from レベル999のgoo部屋
大河ドラマ『おんな城主直..
from レベル999のgoo部屋
土曜ドラマ『ウチの夫は仕..
from レベル999のgoo部屋
青空エール
from 銀幕大帝α
最新のコメント
カテゴリ
最新の記事
記事ランキング
以前の記事
メモ帳
「のほほん日和」
(04年9月~05年9月)