身体ビジョン?!
e0080345_1894924.jpg本日からスクーリングがはじまりました。ひさびさの教室です。

でも、生活が変わると、「必要に迫られ」、はからずして「新たな視点」が得られて、発見の連続ですね。

たとえば、文房具ひとつにせよ、ずっと「家にあるものを、ただ漫然と」使ってたんですが、その気になってショップで眺めてみると、その進化ぶりに目を見張るばかり。

同時に、オウチにあるものが、いかに定番の逸品であったか、再確認。(ダンナさん、筋金入りの文具マニア)

機能が成熟すると、どんどんデザインの洗練されたものが出てくるんですね。タメ息… やはり、脇で見てるだけじゃダメなんですね。「自分が使う」とか「選ぶ」立場にならないと「見えない」ことって、ゴマンとあるんだぁ、と痛感。…おそれいりました。

さらに、エプロンに名札を張り…と指定されてたので、「そういう目」で見ると、いまや、百円ショップには、ネームやゼッケン仕様の布が、かくも至れり尽くせり、「よりみどりである」とは知りませんでした。びっくり。

ずっと通ってたのにぃ… 我ながら、この盲点ぶりはナニ?

それに、テキストを何冊も入れ、お弁当からノート、傘まであると「…お、重い…」。
いつもの買い物とは、また違ったずっしり感です。改めて、学生さん仕様のバッグをまじまじ。みなさんの持ち物類をジーーッと眺めてしまったりしてね。

(なるほど、かっちり型のトートバッグとは、そういう目的にすぐれて、人気なんですね)

やっぱ、積年。実務をこなした先生の授業は体験に裏打ちされてる、というか「身体を通してる」分、面白い!です。メガトン級の説得力。

そういえば、学生時代。1番、面白かった授業は、測量の授業&実習。
会社勤めのある、ちょっと変わった経歴をもつ先生で、実務経験からきたエピソードがすっごく興味深かったのですが… ふと、そんなことなぞ思い出したりしてね。

身体ビジョン、おそるべし!

こういった未知数への扉であっただけでも、価値あった…かも
[PR]
by noho_hon2 | 2006-02-20 18:41 | 日々のメモ | Trackback | Comments(4)
トラックバックURL : http://perple.exblog.jp/tb/2804844
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by kobakonoko at 2006-02-20 22:57 x
あなどるなかれ100円ショップ、ですね。
高級店とは違い、いまや痒いところに手が届く感おお有り、ですものね。

>スクーリング

いいな、なんのお勉強なんでしょう☆興味深々デス。
Commented by noho_hon2 at 2006-02-21 08:39
そうそう。最近では、むしろ高級品より「自分に合う」スグレモノの多さ、思わず目を皿のようにしてチェックしてしまいます> kobakonokoさん

じつはね、ホームヘルパーの2級です。「これ、知識として知ってるだけで雲泥の差では?!」ってな情報も、想像以上に多々ゆえ、また報告しますね
Commented by きらら at 2006-02-21 10:16 x
こんにちは☆

あれま!!!
エプロンに名札・・・とあったので もしや・・
って思っていましたが やはり!!!
実は 私の仕事は その講座の講師なんですよ・・・(汗)

と~~~っても楽しいですよ!!!
私ってば この仕事大好きですもん♪
生徒さんとも仲良くなって オフ会なんかも・・・
あ・・・これ言ったらまずかったかな?
でもでも 楽しんでくださいね~~!!!
Commented by noho_hon2 at 2006-02-21 18:49
ややや、そうだったんですか?>きらら さん
じつは、あまりの講師の方の威力に、ただただ、感服してしまいました。無味乾燥だったテキスト情報も、じつに有意義に膨らむ膨らむ… 素晴らしいお仕事ですよね。しみじみ… ちょこちょこレポしますので「受講生側からみたビジョン」ってことで、お楽しみに♪ 
<< ドラえもん誕生物語  ~ 藤子... フェニックス、ハート >>


折々で感じたままに書いてます。心に残ったものレポート
最新のトラックバック
青空エール
from 象のロケット
Baker busine..
from Baker business..
Plant busine..
from Plant business..
映画「青空エール」
from FREE TIME
おんな城主直虎第33回「..
from 森の中の一本の木
警視庁いきもの係 第7話
from レベル999のgoo部屋
日曜劇場「ごめん、愛して..
from レベル999のgoo部屋
最新のコメント
カテゴリ
最新の記事
記事ランキング
以前の記事
メモ帳
「のほほん日和」
(04年9月~05年9月)