ドラえもん誕生物語  ~ 藤子・F・不二雄からの手紙 ~
e0080345_164376.jpg「もしも、あなたに憧れワールド、というか、そういった空気をもつ作品がありますか?」とたずねられたら、迷わず、藤子・F・不二雄ワールドを挙げたいような気がします。

(個人的には、中でも「エスパー魔美」!)

オンエアが日曜日の昼下がり、と、きわめて地味な時間帯だったのですが、しみじみと感慨深かったです。

あの名作、「ドラえもん」の作者。故藤子・F・不二雄(藤本弘)氏のドキュメンタリー番組… 基本的には新・ドラえもん映画の宣伝ではあるものの、とても丁寧に作られてました。

小学5年生のとき、藤子・A・不二雄(安孫子素雄)と出会い、以後、タッグを組んだ幸福な出会いは、あまりにも有名ですが、じつは家庭の事情で、1度、会社に就職してること。でも、怪我をし、そんな彼の姿を見た母の後押しもあって、再び夢を追い、2人で上京した顛末。

その時、みんながなけなしのお金を集め、当時としては破格の餞別をくれたこと。1度だけ出席した同窓会でのエピソード、等々に、あらためて彼の人柄を感じてしまいました。

あこがれの、故・手塚治虫氏が住んでいた、トキワ荘に引っ越し、ようようプロとしてのスタートをきったものの、無茶な仕事量に、ついにギブアップ。煮詰まるあまり帰省したら、脱力して、締め切りが守れず、以後、1年。業界から干された不遇時代のこと。

やがて、時代がかわり、劇画がもてはやされ、雑誌等の設定年齢もあがり、「書きたいもの」と「求められるもの」のギャップに悩んだ時期のこと。(知人、関係者に宛てた手紙が初公開)

36年前。新連載「ドラえもん」の構想に苦慮するあまり、直前号で、前代未聞の広告を出したこと(机の引き出しから「出たっ!」の文字しか書かれてない) 頑固なまでに「子供たちのため」の作品を書きたかった意志力には、ただただ、頭がさがるばかり。

あくまで創作の源として、家庭人としての「普通の生活」を大切にしてたこと。(どんなに多忙でも、休日は家族と過ごすよう努めてた模様…) 3人の娘さんたちの、「父が漫画家であるのが、どうしても信じられなかったのです」という証言には、思わず笑ってしまったほど。早くにお父さんを亡くして苦労した彼ならではの、こだわり、だったのかもしれませんね。

奥様と娘さん達の愛され顔(!)と、父を語る際の、愛と尊敬に満ちたまなざしが、とても印象的でした。世界中で放映されてる、「ドラえもん」も、そのディテールにお国柄が反映されてて興味深かったし。

「志ある創作者」の思いは、必ずや届くんだなぁ… と、インタビューをうけてたタレントの言葉に、そう痛感。スタッフの愛を感じる番組でした。
[PR]
by noho_hon2 | 2006-02-21 17:16 | テレビ | Trackback(2) | Comments(2)
トラックバックURL : http://perple.exblog.jp/tb/2812985
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Tracked from ごったニメーションblog at 2006-02-22 01:59
タイトル : 「藤子・F・不二雄先生からの手紙」レビュー ―金八、ドラ..
19日に映画公開特番として「ドラえもん誕生物語 〜藤子・F・不二雄からの手紙〜」が放送された。藤子F先生にスポットを当てた特別番組はめったにないことなので、今回はきっちりビデオ録画、もちろん標準モードで。本当にビデオに録る価値のあるドキュメンタリーであった...... more
Tracked from Ashiko K Milk at 2006-02-22 11:50
タイトル : 藤子.F.不二雄からの手紙
見ましたよ!  テレビ朝日の特番、 『ドラえもん誕生物語  ~藤子.F.不二雄からの手紙~』 この時期に放送されるスペシャル番組ということで、映画の宣伝がメインになるのかと思っていたら、予想に反して内容の濃い番組だった。 オープニングの演出が多少あざといものの、以降はそれほど気にならない。 藤本弘という人間をとりあげた番組として、とても良いものだったと思う。 気付いた点を取り上げながら感想を: ☆「クラスで二番目の弱虫が、おにごっこでは僕だけを追いかけるんです。」 あぁ...... more
Commented by haschiken at 2006-02-22 12:15
こんにちは。
TBありがとうございました。

僕もエスパー魔美は大好きです!
今回のスペシャル、欲を言えばドラえもん以外の作品にももうちょっと触れてほしかったですね。
Commented by noho_hon2 at 2006-02-22 18:02
いらしゃいませ、haschikenさん。
haschikenさんは、藤子・F・不二雄作品。なかでも、ドラえもんに関し、とびっきり造詣が深いのですね。ブログのラインナップからして感動しましたが、レビューを読んで、しみじみ愛を感じました。同じく、エスパー魔美が大好きだなんて、嬉しいな嬉しいな。これからも、どうぞ、よろしくお願いします
<< 意外なテクに救われて 身体ビジョン?! >>


折々で感じたままに書いてます。心に残ったものレポート
最新のトラックバック
土曜ドラマ『ウチの夫は仕..
from レベル999のgoo部屋
屋根裏の恋人 第8話(最..
from ドラマハンティングP2G
居酒屋ふじ TOP
from ドラマハンティングP2G
ウチの夫は仕事ができない..
from ドラマハンティングP2G
居酒屋ふじ (第3話・2..
from ディレクターの目線blog@..
ピース オブ ケイク
from タケヤと愉快な仲間達
ウチの夫は仕事ができない..
from ぷち丸くんの日常日記
最新のコメント
ふゆこさん、こんにちわ、..
by noho_hon2 at 08:16
そう定石をやぶりつつ、シ..
by ふゆこ at 20:30
ふゆこさん、こんにちわ。..
by noho_hon2 at 16:24
テンポは確かに遅いかもし..
by ふゆこ at 11:38
テンポが遅くてがっかりし..
by noho_hon2 at 11:10
期待が大きすぎたせてもあ..
by テンポが遅くてがっかりしました at 10:59
佐藤秀さん、こんにちわ。..
by noho_hon2 at 06:58
カテゴリ
最新の記事
記事ランキング
以前の記事
メモ帳
「のほほん日和」
(04年9月~05年9月)