他人の視点はワンダーランド (ボーイズラブとお見合いの謎)
OL時代のこと。給湯室で、ふと野暮なこと、つぶやいたんですよ。

「私、残念ながら、少年愛モノの漫画(やおい、もしくは、現代ならボーイズラブ?)って、今ひとつ、その醍醐味がワカラナイのよねぇ… 寂し~っ」とボヤくと、才媛なる友人が、チッチッ
「それ、根本的に視点が違~う! ばっかだねぇ、あれって、あくまで中身は少女そのものなのよ。

それを、繊細な心が、決して痛くないよう、異性の、それも美少年に投影することによって、共感と非日常感で溜飲を下げてるんじゃない… はい、それでは、名作で復習」
と、ドサドサッっと貸し与えられた時、感動おぼえたのでした。

そうか、そうだったのか… 思わず、目から鱗。

             ☆    ☆    ☆

あと、ネットはじめの頃。ある妙齢女性が指摘した
「お見合いとはね。一瞬で、相手をジャッジすることなの。

最大のポイントは、この相手と、うんセンチ以上、接近してもイイか、って部分が最重要部分ね。女性の身体は正直だから、これだけは嘘つけないもん…」
と言われたとき、これまた「へ~ぇ」。ひたすら感心してしまうことしきり。

う~ん。他人の視点、および知識って、まったくもってワンダーランド
発見と感動に満ちてます。ネット時代になって本当にヨカッタなぁ、としみじ~み
e0080345_9164738.jpg

(新しい食器は、いつもワクワク。無印の処分品なる黒いお皿に注目っ!)
[PR]
by noho_hon2 | 2006-02-23 09:21 | 雑感 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://perple.exblog.jp/tb/2827743
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
<< ついに、しんちゃんが教科書に?! ホリエモン、女性へ贈ったPCか... >>


折々で感じたままに書いてます。心に残ったものレポート
最新のトラックバック
刑事ゆがみ (第10話/..
from ディレクターの目線blog@..
コウノドリ #10
from ぐ~たらにっき
コウノドリ[2] (第1..
from ディレクターの目線blog@..
「相棒 season 1..
from 三毛猫《sannkeneko..
コウノドリ2 第10話
from ぷち丸くんの日常日記
金曜ドラマ『コウノドリ(..
from レベル999のFC2部屋
刑事ゆがみ #10 最終回
from ぐ~たらにっき
最新のコメント
カテゴリ
最新の記事
記事ランキング
以前の記事
メモ帳
「のほほん日和」
(04年9月~05年9月)