食にまつわる、さまざまな試み
e0080345_81615.jpg講義7日目… レクチャーは、今回を含め、ついに、あと2回。
(こ~んな格好で通ってます)

ようよう、一緒に受講してる方々ともうちてけてきて、ひとりなぞ、な、なんと、まだ十代であるのを知り、一同、驚嘆のあまり「ひょえ~~っ!」 思わず、のけぞったり

唯一の男性(20代半ば)が、意外なライセンスや各種、特技をもっていらしたり、地元の裏技情報や、ヨモヤマ話も、どんどんイイ感じにできるようになった分… なんとも残念無念。

さてさて、今回は、とくに午前中。待望のお食事に関する、さまざまな試みをさせていただき、またまた発見の嵐!でした。(午後は、歯磨き編ね)

でも、ある意味で、この時期に「食事」ってカリキュラムの組み方も、心憎いものがありますよね。これが2回目3回目とか、全員して緊張でガチガチの頃では、また違った印象になったように思わて。(とくに、それぞれの“味の差”なぞ、分からなかった気がする…)

具体的には、各自が持参したお弁当を、「ベッド上で食べさせてもらう」、「舌を動かさず食べてみる」「目隠しして、相手にナビしてもらい(最初以外、触ってはイケナイ)手探り状態で、いただく」。「利き手を封印して食事」… そして最後、「普通に食べてみる」

ってな経験をしたのですが、それぞれで見事なまでに、味が全然、違~う!んですよ。ほとんど感動的であり、驚きでした。舌を動かず食べるのは、まず不可能! びっくり。(麻痺がある方の実際を、疑似体験)

結果からいうと、あらためて食事とは、五官をつかってはじめて成立するものなんだなぁ、と再確認させられました。第一「視界をシャットアウト」しただけで右往左往。まったく「食べた気がしない!」んですもの。というか、あまりの困難に、途中で諦める者、続出…

どんなに楽チンそうに見えても、他人に「食べさせてもらう」食事の味気なさときたら… うむうむのむ。改めて、思い知るばかり。

いろいろな意味で、大いに考えさせられる「意味のある授業」だった気がします
以後、食に関する諸々の「見方」さえ、変わりそうに思われて
[PR]
by noho_hon2 | 2006-03-14 10:27 | ファッション | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://perple.exblog.jp/tb/2983709
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by きらら at 2006-03-14 21:29 x
こんばんは☆
ねえ~♪最後の頃になると皆さんと~っても仲良くなるんですよね~♪
同じ釜の飯・・・みたいな感覚なのかもですね

目で見て 自分の手で 自分の食べ方で 食べたいように食べられる幸せ
・・・・ね☆
Commented by noho_hon2 at 2006-03-15 08:26
そうなんです。きららさんにうかがって以来、ず~っと楽しみだった、お食事の授業… まさに「その通り!」でした。たしかに「同じ釜の飯・・」経験以降、距離が、ぐぐ~んと接近した気がします。 改めて「自分で食べられる」ことって幸せなんですね。…実感!
<< 御飯はバロメータ ああ、勘違い >>


折々で感じたままに書いてます。心に残ったものレポート
最新のトラックバック
貴族探偵 #02
from 刹那的虹色世界
「釣りバカ日誌(2)」1..
from ドラマでポン
「人は見た目が100パー..
from ドラマでポン
貴族探偵 第2話
from ドラマハンティングP2G
貴族探偵 第2話
from レベル999のgoo部屋
貴族探偵 第2話
from レベル999のgoo部屋
貴族探偵 第2話
from ぷち丸くんの日常日記
最新のコメント
カテゴリ
最新の記事
記事ランキング
以前の記事
メモ帳
「のほほん日和」
(04年9月~05年9月)