Shall we ダンス?
e0080345_18245731.jpg「何度みても、面白いものは面白い」というキーワードからすると、文句なしに、この作品ですよね。傑作は、キャスティングをはじめとして、いろいろな意味で、奇跡に近いような偶然でもって、諸々が集まってるのを実感してしまふ…

「きっかけ」となる「会社帰りに、電車の窓から偶然、見かけた憂いを秘めた美女に心惹かれ…」という導入部も、なんともいえず、素敵♪ 日常の半歩先にある夢の、まさにお手本のような… と感じてしまいます。

とくに女性陣の個性が「かぶってない」のがイイですよね。たま子先生の、上品で温かみのある存在感と指導ぶりも、じつに絶妙だし

今みると、主人公を演じる役所広司が、本当にうまいうまい… ちょっとシャイで、さえないサラリーマンという設定も、それこそコロンボのコートが天下の逸品・バーバリーならでは、であるがごとし。名優ならではの味ですよね。

どんどん上手になり、急に生き生きしてくるあたりとか、本当に心憎いばかり。あるいは、微妙な照れや清潔感は、彼以外、考えられないほど。

怪演・竹中直人と渡辺えり子なぞ「持ち味が最大限に生きてる」し。

じつは、映画公開時。キャンペーン活動してた周防監督の対談をラジオで聞いたのですが、ダンスという存在が琴線に触れて以来、1年がかりで脚本を書いたこと。そして、草刈民代を筆頭に、地道に出演者を探して交渉。「(ダンスが)次第にうまくなっていく過程も、うまく作品として活かしたい」と、半年以上かけて撮ったこと、などなど。今もすっごく印象に残ってます。

そういう地道な努力、丁寧な仕事こそが「時を越える」んだなぁ、と実感。

映画の公開から10年。街角で、よく見かけ??だった、ダンスの衣装屋さんの意味も分かり(本当に、意外なほど多い!んですよ)

我家も、テレビが大きくなり、画面がクリアになり… すると、ますます細部にまで目がいくようになって新鮮。改めて「丁寧に作られた作品なんだなぁ…」ってことを実感してしまいます。脚本はもちろんのこと、画面の隅々から細かな小道具に至るまで、計算されつくされてますもんね。

何度みても釘付け。そしてテレビ前で手に汗握り、ワーワー、そして、うっとり。
娯楽作品は、こうでなくっちゃね。
[PR]
by noho_hon2 | 2006-03-28 18:33 | 映画 | Trackback(1) | Comments(2)
トラックバックURL : http://perple.exblog.jp/tb/3095978
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Tracked from バーバリー・ゼニア・コー.. at 2006-04-07 10:52
タイトル : バーバリーのコートを…
バーバリーとゼニアのアイテムを中心に、クラシックなものや、モーダな逸品を紹介します。... more
Commented by kei☆ at 2006-03-29 16:37 x
日本映画はホラーをボ~ッと観るくらいしかしないのですが、
この映画は別!大好きです!!テ
レビでやるたび観てしまいます~。
出演者たちが、またみんな味があっていいんですよね~。
…それにしても、コート、バーバリーだったんですか!
Commented by noho_hon2 at 2006-03-29 18:49
じつは、kei☆ さんの「ホラー映画が好き」からイメージが膨らみ、上の「それぞれの、すっきり回路」を、書かせていただきました(;^◇^;)ゝ

そうなのそうなの。これぞ、まさに娯楽作品の王道!ですよね。出演者達が、じつにイイ味だしてること。それから、ゴメンなさいゴメンなさい、私の書き方がまずかったです。コートはコロンボのことです。 「逸品(名優)ならではの味」の比喩でして… 直しておきますね。

<< およよっ タイガー&ドラゴン 再放送 >>


折々で感じたままに書いてます。心に残ったものレポート
最新のトラックバック
木曜劇場『セシルのもくろ..
from レベル999のgoo部屋
木曜ドラマ『黒革の手帖』..
from レベル999のgoo部屋
「ハロー張りネズミ」第5..
from Kanataのお部屋へようこそ
「コード・ブルー~ドクタ..
from Kanataのお部屋へようこそ
セシルのもくろみ #06..
from ぐ~たらにっき
遺留捜査 第4シリーズ(..
from ディレクターの目線blog@..
黒革の手帖 (第5話・2..
from ディレクターの目線blog@..
最新のコメント
カテゴリ
最新の記事
記事ランキング
以前の記事
メモ帳
「のほほん日和」
(04年9月~05年9月)