プロフェッショナル
e0080345_17323547.jpg今回は、スタジオジブリのプロデューサー、鈴木敏夫が取材されてたのですが…

その、一見。力が抜けていながら、抜群の眼力と知らない間に周囲を動かすパワーはもとより、なにげない細かなエピソードが興味深かったです。

特に、あの「千と千尋の神隠し」のアイディアのもと、は、な、なんと、キャバクラお姉さんのオハナシだったんですってね。

意外なことに、この方面にたずさわる方には、少々、シャイで引っ込み思案な子が多く、しかし、そういうお仕事をすることによって、能力が開拓され、本来の生きるエネルギーが回復することがある… みたいなエピソードに「へ~ぇ」と感心してしまいました。

いや、すごく分かるような気がしてね。それこそ自らに「オシゴトです」と号令する、というか、今の語でいうなら「キャラを演じる」ことによって、違う面が引き出されることって、まま、ありますもんね。

じつは、鈴木氏。今のたぐいまれな「人を動かす」能力も、じつは20代の自信満々だった頃の挫折経験。「あんたは、ただ、器用なだけだ(巧いだけの文章は、いくらでも替えがいる)」と指摘され、それが転機となって「人の力を発揮させる」方面にめざめた、とのこと。

とくに、マイナー時代の「アニメージュ」をして、当時。スタッフに、だ~れも専門家がいなかったことから、そういう方面に造詣が深い大学生に「ページをまかせた」ってのは、じつに痛快。(相手の情熱と、自分の編集力を合体させる、って発想がすばらし~っ)

そこから、宮崎監督との出会いもあり、あのナウシカもできた訳だし。

あの松下幸之助も、自らが病弱で学歴がなかったことから、逆に「人を動かす」すべを会得した部分に似てる気がして… 面白いなぁ、と感じてしまったのでした。

意外と、ずば抜けた人って、じつは欠点を追い風にした方、なのかもしれませんね。
[PR]
by noho_hon2 | 2006-04-07 17:55 | テレビ | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://perple.exblog.jp/tb/3172376
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
<< MacでWindowsが動く! RPGが教えてくれた >>


折々で感じたままに書いてます。心に残ったものレポート
最新のトラックバック
ボク、運命の人です 第2話
from ドラマハンティングP2G
孤独のグルメ Seaso..
from ディレクターの目線blog@..
4号警備 TOP
from ドラマハンティングP2G
マッサージ探偵ジョー (..
from ディレクターの目線blog@..
「母になる」母10年の空..
from オールマイティにコメンテート
犯罪症候群 Season..
from ディレクターの目線blog@..
ボク、運命の人です。 (..
from ディレクターの目線blog@..
最新のコメント
カテゴリ
最新の記事
孤独のグルメ Season6..
at 2017-04-23 15:36
マッサージ探偵ジョー 「アイ..
at 2017-04-23 06:41
4号警備 第3話
at 2017-04-23 06:32
犯罪症候群 Season1 ..
at 2017-04-23 06:24
ボク、運命の人です 第2話
at 2017-04-23 06:12
記事ランキング
以前の記事
メモ帳
「のほほん日和」
(04年9月~05年9月)