それぞれの視点
e0080345_1729814.jpg数年前、いっとき絵を習いにいってたのですが、その時の講義で、人はモノ(の境界線?)を認識する時、「線でとらえる」か「色でとらえる」かのどちらか一方で、両方は、ありえないって説が、たいそう印象に残ってます。

といっても、科学的な云々の解説は無かったのですが、達人なる重鎮先生に「じつは、そ~なのですよ」と力強く断言されると、思わず納得。

昔から雑誌好きで、ラジオを聴きながら、ほげら~っと眺めるのが大好きです。特に目がなかったのは、街頭スナップの類。よって、部屋に置いてたら…

学生時代。クラスメイト(ズゲズゲ男子達)が、同じページを眺めて、「顔しか見てない」というか、プリティかセクシーか。もしくは「好み」であるか無いか、しか判断基準にない単純さに、ゲゲッ。女性陣して「や~ね~っ」とクチをとがらせた記憶あります。

なにより、「可愛い」の解釈が、大きく食い違うんですもの!ガーーン

それに、男の子って面白いですよね。ワンちゃんじゃないけれど、同性と見ると、年齢や境遇を問わず、必ず「買った負けた!」と、勝負したがる、というか、自分より上か下かジャッジせずにはいられないとは。雑誌を見てもテレビをみても… みんなして、口々に叫ぶのにアングリ。これまった、女性からみると、きわめて不思議な現象でした。

思わず、追求すると、「そこんとこがキチンとしてないと、生理的にキモチわるいから」との回答に、パチクリ。ちょっとした、別のイキモノなんだなぁ、と感じてしまうばかり。

でも、たとえ同性で、同じものを見ても「関心をおぼえるもの」と「見る順番」が全然、違うのね、と感心させられたのは、いっときセレブなオトモダチ集団と交流があったとき。同じ通販冊子をみても、「まず、貴金属類から真っ先に」見て盛り上がってたのに、「へ~ぇ」だったのでした。

昨今のブログ・ブーム、というか人の文章が興味深いのは、じつは、そこあたりの視点の違い、というか「をを、そうなのか!」部分なのかもしれませんね。そのツボによって、よりどりみどり、って部分も、ブームに拍車をかけてるのかもしれません。興味深いなぁ
[PR]
by noho_hon2 | 2006-04-24 18:08 | 雑感 | Trackback(1) | Comments(2)
トラックバックURL : http://perple.exblog.jp/tb/3293348
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Tracked from セレブファッション@2b.. at 2006-06-23 13:16
タイトル : 2bfreeとは
ご迷惑の方は削除してくださいね。2bfreeとはジェシカシンプソンも愛用!パリスヒルトンも大好きで、全色買い占めちゃったった2BFree。 ... more
Commented by きらら at 2006-04-24 22:31 x
こんばんは☆
冒頭のお話の部分だけのコメントになってしまいますが・・・
私は何でも「色」で見ているようです
人の名前も 数字も 言葉もみんな・・・・
なので「同じ色」の名前は時に呼び間違えたり・・・
何だかへんてこりんでしょ?
数字の色は 小さい頃から感じてました
誰もが知ってると思ったので
隣の席の男の子に聞いてみたら「色?あるで~」
やっぱ みんなあるんだ!って嬉しくなって 色を聞いてみたら
私の思ってる色と全く違っててがっかり・・・・・
で「人に聞いちゃいけないんだ」って思った覚えがあります
小三のときだったっけなあ・・・・・・・・・☆
Commented by noho_hon2 at 2006-04-25 07:41
きららさん、こんにちわ。私も、うまく表現や説明はできないものの「非常に感心した」情報だけに、思わず記してしまいました

それだけに、「そうなのそうなの。そういう感覚について、とても不思議に感じるり、興味があるんですよ~~っ!」と「私の場合」を説明してもらえて、とても嬉しかったです。また、頭の整理がでいたら、再びとりあげてみたい、大きなテーマです。個人的には、きららさんの感覚、全くウリではないものの、すごく分かる気がして…
<< 真央ちゃんCMに思う 原作と映像化 >>


折々で感じたままに書いてます。心に残ったものレポート
最新のトラックバック
映画「青空エール」
from FREE TIME
おんな城主直虎第33回「..
from 森の中の一本の木
警視庁いきもの係 第7話
from レベル999のgoo部屋
日曜劇場「ごめん、愛して..
from レベル999のgoo部屋
大河ドラマ『おんな城主直..
from レベル999のgoo部屋
土曜ドラマ『ウチの夫は仕..
from レベル999のgoo部屋
青空エール
from 銀幕大帝α
最新のコメント
カテゴリ
最新の記事
記事ランキング
以前の記事
メモ帳
「のほほん日和」
(04年9月~05年9月)