NANA
e0080345_1640726.jpgこの作品。原作 → アニメ → 映画 という順番に見たのですが

それぞれ「ああ、それぞれのメディアならでは特徴を活かし、気合い入れて作ったなぁ…」と感心してしまったのでした。

ファン層も熱烈だけに、その期待にこたえようとする、製作者側の意気込みをヒシヒシ。

基本的に、可能なかぎり原作に忠実に仕上げてあったせいか、最初。原作をささっと読んだ際は分からなかった、矢沢あいの卓抜したセンス良さに脱帽。

ファッションから小道具、シチェーションから台詞に至るまで。売り上げ部数、計3000万部以上の、大ヒット作品の底力を見せつけられる思い。…改めて、凝りに凝ったディテールだったんですね。

ただ、純粋な映画ファンにとっては、原作を読んでないと、やや、置いてきぼり感がなかったかしら? とか、女性むけエンターテイメントだけに、男性には少々、感情移入しにくいかも、との懸念も。

キャラ的には、かぎりなく「イメージ、そのもの!」だけど、本職の役者さんでない、中島美嘉の演技力、等々に、やや疑問視の声もあったみたいですが、個人的には「その存在感と歌唱力だけで、充分よ♪」と感じてしまいました。

それに、平凡なナナこと小松奈々を、期待のホープ。宮崎あおいが演じることによって、より魅力的になり、才能と情熱を秘めた、クールなナナ。大崎ナナと、お互い。魅力をひきたてあってたような気がして。

朝の連ドラ、ヒロインに抜擢されて絶好調!なのも、よく分かる気がしました。

世間的には熱望されてるだろうけど、あえて続編は作らず、ドロドロする前。ここで、キレイに終わった方がベターに思えてしまう私は、やや、アマノジャク…かな? (^。^)ヾ
[PR]
by noho_hon2 | 2006-08-01 17:23 | 映画 | Trackback(2) | Comments(2)
トラックバックURL : http://perple.exblog.jp/tb/3914712
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Tracked from 欧風 at 2006-08-01 19:56
タイトル : NANA-ナナ-
9月3日、世の中の人が誰も知らない中ひっそりとT-JOY大泉で行われてた、勝手に「INDYデー」(映画3作品6時間耐久鑑賞レース)、1作品目「サマータイムマシンブルース」、2作品目「奥さまは魔女」と、面白かったんで途中寝ることもなく順調にこなしたINDYですが、トリを飾ったのがこの作品、「NANA-ナナ-」。 実を言うと今回の3作品の中では一番観たかったんですよね~。ちゃんと前売り買ってたし。こんだけバカみたいに映画を観まくってる割には、不思議と映画館の予告編では観なかったような気がするのですが、女... more
Tracked from ★☆カゴメのシネマ洞☆★ at 2006-08-05 13:50
タイトル : ★「NANA」、無くて良いよ…★
「NANA」(2005) 日本 監督:大谷健太郎製作:近藤邦勝プロデューサー:中沢敏明 久保田修企画:濱名一哉原作:矢沢あい 『NANA』脚本:浅野妙子 大谷健太郎撮影:鈴木一博美術:磯田典宏出演:中島美嘉 宮崎あおい成宮寛貴 松山ケンイチ 平岡祐太 他、いつもなが...... more
Commented by カゴメ at 2006-08-05 14:03 x
TB、感謝です♪
原作は読んでないんですが、かなり多くの人が絶賛してるんで、
きっと相当良いのであろうと思ってるですよ、原作は・・・。
しかし、あくまで映画として観ると魅力感じない作品でありました…。
Commented by noho_hon2 at 2006-08-15 11:54
カゴメさん、こんにちわ。じつはカゴメさん情報が、とても興味深く、かなり「心の準備」をしてた部分もあったので、バランスよく見る事ができた気がします。ありがとうございます。たしかに、初めて純粋に“映画から見る”分には、「……」なキモチも、とてもよく分かる気がしたのでした。
<< 亀田人気、レコード大賞をもKO 表紙も世につれ >>


折々で感じたままに書いてます。心に残ったものレポート
最新のトラックバック
木曜劇場『セシルのもくろ..
from レベル999のgoo部屋
木曜ドラマ『黒革の手帖』..
from レベル999のgoo部屋
「ハロー張りネズミ」第5..
from Kanataのお部屋へようこそ
「コード・ブルー~ドクタ..
from Kanataのお部屋へようこそ
セシルのもくろみ #06..
from ぐ~たらにっき
遺留捜査 第4シリーズ(..
from ディレクターの目線blog@..
黒革の手帖 (第5話・2..
from ディレクターの目線blog@..
最新のコメント
カテゴリ
最新の記事
記事ランキング
以前の記事
メモ帳
「のほほん日和」
(04年9月~05年9月)