電車男
e0080345_17294658.jpg想像以上に良くて、我家では大ウケ!でした。

本当にうまく作ってましたよね。

原作、ドラマ、舞台中継と、バージョンを各種、チェックしましたが、現代のオトギ話の醍醐味が、映画版では最大限に活かされてる気がしました。

とくに、キャスティングがグー。
やはり、中谷美紀、ヨイなぁ… 雰囲気といい、喋り方といい、じつに素敵♪

セカチューは、どちらかというとドラマ・バージョンに軍配だったけれど、この場合は、映画がヨカッタかな?

余談ながら、小道具として、「クリエ」TH55が大活躍してたのが(主人公が、メモ代わりに頻繁に見てた分ね)、我家では、大興奮のあまり、ヤンヤ!!
[PR]
by noho_hon2 | 2006-09-17 07:16 | 映画 | Trackback(5) | Comments(6)
トラックバックURL : http://perple.exblog.jp/tb/4165064
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Tracked from なるようになる! at 2006-09-20 13:20
タイトル : 電車男
電車男 スペシャル・エディション 映画版借りて見てみたかったので、TVでやってくれてよかったです(^0^)/ ・大杉蓮が酔っ払いの役ーっ!?意外です! ・かっこいいリーマンは出てこないのか? ・ネットの住人、瑛太、岡田義徳、国仲涼子、木村多江、佐々木蔵之介って豪華だろ!?ドラマも豪華でしたが。 ・山田孝之のオタクっぷり、結構はまってますね。役者ですね〜。 ・髪や服を整えるだけで見違えちゃう。それは山田孝之だからっ!伊藤淳史じゃこうはならないもんね〜(^_^;)まぁ伊藤淳史のがリアル...... more
Tracked from 新・ぴゅあの部屋 at 2006-09-20 23:22
タイトル : 映画:電車男
2005年 村上正典監督 「電車男」(★☆☆☆☆) う・・・ 最初から重苦しい雰囲気で、テンション低い・・・ 電車男がリアルにオタ臭いから、引いちゃうよ(^^; シリアス路線を目指したんだろうけど、 TVドラマのマンガっぽいバカバカしいノリのほう...... more
Tracked from 気になる言葉 at 2006-09-21 14:17
タイトル : 中谷 美紀
中谷 美紀(なかたに みき、1976年1月12日 - )は、日本の女優、歌手。スターダストプロモーション所属。東京都東村山市出身。血液型はA型。称号はフランス共和国のボージョレーワイン委員会とフランス食品振興会認定コンパニヨン・デュ・ボージョレー騎士。 ... more
Tracked from 京の昼寝~♪ at 2006-09-23 10:03
タイトル : 『電車男』
■監督 村上正典■脚本 金子ありさ■原作 中野独人(「電車男」)■キャスト 山田孝之、中谷美紀、国仲涼子、佐々木蔵之介、大杉 漣、西田尚美   電車内で暴れる中年おじさん(大杉 漣)から若い女性を救った、ヲタク青年22歳(山田孝之)。 彼女いない歴=年齢の彼は実家在住のシステムエンジニアで、見るからにヲタクを地でいくタイプ。 電車で助けたその女性(中谷美紀)からお礼に高級ブランドのエルメスのティーカップをもらうも、どうしていいかもわからない。 そして、そのお礼のお礼に彼女をデートに誘うべく、モテない...... more
Tracked from 伊達でございます! at 2008-01-21 23:06
タイトル : フジテレビ「土曜プレミアム」〜電車男[2005年・日本]
時間のわりには長さを感じさせず、短編のようなまとまりを感じました。付箋だらけのカタログを見て引いてしまうか、うれしく感じるかが、ふたりの相性になるのでしょうね。... more
Commented by 雛子 at 2006-09-17 16:28 x
漫画とドラマしか知らないですけど…面白いですね〜。
あ!でも、本を娘が買って来て読んだんですが、思った程劇的じゃなかったので、「ふ〜ん、現実は、こんなモンかぁ」と思いました。
表現の方法によって、感想も変わりますよね。
Commented by noho_hon2 at 2006-09-17 17:38
そうだっ、漫画版を忘れてました(^^;)ヾ>雛子さん
私達は原作(ネット)から先に読み、不思議な興奮があったので、その時の臨場感は映画版が最も近かったかなぁ、と、ふとね。
同感同感。表現法によって随分、印象や感想は変わりますよね
Commented by みふゆ at 2006-09-17 22:04 x
電車男は今のところどれも見ていないのですが、中谷美紀、きれいですよねえ…

映画の「壬生義士伝」で、不細工な女の人役だったのでぶったまげてしまいましたが(^^;
Commented by noho_hon2 at 2006-09-18 07:59
とにかく、ヒロイン役に中谷美紀がハマってました(といっても、原作自体で「中谷美紀似」になってるので、オファーは半分、洒落っ気だった模様ですが)>みふゆさん。

あらま、「壬生義士伝」では、そのような役柄にチャレンジしてたのですか。知りませんでした。最近、意欲作への活躍めざましく、目が離せない女優さんですよね (^。^*)
Commented by みふゆ at 2006-09-18 23:39 x
「壬生義士伝」での中谷美紀の役は、斎藤一が京都に囲っていた女の人でした。
原作では不細工な女性となっていたのですが(斎藤が外見の美しさを好まなかったらしい)、映画のキャストを見たときびっくり!設定変更かと思っていたら、斎藤(佐藤浩市)の台詞に「しこめであろう」というのがあって、やっぱり原作どおり?おいお~いって思いながら見てました。
でも、悲しい結末…ううん、潔い最期を遂げた女性でした。
Commented by noho_hon2 at 2006-09-19 08:39
なんだか、中谷美紀のチャレンジ精神というか、女優魂!を見る思いがするエピソードですね>みふゆさん。ちょっと前の「嫌われ松子の一生」を演じてのけたガッツといい、エライなぁ… でも、願わくば、美しい俳優さんは、それだけで、恵まれた大きな天分なので、「時分の花を最大限に発揮する!」役柄を選んで欲しいような気がするのでした。
<< 名機と王子 鳥とカボチャ >>


折々で感じたままに書いてます。心に残ったものレポート
最新のトラックバック
フランケンシュタインの恋..
from ぐ~たらにっき
フランケンシュタインの恋
from Akira's VOICE
おんな城主直虎 第25話..
from 平成エンタメ研究所
フランケンシュタインの恋..
from ディレクターの目線blog@..
蜜のあわれ  監督/石井..
from 西京極 紫の館
MONSTERZ モンス..
from 西京極 紫の館
マッサージ探偵ジョー (..
from ディレクターの目線blog@..
最新のコメント
カテゴリ
最新の記事
記事ランキング
以前の記事
メモ帳
「のほほん日和」
(04年9月~05年9月)