似た者夫婦
e0080345_17431125.jpgラジオを聴いてたら、三浦友和が対談に応じてて、そのオハナシが興味深かったです。

インタビュアーが「今後、どんな役を演じてみたいですか?」と、ありがちな質問をしたとき、

「とても個人的な見解ですが…」と前おきした上で「自分は、役者は役を選ぶ立場にない、と思ってるんですよ」と、のこと。

どんな役でも、“自分を思い描いてくれた”相手がいること自体が、きわめて光栄なこと。だから、その期待に「全力を尽くして応えるのみ」と断言した口調の潔さ。その、プロ根性と誠実さに「へ~ぇ」と感じてしまったのでした。

最近、再放送された「HERO」の最終話。彼をゲストに迎えてた回が、とてもイイ出来で、その存在感たるや、圧倒的。ちょっと前にみた、赤いシリーズの好青年ぶりとは、また、ひと味違ったオーラがでてきてるのに、感心したのですが、しみじみとエライなぁ、と感服してしまうばかり。

そして「…ん、気のせいか、似たようなオハナシを聞いたことあるような…?!」

よく考えてみたら、阿木燿子が、なにかの対談企画。山口百恵と仕事した際のエピソードを披露してたのですが、彼女の、若いながらも徹底したプロ根性を語る際、まったく同じようなことを言ってたような気がして「なるほどなぁ…」。ひどく納得させられるものがあったです。

ある意味で、惹かれた理由と、仲の良さが続いてる理由は、そのあたりにあるのかもしれませんね。

いろいろな意味で、ちょっと、しみじみ…
[PR]
by noho_hon2 | 2006-09-25 18:03 | 日々のメモ | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://perple.exblog.jp/tb/4209490
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by 晃弘 at 2006-09-26 09:19 x
おはようございます!

夫婦で同じこと言ってたんですね☆
役者自身が選ぶんじゃなくて、「この役は、彼にふさわしい」のように選んでくれた人に応えて、全力で演じきるということでしょうかね。
生涯の伴侶とは、仕事の価値観が似ていることも重要ですね(笑)
勉強になりました(^_^)
Commented by noho_hon2 at 2006-09-26 11:05
こんにちわ、晃弘さん
そうなんですよ。山口百恵の場合。当人自らが言ってた訳ではないのですが、当時のスタッフの証言に、改めてウリな要素を感じてしまい、「をを、そうだったのかぁ!」 思わずドキドキしてしまったのでした。

価値観や、ふとしたツボが似てる… ってのは、ものすごくポイント高いのかもしれませんね
<< カシュクール エプロン 使用感 カシュクール エプロン >>


折々で感じたままに書いてます。心に残ったものレポート
最新のトラックバック
監獄のお姫さま (第1話..
from ディレクターの目線blog@..
火曜ドラマ『監獄のお姫さ..
from レベル999のgoo部屋
水曜ドラマ『奥様は、取り..
from レベル999のgoo部屋
奥様は、取り扱い注意 第..
from MAGI☆の日記
奥様は、取り扱い注意 第..
from ぷち丸くんの日常日記
奥様は、取り扱い注意 (..
from ディレクターの目線blog@..
明日の約束 第一話
from レベル999のgoo部屋
最新のコメント
カテゴリ
最新の記事
記事ランキング
以前の記事
メモ帳
「のほほん日和」
(04年9月~05年9月)