羽生王座15連覇、歴代2位
e0080345_18222946.jpg少し前の番組で、羽生善治にスポットを当てた企画が興味深かったのですが

登りつめたあと、なおも勝ち続けること。
あるいは、いったん、トップの座を譲ったあとに、再び、それを奪回すること。

そして、それを守り続けるのって、並大抵のことじゃないですよね。

このニュースを見たとき「そうか、今は“名人”でなく、“王座”と呼ばれてるのね」とか、「こんなに凄い記録なのに、それでも、まだ上がいたなんて…」と、そのことに驚いてしまいました。

でも、しみじみと快挙!です。
この若さで、偉いです。思わず、ふかぶか~~っ
[PR]
by noho_hon2 | 2006-09-28 18:28 | 日々のメモ | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://perple.exblog.jp/tb/4224847
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by kylyn_3 at 2006-09-28 23:55
♂=将棋のタイトルには、
    ・名人
    ・竜王
    ・十段
    ・棋聖
    ・王将
    ・棋王
  の6つがあります。

  羽生さんは一時「王将」以外のタイトルを持っていて「五冠」
  と呼ばれていた時期もありました。

  ワタシも将棋を指しますが、
  プロの一手の意味がさっぱり分からない時があります。  

>>SEP/28/'06(THU); Written by "Kylin"
Commented by noho_hon2 at 2006-09-29 08:45
こんにちわ、kylyn_3 さん。なるほど! 説明されて、初めて分かりました。じつは、この名称は将棋タイトルの名前で、 「五冠」というのは、そういう意味だったんですね。先日の放送でも「その一手に込められた思い(このレベルになると、常に新しい可能性を模索している模様)」ってのに、感慨深いものがありました。

勝負士のもつ、独特の気配や空気には、興味おぼえるのですが、詳細はまったく知らなかった私… 本当に、ありがとうございました。
<< 内田彩仍バッグ (黒) またまた、お騒がせ。亀田親子とTBS >>


折々で感じたままに書いてます。心に残ったものレポート
最新のトラックバック
「緊急取調室 SECON..
from 三毛猫《sannkeneko..
貴族探偵 #06
from 刹那的虹色世界
貴族探偵 第6話
from レベル999のgoo部屋
貴族探偵 第6話
from ドラマハンティングP2G
貴族探偵 第6話
from ぷち丸くんの日常日記
アリス・イン・ワンダーラ..
from ★yukarinの映画鑑賞ぷ..
「4号警備」~最終回 ☆..
from ドラマでポン
最新のコメント
カテゴリ
最新の記事
記事ランキング
以前の記事
メモ帳
「のほほん日和」
(04年9月~05年9月)