Mr.インクレディブル
e0080345_17211758.jpgいかにも、ピクサーらしい、痛快活劇の長編アニメーションとして、じつに「よくできて」ました。

後半。家族が一致団結し、それぞれの特技をフル活用して、敵にたちむかうのですが、個人的には、往年の名作ゲーム。「ドラゴン・スレイヤー」を連想したりしてね。

(「ドラゴン・スレイヤー」は、お父さんが力持ちで、妹は、うんと高くジャンプできたり… それぞれの持ち味が違い、できること。いけるエリアが、それぞれ異なるのが味でした。とくに音楽がマル)

どこかで聞いた説。あちらのアニメーションは、より立体的で、基本は人形劇。日本のアニメは、どこか浮世絵チックで、平面的… って指摘を、ますます実感してしまうばかり。

さりげなくも、動きのひとつひとつからディテール、細部に至るまで、凝り懲り… その技術力には、目を見張るばかり!

ただ、前半の「特殊能力をもった者は、むしろ現実社会では苦労する」って要素は、「シザーハンズ」のほうが、より共感しやすかったかな?

あと、野暮天ながら、敵役のシンドロームが、ちょびっと気の毒でもありました。もともと、ヒーロー時代の彼の大ファンで、すこしだけ不器用な少年、だっただけなのにね。ああ、その屈折パワーを、少しだけ違う方向に向けられたら…

細かい点では、長女。ヴァイオレットの成長が素敵でした。

日本語吹き替え版は、三浦友和、黒木瞳、綾瀬はるか。「雨上がり決死隊」の宮迫博之まで参加してたとは… あとで知ってビックリ
[PR]
by noho_hon2 | 2006-11-08 17:32 | 映画 | Trackback(2) | Comments(0)
トラックバックURL : http://perple.exblog.jp/tb/4510980
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Tracked from Share The Fu.. at 2006-11-18 21:56
タイトル : Mr.インクレディブル
母が会社の同僚から借りてきたというだけで、 始めはまったく興味のなかった『Mr.インクレディブル』。 字幕派のhiroが、吹き替えで見ることなんてほとんどないのですが、 どうしてか、今回は吹き替えを大いに楽しんでしまいました。 いやね、黒木瞳サンのお母さん役がハマってて楽しめました。 以下ちょっとネタばれです。ゴメンなさい。 ↓↓ネタばれ↓↓ 『ボクはMr.インクレディボーイさ!』とか言ってた子供があんななっちゃうとはね。 子供に一言キツイこと言うときにはスーパー...... more
Tracked from 京の昼寝~♪ at 2006-12-08 08:22
タイトル : 『Mr.インクレディブル』
■製作総指揮 ジョン・ラセター ■製作 ジョン・ウォーカー ■監督 ブラッド・バード ■キャスト(声) クレイグ・T.ネルソン ホリー・ハンター サミュエル・L.ジャクソン スーパー・ヒーローの黄金時代-。 彼らは世界中で数々の危機を救っていた。 しかし、15年前…その破壊力に満ちたスーパー・パワーが、一般市民の被害を拡大していると訴えられ、“敗訴”。 今後、スーパー・ヒーローとして活躍する事を禁じられ、今では退屈な日々を過ごす、保険会社のクレーム担当係。 そんな彼には同じくスーパー・ヒロインとして活...... more
<< 学校へ行こうMAX 幸せのクッション (青春スケッチ) >>


折々で感じたままに書いてます。心に残ったものレポート
最新のトラックバック
明日の約束 (第6話・2..
from ディレクターの目線blog@..
明日の約束 第六話
from レベル999のgoo部屋
火曜ドラマ『監獄のお姫さ..
from レベル999のgoo部屋
デスノート Light ..
from 象のロケット
【監獄のお姫さま】第6話..
from ドラマ@見とり八段
監獄のお姫さま 第6話
from ぷち丸くんの日常日記
「デスノートLight ..
from ノルウェー暮らし・イン・原宿
最新のコメント
カテゴリ
最新の記事
記事ランキング
以前の記事
メモ帳
「のほほん日和」
(04年9月~05年9月)