スイッチ (ローカル苦手は変化する?)
e0080345_845355.jpgおもえば、実家の母のキャパの狭さは、ある意味。かなり、ダイナミック(!)でした。

電気類は、すべて「ビリビリ、嫌いっ!」だし、遊園地でも、Gのかかる乗り物類は、すべて苦手で逃げ回り、格闘技や、おちゃらけ系・バラエティ番組には、渋い顔。

流行ファッションの斬新要素は、例外なく「なんか、変!」だし、歌番組の舞台衣装や、ドラマの最先端ファッションなぞ、容赦なく、けちょんけちょん。アイドルの大半は「どこがイイのか、さっぱり分からない」の一点張り、なんですもの (^。^;)ヾ

とくに「ひとこと、もの申す」だったのが、怪獣のルックスと、お猿さんの人間真似。
亡くなられた方の、ありし日の元気映像・リフレインには「…お母さん、抵抗感。思わない?」と、同意を求めるのが、ほとんど、イッツ・オートマチック。

でも、救いは、なんか、その苦手っぷりのリアクションが、じつにユーモラスだったんですよね。笑えるものがありました。

こういう苦手意識って、トシとともに変化するのかな?

どうやら、昔の写真をみると、母も娘時代は、流行ルックに身をまとってたみたいだし… (けっこう、感動おぼえた)

私も、模試帰り(小6)。偶然、友人達だけでいった遊園地でジェットコースターにめざめ、けっこう好きで乗ってたんですが、ある時点から急にダメになりました。

チビの頃は、学習漫画。「人体の神秘」を、興味深くみていたのに、いまでは、コロンボじゃないけれど「血がダメで…」状態だもんなぁ。トホホ

ひとの意識も、「働きマン」じゃないけれど、どこかにスイッチがあって、急に変わるもの、なのでしょうか?

(ヒロイン。松方弘子に一度「男スイッチ」が入り、仕事モードに入ると「働きマン」となり、その間の寝食恋愛衣飾衛星の観念は消失してしまう)

かわらない部分と、刻々と変化していくもの…
ちょっと面白いなぁ、と感じてしまったのでした
[PR]
by noho_hon2 | 2006-11-14 09:21 | 雑感 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://perple.exblog.jp/tb/4545982
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
<< バリでの出来事 刑事コロンボ 「忘れられたスター」 >>


折々で感じたままに書いてます。心に残ったものレポート
最新のトラックバック
「緊急取調室 SECON..
from 三毛猫《sannkeneko..
貴族探偵 #06
from 刹那的虹色世界
貴族探偵 第6話
from レベル999のgoo部屋
貴族探偵 第6話
from ドラマハンティングP2G
貴族探偵 第6話
from ぷち丸くんの日常日記
アリス・イン・ワンダーラ..
from ★yukarinの映画鑑賞ぷ..
「4号警備」~最終回 ☆..
from ドラマでポン
最新のコメント
カテゴリ
最新の記事
記事ランキング
以前の記事
メモ帳
「のほほん日和」
(04年9月~05年9月)