郵便配達は二度ベルを鳴らす
e0080345_17462034.jpgし、知りませんでした。じつは、この作品。実際に起こった事件をもとに、ジェイムズ・M・ケインが小説にして、一躍ベストセラーに。

3度、映画化され、ケイン自身も、自らが戯曲化し、ブロードウェイで上演されたんですってね。

ルキノ・ヴィスコンティ、初監督作品とは思えぬ、ものすごい完成度であります。とくに、キャスティングが、なんともいえず、絶妙!

女性は貧困からの脱出したくて「金時計に目がくらみ」中年男性と結婚した訳ですが、その生活は、いまひとつ、しっくりいっていません。そこに登場したのが、失業中で、放浪を繰り返してる青年… 

田舎のレストランで、若さと美貌をもてあます若妻。人がイイだけが取り得の、太ったオッサン。そこに登場したワイルドな魅力を放つ青年… この配置だけで、既に“事件の予感”プンプンですもんね。匂うぞ匂うぞ。鈍い私でさえも!

もしも、このオヤジさんが、カーネルおじさんか、ヒッチコックぐらい、風貌的に、人が良さそう過ぎると、気の毒すぎてシャレにならないのですが、ほどよくオヤジぃ、なあたり。そのバランスの匙加減が「…なるほどなぁ…」だったのでした。

一説では、このヒロインが、当時の監督の彼女だった、という噂もあるのですが、晩年の作品。とくに「ベニスに死す」の方から先に見てしまったせいか、青年が、いったんはレストランを離れ、放浪する場面があるのですが(でも、ますます彼女が忘れられない)

そこで出会った男性との顛末が、素朴な男同士の友情と呼ぶには、あまりにも濃厚な気配。邪推と思いつつも、なんだかドキドキだったのでした。ああ、私も俗ね (^ー^*)

とても60年以上前に製作された作品とは思えないパワーと普遍性。
改めて、映画のもつ生命力に、平身低頭

美人妻・不倫・詐欺・殺人事件… タブロイド誌的にも完璧です
昔も今も、人は「こういう要素に、つい心騒ぐ」んだなぁ、と
そういう意味でも、思わず (^。^;)ヾ
[PR]
by noho_hon2 | 2006-11-30 18:28 | 映画 | Trackback(1) | Comments(4)
トラックバックURL : http://perple.exblog.jp/tb/4649176
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Tracked from 銀河英雄伝説について知り.. at 2006-12-11 08:27
タイトル : 銀河英雄伝説について
"銀河英雄伝説について知りたい人のためのサイトでは、銀河英雄伝説ついて 簡単ではありますが、いろいろ調べてご紹介します。" ... more
Commented by topunk at 2006-12-01 10:14 x
「 郵便配達は二度ベルを鳴らす 」
大好きで何回も観ましたょ。
昔も今も、本質的に不倫願望があるのかも。
紫草さんは、理解のある旦那さん一筋だから・・・(^^ゞ
Commented by noho_hon2 at 2006-12-01 18:03
topunk さん、こんにちわ。やはり名作ですよね。誰しも、モテモテ願望はあるのかもしれません。我家は、のだめになつかれてしまった千秋よろしく、年端もいかぬ頃より、ゴロニャンされて、ごめんよぉ… なのでありました (^ー^;)ヾ
Commented by 中古車輸出業の実務講座 at 2006-12-07 10:45 x
DVDで久々に見ました
昔映画館でみた記憶がその頃の思い出と共によみがえりました
昔の映画が最近はDVDで安売りされてるからなつかしくてつい買ってしまいます
Commented by noho_hon2 at 2006-12-07 18:34
映画館で御覧になったとは… とてもとても雰囲気、だったでしょうね。なんて羨ましい!>中古車輸出業の実務講座さん(で、イイのかな?)

最近は、選ばれし名画がDVDで発売されてるので、オウチで、のんびり鑑賞するのも、違った意味で風情ですよね。逆に、往年の名画は、本当に「大したコンテンツ」なんだなぁ… と、その贅沢さに、改めて、しみじみ。
<< オズの魔法使い 女性誌モデルは美少年系?! >>


折々で感じたままに書いてます。心に残ったものレポート
最新のトラックバック
4号警備 総括
from ぐ~たらにっき
「緊急取調室 SECON..
from 三毛猫《sannkeneko..
貴族探偵 #06
from 刹那的虹色世界
貴族探偵 第6話
from レベル999のgoo部屋
貴族探偵 第6話
from ドラマハンティングP2G
貴族探偵 第6話
from ぷち丸くんの日常日記
アリス・イン・ワンダーラ..
from ★yukarinの映画鑑賞ぷ..
最新のコメント
カテゴリ
最新の記事
記事ランキング
以前の記事
メモ帳
「のほほん日和」
(04年9月~05年9月)