ALWAYS 三丁目の夕日
e0080345_17384551.jpgもともと、原作の大ファンだけに、こんな素敵な作品になるなんて… と、それだけで大感激!だったのでした。

「ニューシネマパラダイス」じゃないけれど、素直に、ほのぼの & ジーーンとできる名作ですよね。後半は、ずっと、うるうるうる…

最初は、ヒロミ役の小雪が、あまりにも平成美人すぎるので「…どうかなぁ…」と感じたのですが、監督自らが語ってた。「小津作品みたいに、立ち姿に、うんと雰囲気のある女優さんを配したかった。

(たしかに、彼女の何気ないワンピース姿。うつくし~っ!)
ハスッパな役だけに、品が欲しかった」ってなエピソードには「…なるほどなぁ」

もしも、もし、今をときめく、中谷美紀が演じたら、松たか子が演じたら… と、思わず想像してしまったりしてね (かなり、印象が変わった気がして (^。^)ヾ )

茶川竜之介役の吉岡秀隆も、ずっと「イイ人」が続いただけに、気難しい人から、徐々に変わっていく難しい役どころに「とても、喜んでいた」という余談に、思わずブハッ!

不思議と実生活では「じつは、そうではない方」ほど、父親役、母親役を演じて絶品なのが、ここでも実証!?の感で、ますます、なんでだろ~っ、なんでだろう♪
(薬師丸ひろ子、堤真一)

個人的には、町医者のアクマ先生こと、宅間先生(三浦友和)のエピソードには、改めてしみじみ… あれだけ、CGを駆使できて、古行少年の「ミライ世界」が再現ぐらいなので、「じつは、タヌキの恩返し」だった部分も、後ろ姿だけでも描いて欲しいような気がしたのでした。

サンタ役ができて、とても喜んでた部分に、思わずホロリ

大林監督の説じゃないけれど、映画は「夢をみるもの」という、まさに、そのもの!みたいな作品でしたね。ラストシーンも味わい深く、美しかったです。大いに満足。
[PR]
by noho_hon2 | 2006-12-04 18:10 | 映画 | Trackback(9) | Comments(5)
トラックバックURL : http://perple.exblog.jp/tb/4673808
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Tracked from D.D.のたわごと at 2006-12-04 18:45
タイトル : 映画『ALWAYS 三丁目の夕日』テレビ視聴
ドラマ『東京タワー』に映画『犬神家の一族』,年末が近づき,なぜかここへきてかなりレトロチックな映像体験が重なっている私,映画『ALWAYS 三丁目の夕日』のテレビ放映があるとあっちゃあ,見逃せません! 最初,原作マンガの雰囲気とあまりに違って見えたのでどこが同じなのかさっぱりわかりませんでしたが…うん,納得!前半はむちゃくちゃ楽しいし,クライマックスには泣けるシーンもてんこ盛りだし,こりゃあヒットするわけだ。... more
Tracked from ぐうたら大学生の無責任b.. at 2006-12-04 19:37
タイトル : 金曜ロードショー「ALWAYS 三丁目の夕日」
 昨年の映画賞を総なめにした感動作が、金曜ロードショーでTV初登場。 ALWAYS 三丁目の夕日 豪華版西岸良平 山崎貴 吉岡秀隆 バップ 2006-06-09売り上げランキング : 315おすすめ平均 Amazonで詳しく見る by G-Tools  金曜ロ... more
Tracked from ☆★☆風景写真blog☆.. at 2006-12-04 20:22
タイトル : 『ALWAYS 三丁目の夕日』を観て来ました!
  『ALWAYS 三丁目の夕日』観賞レビュー! 47年後に、逢いましょう。 すべての日本人に贈る 夢と希望いっぱいの珠玉の感動作!! 文部科学省選定作品 ★スタッフ★ 監督・脚本・VFX:山崎貴 脚本:古沢良太 音楽:佐藤直紀 主題歌:D-51 「ALWAYS」   ★キャスト★ 茶川竜之介:吉岡秀隆 鈴木則文:堤真一 石崎ヒロミ:小雪 星野六子:堀北真希 大田キン:もたいまさこ 宅間史郎:三浦友和...... more
Tracked from 虎党 団塊ジュニア の .. at 2006-12-04 23:44
タイトル : 『ALWAYS 三丁目の夕日』’05・日
あらすじ東京下町の夕日町三丁目に住む鈴木家に、集団就職のために上京してきた六子(堀北真紀)が住み込むことになった。また、鈴木家の向かいにある駄菓子屋の茶川(吉岡秀隆)は見ず知らずの少年・淳之介(須賀健太)の面倒を見ることに・・・。感想ビッグコミックオリ...... more
Tracked from 平成エンタメ研究所 at 2006-12-05 17:55
タイトル : 茶川竜之介 「三丁目の夕日」
 ブンガクこと茶川先生(吉岡秀隆)は芥川賞を目指している。  でも毎回落選。スカ。  子供たちに当たり散らしている。  居酒屋でもクダを巻いている。  ボクは芥川賞の最終選考まで残ったんですよ。  今は児童文学にも興味があって。  居酒屋のヒロミ(小雪)を意識しての発言。結構見栄っ張り。  でも、この辺が人間っぽい。  ケンカも弱いし。  今日も鈴木社長(堤真一)とケンカしてのされている。(そののされた時の形がいい!)  そんな茶川先生が淳之介(須賀健太)に出会った。  子供雑誌に書いた自分の空想小...... more
Tracked from Y's WebSite.. at 2006-12-06 12:13
タイトル : 「ALWAYS 三丁目の夕日」を観て
『携帯もパソコンもTVもなかったのにどうしてあんなに楽しかったのだろう…。』 昭和33年の東京下町を舞台にした西岸良平さん原作のマンガ「三丁目の夕日」をモチーフとした映画「ALWAYS 三丁目の夕日」が12月1日、日本テレビ系列で放送されました。 東京タワーが建設され....... more
Tracked from 映画、言いたい放題! at 2006-12-07 01:20
タイトル : ALWAYS 三丁目の夕日
評判いいですね、この映画。 観よう観ようと思っていると、TVで放映。 ラッキー。(^^) 昭和33年の東京。 短気だが情の厚い則文が営む小さな町工場に 青森から集団就職で六子がやってくる。 向かいの駄菓子屋の茶川は、 芥川賞の選考に残った経験がありながら、 今は... more
Tracked from 京の昼寝~♪ at 2006-12-07 21:37
タイトル : 『ALWAYS 三丁目の夕日』
携帯もパソコンもTVもなかったのに、どうしてあんなに楽しかったのだろう。 ■監督 山崎 貴■原作 西岸良平 ■キャスト 堤 真一、吉岡秀隆、小雪、薬師丸ひろ子、掘北真希、須賀健太、小清水一揮、もたいまさこ、三浦友和□オフィシャルサイト  『ALWAYS 三丁目の夕日』 舞台は、建設中の東京タワーが少しずつ空へ伸びていく昭和33年。 夕日町三丁目で、慎ましくも笑顔の絶えない日々を送る人々の姿を淡々と描いていく。 今のように派手な遊びも無く、娯楽と言ってもまだTVが出始めて高価だった時代。 何...... more
Tracked from 取手物語~取手より愛をこめて at 2007-01-30 22:35
タイトル : 50年後も綺麗な夕陽・・・「ALWAYS 三丁目の夕日」
昭和33年、東京の下町。... more
Commented by YOSHIYU機 at 2006-12-04 23:49 x
TB有難うございました。
ラストシーンの「50年後も夕焼けはキレイに決まってる」の台詞は
グッときましたね。本当に、そう願いたいですね。
Commented by SQuincy at 2006-12-05 03:17 x
伊勢丹の特集番組みてから『三丁目の夕日』の録画みたんで ひときわ感慨深いものがありました;(ToT)
まあ なんとも有機的な時空間でしたね 匂いがある─おおむね臭いなんですが─つーのが 昭和の懐かしさの源でしょーかね 2、3年まえ『昭和の美人顔コンテスト』ってやってましたが あの時代顔やプロポーションの整い具合は いま思えばもうひとつでしたが 女が輝いていました 際立ってイイ女がいたものです いったい何を置き忘れたんでしょーかね
カストリ雑誌やら 子ども心に意味もわからず受け入れていたスカタンの『スカ』 オート三輪や土の道路に集団就職 横丁には子どもを寄せ付けない“影”の部分が息づいてましたね 貧しさを筆頭にさまざまな恥が厳然と存在してて 単に懐かしいだけでは済まないんですが……
Commented by SQuincy at 2006-12-05 03:31 x
小雪ですけど 『ラストサムライ』や『笑う伊右衛門』でも合わないんじゃないと思ってたら ぴったしはまるんですね 思うに あのアルカイック・スマイルと縄文系の顎のラインは 彼女の複雑な魅力を支えるものじゃないかしら 客観的にみると決して美人顔ではないのに 凛とした美しさがあるとは そうそう 最近CMでパンツルックで後ろ蹴りしているの 凄く綺麗ですよね まるでバレリーナ…なんでも 一流のバレリーナの後ろ蹴りは空手の有段者レベルの威力があるってことでしたよ ボクサーの拳や空手の有段者の身体は 法的には凶器の扱いですから そうした凄みをも隠し持った 小雪の美しさというところですかねエヘ(^-^)ノ~~
三浦友和も最近いい役者してるなぁと感じてるとこです NHKの土曜ドラマ『魂萌え』もよかったし 世界の中心やらサスペンスの弁護士役も 妙にリアリティがあって 表裏両面みせる役者になってきました なんか吹っ切れた感じ エロティックになってきましたねえ 百恵さんもお喜びでしょう(⌒〜⌒ι)
Commented by noho_hon2 at 2006-12-05 08:08
こんにちわ、YOSHIYU機 さん。本当に、あのラストシーンは、きわめて正攻法なのが、じつに新鮮♪でしたね。「50年後も夕焼けはキレイに決まってる」にも、改めてジーーン。

YOSHIYU機 さんのおっしゃられてた、「大切な物を失ってしまった気がした」ってのは、我家でも大いに話題になりました。「一体。どこで間違っちゃったんだろうね」とつぶやくことしきり… 思わず、しみじみ
Commented by noho_hon2 at 2006-12-05 08:16
さすが、特撮を特異としてた監督さん。きくところによると「落語も大好き」だそうで… (個人的に、原作は落語小話の味に近い… と睨んでる)まさに本領発揮!の感でしたね>SQuincy さん

たしかに、昭和顔は有機野菜の魅力。平成美人は、やや無機質でフィギュア的というか… アニメ・ティストですもんね。顔と雰囲気に着目したSQuincy さんの視点には、思わず「分かる分かるぅぅ!」とウケてしまったのでした。

へぇ… 小雪は、時代劇にも、ぴったり、なんですか。私は密かに“姫君ティスト”と呼んでるのですが、あの独特の別格感が、全てを凌駕するのでしょうか? そういう意味でも興味深いですよね。

三浦友和には、まったく同感です。再放送でみた青春モノの、爽やか青年から、よくぞここまで… の感。私生活での人知れぬ苦労も、役者としても器を広げたのでしょうか? そういう意味でも、大いに尊敬。うるうるうる…
<< 紅葉 黒酢バー、シャネルもクリスマス >>


折々で感じたままに書いてます。心に残ったものレポート
最新のトラックバック
ハロー張りネズミ (第6..
from ディレクターの目線blog@..
木曜劇場『セシルのもくろ..
from レベル999のgoo部屋
木曜ドラマ『黒革の手帖』..
from レベル999のgoo部屋
「ハロー張りネズミ」第5..
from Kanataのお部屋へようこそ
「コード・ブルー~ドクタ..
from Kanataのお部屋へようこそ
セシルのもくろみ #06..
from ぐ~たらにっき
遺留捜査 第4シリーズ(..
from ディレクターの目線blog@..
最新のコメント
カテゴリ
最新の記事
記事ランキング
以前の記事
メモ帳
「のほほん日和」
(04年9月~05年9月)