女力 (ゆかりタンの目力)
e0080345_15581422.jpg最初は、そんなにも感じなかったのですが、「働きマン」、どんどん面白くなってきて、なんだか、終わってしまうのが「惜しい!」ですよね。

(エンディング・テーマ。チャットモンチーの「シャングリラ」 、とても好き♪)

特に今週の「働かないマン」の回。梶舞子のスタンス。決して、しゃかりきには働く訳ではないけれど、独自の女力で、わが道をゆく彼女のエピソードは、独自の視点と解釈に、うんと感慨深いものがあり、大いに興味深かったです。

ドラクエの、なんたらのタンバリンじゃないけれど、その存在だけで、才能ある方や男性陣のテンションをあげる、独自のスタイルには「へ~ぇ」。でも、どの世界にも大なり小なり、存在しますよね。こういう能力&ポジションの方って

それだけに、佐藤ゆかりタンの目力は、うんとタイムリー。とても興味深かったです。

もちろん当人は決して意識してのことではないでしょうが、改めて、ゆかりたんに男性の人気が集まる理由が分かったような気がして、えらい納得!してしまったのでした。

女性誌のうたい文句じゃないけれど、女は目力… 言えてますよね。

以前。ネットで読んだオハナシで、ある方が、銀座でホステスのバイトをした際、とりあえず教わったノウハウ。即効性のあるテクとして伝授されたのが「殿方への、まなざしの向け方」と「役割をわりふる」テク…

ちなみに、前者は、少し下から「見上げる」、ややおねだり視線がヨイそうで

後者は、「その集団を、大家族にみたて、たとえば、おじいさん、おとうさん、長男、次男、場合によってはポチ…、等々と割り振ると、不思議と場が丸くおさまる」って経験談に「へ~」だったのですが、それだけに「…なるほどなぁ…」

オヤジギャルという語が、一世風靡して十数年。男女を問わず、全体がオヤジ化するほど、その分、よけいに“女性を感じさせるもの”が威力を発揮してしまうのかもしれませんね。(今にして思えば、小泉氏。そこんとこの機微を、最も、よくご存知だった?!)

個人的には、「自分にないものを持ってる」相手は、それだけで尊敬してやまない私。

なにかとお騒がせマリコさんも、いったんは、魅力的な男性を「メロメロにさせた」時点で、「おそれいりました~」な分。このコラムを書いた方を含め、さらにさらに、ハハ~~っで、ありました
[PR]
by noho_hon2 | 2006-12-16 16:24 | 雑感 | Trackback | Comments(4)
トラックバックURL : http://perple.exblog.jp/tb/4742398
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by まるちょう at 2006-12-17 09:59 x
目力という言葉、なるほどな〜!
僕もそういうの結構弱いです。
やっぱり、そういう女性とは
目を合わさないに限る? (笑)
Commented by noho_hon2 at 2006-12-17 17:07
こんにちわ、まるちょうさん。きくところによると、男性には、心の片隅。「翻弄されたい」願望もあるんですってね。そういう要素に、ふと「火をつけてしまう」のかな? ちょっと興味深いですよね。

後半の感想。あまりにも正直で、男性の声、代表?! 思いっきりウケてしまったのでした。…いいなぁ、それ (^m^)
Commented by まるちょう at 2006-12-17 17:13 x
そうそう!その通りです!すげ〜
翻弄されたいと、どこかで思ってます。
哀しいオトコの性でしょうか(笑)。
Commented by noho_hon2 at 2006-12-18 07:05
をを、やはり、そうでしたか>まるちょうさん。なんだか“素朴な本音”部分が、どんどん聞けて、嬉しいなぁ。微妙に“回路の違う”女性側としては、大いに興味深いこと、この上ありません  

考えてみると、女性側にも似た部分ある気がするので… そのうち、この周辺。ブログ・ネタとして書かせてもらいますね (^。^*) 
<< 人気探偵は、なぜかシングル?! ドラクエ9が、ニンテンドーDSに >>


折々で感じたままに書いてます。心に残ったものレポート
最新のトラックバック
TOO YOUNG TO..
from 象のロケット
蜜のあわれ
from 象のロケット
ブランケットキャッツ 第..
from ぷち丸くんの日常日記
「蜜のあわれ」文芸のかほ..
from ノルウェー暮らし・イン・原宿
MONSTERZ モンス..
from to Heart
MONSTERZ モンス..
from だらだら無気力ブログ!
TOO YOUNG TO..
from だらだら無気力ブログ!
最新のコメント
カテゴリ
最新の記事
記事ランキング
以前の記事
メモ帳
「のほほん日和」
(04年9月~05年9月)