なぜ、恋に落ちる?
e0080345_93757.jpgこの部分に着目した、今朝の新聞ミニ特集が興味深かったです

いわく。ずっと、友達だと思ってた相手が、いつか恋人になる経験をした一方。

長く縁のある異性の友達で、「…まず、恋にはなりえないナ」みたいな確信がある相手がいるのは、なぜ?

赤い糸(運命の相手)はあるの?」みたいな素朴な疑問に「…なるほどなぁ」

その回答として、動物学的な見地からすると、共通項をもちながらも「ちょっと違いのある(免疫システムの異なる)相手に惹かれる」傾向があるそうで、そのポイントは「におい」なのだそう

言われてみれば、「一目ぼれ」の、理屈ぬきパワーが、のちのちまで影響するケースの多さ、ちょっと侮れませんよね。その直感部分といい、あくまで「本能に根ざしてる」要素が濃いのは、ある意味、大納得。

最後の部分に関しては、さすが時の人。江原啓之の、定番でありながら、うま~いレスポンス(出会う相手は決まってても、あくまで、選ぶのは自分だよ、風)に、人気の秘密を垣間見るよう。思わず、ウケて!しまったのでした

個人的な経験としては、学生時代。なぜか、やたら馬のあう男の子がいて、周囲から、はては卒業式の時、先生にまで「あれほど仲がよかったのに、なぜ、恋人ではなかったの?」と、笑いながら質問される位だったのですが…

これまた「理屈じゃない」んですよね

うんと印象に残ってるのは、寒中水泳のときのこと。

若さはバカさだぁ?! 単位獲得のため、冬の瀬戸内海。先生のかかわってるイベントにクラス中で参加したのですが、その帰り道。恋人のクルマから「帰るの、大変だろ。乗っていかない?」と誘われ、ご一緒したことがあったんですよ。

そのとき、ふとしたことながら、彼と彼女が話す際の「かつて、見たことのない顔」みたいなものに、ドギマギ。なんか、ものすご~く「男の人」だったのでした。

それは、どうやら彼女も同じだったらしく、彼が何か買いにいったか連絡するかで、ふと外にでたとき「…びっくりした。アイツも、あんな顔することあるのね」って感想に、思わず目を丸くすることしきり。

結果的には、ふたりからの「結婚式には、ぜひ、きてね」の約束が本当になり、周囲が黒一色のなか(ほとんど、同窓会状態)、新郎サイドの席に座ることになるわ、

式の前も、ひさびさに大家さんと盛り上がるあまり、遅れそうになって、式場にとびこんだから、彼の兄弟から「キャ~~ッ、待ってたのよぉ。あなたは、こっち♪」と手をひっぱられ、新郎身内の控え室で着替えるという、今にして思えば、かなり珍しい経験をしたのですが… (^。^)ゞ

だからこそ、人生、味なのかな? ちょっと面白いですよね
[PR]
by noho_hon2 | 2007-01-19 09:59 | 日々のメモ | Trackback | Comments(4)
トラックバックURL : http://perple.exblog.jp/tb/4959301
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by きらら at 2007-01-19 14:35 x
こんにちは☆

直感も 一目惚れも 理屈抜き!ですよね
でも それが「匂い」っていうのも かなり納得です
なんだろうな、この感覚・・・ってのが 私にはよくあるんだけど
なるほど 動物的感覚なんですね 面白いなあ~♪

のほほんさんのお話を読むたびに キャパの広い人なんだなあ~って思います
男女を問わず(たぶん年齢も?)受け入れてもらえるのって
のほほんさんが受け入れてるってことなんですよね
うん 素敵だ☆
Commented by noho_hon2 at 2007-01-19 17:31
きららさん、こんにちわ。同感同感。俗に勘と呼ばれるけれど「なんだろうな、この感覚・・・」の動物的な嗅覚って、侮れないものがありますよね (^。^*)。

ありがとうございます。嬉しいな嬉しいな。でも、先日のきららさんには、かないません。ひとつには、良くも悪くも色気に乏しいところがナニなのかな? 自分でも「んなバカな」ほいほいで、面白いなぁ、と感心してしまうのでした
Commented by SQuincy at 2007-01-21 03:09 x
若者とはバカ者の謂い…には全面的に賛成(o^O^o) 最近はバカできない自分にハガユイ思いしてます
“フォーリンラブ”のMAKA不思議さについては スージー・マリンって肖像画家の『ひとめぼれの法則』なる邦訳本が出てまして 3つのパターンがあるそうで 1.顔の配置バランスが似ている 2.三ヶ所、上まぶたのライン 上唇のライン 眉毛の形状が似ている 3.初めて絆を感じた相手に似ている
たとえば、チャールズ皇太子の乳母とカミラ女史がそっくり(3のパターン)なのを写真入りで説明されて あんぐりしてしまいました(☆o☆)エッ....?
やっぱ 自分に似ているものと初期刷り込みが甚大な作用を及ぼすみたいっスね(ρ_-)o 人間ってわりかし単純?(▼o▼)ウー・
Commented by noho_hon2 at 2007-01-21 07:20
あっ、それ、面白いですね>SQuincy さん。特に顔の配置バランスが似てる説には、大いに興味津々… かなり古いですが、我家では、小室哲哉と朋ちゃんが「(顔の造詣)そっくりカップル」ともっぱらの評判でした。チャールズ皇太子の乳母とカミラ女史がそっくり、には、へ~~っ。クリントン元大統領と噂になったレディとヒラリー女史の若かりし頃が、あまりにも似てるのも、ちょっと  (*^m^*) 
<< プロフェッショナル 浦沢直樹 時代屋の女房 >>


折々で感じたままに書いてます。心に残ったものレポート
最新のトラックバック
監獄のお姫さま 第9話
from ぷち丸くんの日常日記
明日の約束 (第9話・2..
from ディレクターの目線blog@..
民衆の敵 世の中、おかし..
from まっつーのTV観覧日誌(*´..
陸王 第8話
from MAGI☆の日記
民衆の敵~世の中、おかし..
from ぷち丸くんの日常日記
民衆の敵~世の中、おかし..
from ディレクターの目線blog@..
コウノドリ[2] 「第9..
from ディレクターの目線blog@..
最新のコメント
カテゴリ
最新の記事
記事ランキング
以前の記事
メモ帳
「のほほん日和」
(04年9月~05年9月)