天才達の、あっぱれワガママ合戦?!
e0080345_1862963.jpg昨日、なにげなく見た「ゲツヨル! 見たぞスタジオジブリの真実」が、むちゃくちゃ面白かった!です。

ゲストとして、スタジオジブリ社長兼プロデューサーの、鈴木敏夫が招かれてたのですが

そこで明かされる、なにげないエピソードの数々。とくに、その突き抜け感が、あまりにも可笑しくて… ひっくり返ってしまったのでした。

「超ワガママ(!)」という、2人の天才監督を前。上手になだめつつ、次々とハイレベルの作品をひきだす手腕をして、猛獣使いという比喩には、思わず「…言えてる…」とクスクス。

特に、ナウシカなんか、当時は「原作がないとダメ」だったので「ならば、つくってしまえホトトギス」とばかり、アニメージュで連載をはじめ、映画への下準備をはじめた… という作戦上手には、改めて「…なるほどなぁ」

映画の製作に関しても、プロデューサーに、高畑勲をつけたい、という宮崎駿の希望に、どうしても承諾してもらえず、平行線の日々。

あくまで理論武装で、NOを主張する高畑。しまいには、万策つきて「あなたは、友人が困ってるのを黙って見すごすのですか?」と、斬りこみ、ようようOKを得た…との顛末には唸ってしまったのでした。

押してもダメなら、引いてみな、ですよね。

ジブリ映画といえば、うんと、印象に残るのがコピー。
それを、はじめて、本職・コピーライター(糸井重里)に依頼したのも、鈴木の発案。しかし、あまりにも激しいダメだしに音をあげつつも、次第に「本気にさせた」顛末も興味深かったです。

(これをして、秋元康いわく。「鈴木さん。…ある種の放火魔ですよね」説には、思わずブハッ!)

「もののけ姫」なんか、監督の許可をえる前。先に題名をドカンとだし、世間に発表して「後にひけなくさせた」とか、(もちろん、宮崎監督。大立腹)

「紅の豚」も、映画宣伝フィルムを鈴木プロデューサーが独断でつくり、これまた監督、激しくへそを曲げてプンスカプン。しかし、ジブリに戻り、社員達の前で上映。「これを見て、“見たい”と思うか? 興味おぼえるか?」と問いかけ、「はい」と答えられて、「…そうか…」になったとか…

なんだか、…か、可愛い… と、クスクスなってしまったのでした。

特に笑い転げたのが、トトロと「火垂るの墓」 を並行して製作してた時のこと。

どちらの監督も、表情の魔術師。近藤喜文を「激しく希望!」だったのですが、苦渋の選択で、高畑監督につけたら、それを察した宮崎監督。

報告と許可を得にいった際。「用件は言われなくてもワカル」といった上で「ボクは、明日から入院する」と、むちゃくちゃなストライキ宣言。

しかし、翌日には「解決したよ。殴ったから」の台詞に唖然としてたら
「…夢の中で…」には、思わずウケまくって!しまったのでした。

ワガママも、ここまでくれば、なんかアッパレというか、どこかユーモラスですよね。

おそらく、音楽家しかり、絵画方面もしかり?! のだめに出てきたくだりじゃないけれど、表現者は、よきサポーターがいてこそ、な部分があり、たぶんに運もある、との説に「…なるほどなぁ…」だったのですが、そういう節ありますよね。

鈴木敏夫もまた、間違いなく天才です。

もちろん大きな才能あってこそですが、そういう意味で、恵まれてたんだなぁ… もしも、手塚治虫が生きていたとしたら、最も羨んだことのひとつは、この出会いにもあったかもなぁ、と、改めて、しみじ~み
[PR]
by noho_hon2 | 2007-06-05 18:51 | テレビ | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://perple.exblog.jp/tb/5823959
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
<< バロメータは、「困ったモンダ」 「素敵」に負ける >>


折々で感じたままに書いてます。心に残ったものレポート
最新のトラックバック
映画「青空エール」
from FREE TIME
おんな城主直虎第33回「..
from 森の中の一本の木
警視庁いきもの係 第7話
from レベル999のgoo部屋
日曜劇場「ごめん、愛して..
from レベル999のgoo部屋
大河ドラマ『おんな城主直..
from レベル999のgoo部屋
土曜ドラマ『ウチの夫は仕..
from レベル999のgoo部屋
青空エール
from 銀幕大帝α
最新のコメント
カテゴリ
最新の記事
記事ランキング
以前の記事
メモ帳
「のほほん日和」
(04年9月~05年9月)