移動する楽しみ
e0080345_8543283.jpg思えば、のんびり四国の住人してたのが(就職活動、等々で)大阪へ移動した時、目を見張りました。

まず、人々が歩く「スピードが違う」し、そういうテンポって、身体全体にまで影響してくるのか、言葉の勢い、トーンまで違います。プチ異国感(!)に、ワクワク。

ビルの高さと、それに連動した空のサイズ変化も侮れません。(存在感と、微妙な色のニュアンスも、場所場所で、全然、異なる)

ターミナル横の信号が「カウントダウンしてた」のと、それでもなお、フライング気味な皆様の気迫を見た時は、思わずプププ…

余談ながら、某社の就職試験・最終面接。ヨモヤマ話で「こちらまでの道中、どうでした? 正直なところを、どうぞ」された際、その旨を語ったら、偉いさん達、なぜか大爆笑。…な、なんで?

残念ながら、ご縁は無かったのですが(ごめんなさい)、社会人になって、しばらくしてのち、総務部長が、ニコニコと、カモンカモ~ン。「キミのこと、覚えてたよ。うんと懐かしそうにしてた」と笑いながら告げられた時は、思わずひっくり返りそうになったのでした

…改めて、関西の「笑い」ポイントの高さ?!
土地柄をヒシヒシ (^。^;)ヾ

また、はじめて関東にやってきた当初。最初に「…ん?」となったのは、あまりにも若い女性の髪形が、ワンパターン傾向だったこと。しかも、隙なく手入れされてるあるさまに、内心「…それ、ひょっとして、カツラ?」と、ついつい、ジ~~~ッ

関西の「いい。ここがクチぃ、そして、ここが目ぇ!やで」ってな、どちらかというと「メイクに求めるもの… それはインパクト」な精神のソレを見慣れてた目には、ナチュラルメイクの浸透ぶりも新鮮で。

一瞬「みんな… 化粧してないの? いや、それにしては、皆様、ひどくキレイなんですがぁ…」と、アセアセに感じたことが忘れられないのでした。

それに、メイク同様。アクセサリーも、関西では常識な、大ぶり派はマイナー。どちらかというと、小ぶり傾向で、しかも、高価そう、だったのも「…へぇ」だったしね。

このように、狭いけれど、けっこう広いぞ日本。
移動する楽しみって、生活ディテールの些細な変化ほど、妙に楽しいですよね。

アド街の「その街の女性を見れば、街がワカル」ってのは、言えてるっ!

(そういう意味では、男性陣は「あまり変わらない」のも、ちょっと興味深い)

同じチェーン店でも、場所場所によって売れ線の違い? イチオシと、それを軸にした商品展開が微妙に異なるあたり「…なるほどなぁ」。

都市部の面白さは、駅ひとつ分、移動するだけで、空気が全然、存在すること。

いっとき、出先で、映画1本分の時間があれば、やたら、テクテク歩いたり、とりあえず、路線バスにのってみたりして、あたりを「眺める」のが、こよなく楽しかった♪時期があります。

逆に、ある世代のファッションとかツボ部分が、どこにいっても「共通したセオリー」っぽいものがあるのも、それはそれで大いに「へ~ぇ」だし…  

そういう、ささやかな「そういえば!」ほど、味は濃いですよね。
なんだか、イイなぁ… と感じてしまうのでありました。
[PR]
by noho_hon2 | 2007-06-07 08:52 | 雑感 | Trackback | Comments(4)
トラックバックURL : http://perple.exblog.jp/tb/5837855
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by まるちょう at 2007-06-07 17:15 x
いつもながら、女性らしい目線に感心します。
私なんて、どこいっても「まぁ、一緒かな」なんて感じで。
そうした細やかな違いを認知できるのって、羨ましいです。
でも、結婚してから、少しはそうしたものに対して敏感 には
なってきているのですが・・ 女性の繊細さには遠く及びません。
男おいどんからの脱却はまだまだのようです(笑)。
Commented by noho_hon2 at 2007-06-07 18:35
こんにちわ、まるちょうさん。いやいや、井戸端会議なんか聞いてると、(その、チェックの鋭さ)私なんか、駆け出しもイイトコですぅぅ (;^◇^;)ゝ

本当に、みなさん、ビックリするぐらい「よく見て」ますもん。だけど、それぞれ「気になる」ところが違うのも、面白いところ。女性から見ると、男性のビジョンも、また全然、違うので、それもまた「…なるほどなぁ」興味が尽きないのでした (^。^*)
Commented by ハート at 2007-06-08 07:37 x
そうそう、ヘアーメイクは土地柄がでますね。 神戸 東京 名古屋なんだか、同じ巻き方でも違うのです。
Commented by noho_hon2 at 2007-06-08 08:10
同感同感。ヘアーメイクって、時代が出るし、たとえ同じ時間軸にあっても、土地によって「違う進化をとげる」ので興味が尽きない、ですよね>ハートさん

個人的には、「さすが、金のシャチホコのある土地柄」と言いたくなるような、通称・名古屋巻きや、華・上品な神戸のソレも、思わず「オミゴト!」と言いたくなるし、東京の洗練もイイなぁと感じてしまいます。不器用で、とても真似できない分、思わずタメ息… 眺めてるだけで、うっとり… なのでした(^。^*)
<< バッドガールが、なぜ人気 学校へ行こう!MAX >>


折々で感じたままに書いてます。心に残ったものレポート
最新のトラックバック
【おんな城主直虎】第25..
from ショコラの日記帳・別館
貴族探偵 第11話(最終回)
from レベル999のgoo部屋
貴族探偵 第11話(最終話)
from ドラマハンティングP2G
貴族探偵 最終話
from ぷち丸くんの日常日記
貴族探偵 (第11話/最..
from ディレクターの目線blog@..
おんな城主直虎 第25回..
from あしたまにあーな
おんな城主 直虎 第25..
from みはいる・BのB
最新のコメント
カテゴリ
最新の記事
記事ランキング
以前の記事
メモ帳
「のほほん日和」
(04年9月~05年9月)