県庁の星
e0080345_83528.jpgどうやら「織田裕二、柴咲コウ主演の、痛快劇らしい」との興味から見たのですが…

基本的には、かなり楽しめました。

だけど、やはり突っ込みどころが多かったせいか、ネット評は総じて辛口傾向、ですね。

我家的には、「後半。快進撃になって以降が、うんとヨカッタだけに、前半の、ちょっとモタモタしたテンポが惜しかったかな?」とのことで、

「やはり、織田裕二、柴咲コウ。大したもんだなぁ… (その存在だけで、充分、観客を惹きつけますもん)」とのことになったのでした。

とてもローカルなところとしては、弁当売り場で、裏方・アンちゃんしてた彼が気になったのですが、調べてみると和田聡宏と判明。

ふたりして「どこかで見た顔だよねぇ… 気になるぅぅ」だったのですが、「東京湾景」に出演。現在、「LIAR GAME」で豹柄クンしてる方、だったんですね。ああ、スッキリ

でも、この「気になるぅ」な存在感こそ、将来、化ける可能性、充分… かも

また、監督の西谷弘は、CM畑からドラマへと移ってキャリアを積み、ヒット作を連発して実績をあげた方。映画は初めて、だったんですね。

これもまた「ああ、だから…」と納得。

やはり、ドラマのテンポと映画のソレって、確実に違いますもん
だって、尺もさることながら、見る側の心構え、というか、環境というか… 「どういう状態とテンションで、見てるか」が明らかに異なりますもんね

だけど、どんどん若い才能に「チャンスを与える」のは素敵なこと。

原作も、着眼点やディテールは、なかなかに新鮮
光るものは随所にあった気がしました。ヒットも納得です。

ますます、今後の日本映画に期待… (^。^*)
[PR]
by noho_hon2 | 2007-06-11 08:39 | 映画 | Trackback(1) | Comments(2)
トラックバックURL : http://perple.exblog.jp/tb/5869549
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Tracked from Simple*Life at 2007-06-13 14:21
タイトル : 県庁の星
映画館へは足を運んでないので、TVでやってくれて よかった。 なかなか面白かったです。伊丹十三監督の スーパーの女?だったっけ?あれに近い感じ? やっぱり、織田さんはこういう役がうまいですねぇ。 っていうか織田さん用に作られた映画といっても過言では...... more
Commented by asagi_1201 at 2007-06-11 22:43
私も!裏方・アンちゃんの彼を見て、
「ほら、あの人なにかのドラマでお習字書いてたよね、ね」
と夫に訴えておりましたがわかってもらえず、(笑)
なんだっけなんだっけと思っていたので、
noho_honさんの記事を見てすーっきりしました。
ありがとうございます~!

Commented by noho_hon2 at 2007-06-12 07:49
そうそう、なぜか、お習字! じつは私も、言われて初めて「東京湾景」のディテールを思い出しましたぁ> asagi_1201 さん

思いがけず、お役に立てて嬉しいです♪

和田聡宏… なかなか、雰囲気と存在感のある役者さんですよね。
今後の活躍の、大いに期待(^。^*)
<< 帰ってきた時効警察 ・最終回 ラブリーなうちわ達 >>


折々で感じたままに書いてます。心に残ったものレポート
最新のトラックバック
監獄のお姫さま (第9話..
from ディレクターの目線blog@..
重要参考人探偵 (第8話..
from ディレクターの目線blog@..
監獄のお姫さま 第9話
from ぷち丸くんの日常日記
明日の約束 (第9話・2..
from ディレクターの目線blog@..
民衆の敵 世の中、おかし..
from まっつーのTV観覧日誌(*´..
陸王 第8話
from MAGI☆の日記
民衆の敵~世の中、おかし..
from ぷち丸くんの日常日記
最新のコメント
カテゴリ
最新の記事
記事ランキング
以前の記事
メモ帳
「のほほん日和」
(04年9月~05年9月)