ダイ・ハード
e0080345_17253293.jpgやはり、文句なしに、アクション映画の金字塔作品!

何度も見てるにもかかわらず… というより、むしろ、(展開を)知ってる分。よけいに、伏線や脚本、配役の見事さに、改めて「をを~~っ!」

逐一、感心しつつ、思わず興奮して見てしまったのでした。

我家では、ローカルに、素足に下着姿で悪漢にいどむ図をして「おまえは、コナンかっ!(未来少年の方ね)」という突っ込みがお約束なのですが、スーパーマンじゃないところが、またイイですよね。

どちらかというと、むしろ、情けない部類… 高所恐怖症だし、不器用のあまり、家族にまで愛想つかされ、離婚のがけっぷち。妻には「…ジョンだわ… こんなに人を怒らせるのは、彼しかいない」とまで言われてしまうし…

なんの因果か、ランニング姿で戦う羽目になり、「なんで、こんな目に…」と、逐一。ボヤくボヤく。かつて、こんなにボヤッキーなタフガイがいたでしょうか? 逆に、そのあたりの人間臭さが、面白さを倍増させてる気がして、「…なるほどなぁ…」だったのでした。

それに、今みると、敵役が、じつに魅力的。(リーダーのハンス。ハリー・ポッターにも出てる方ですね。ダンディです)、警察関係者でも、最後まで信じて味方になる、アルをきわだたせるべく、その上司達のトンマぶりも、イイ味だしてること。

これ、ある意味。アクションのお約束… なのかな? (^ー^;)ヾ

しまいには、ホリーに思いっきり殴られちゃう、豹変・優男なキャスター氏といい… マスコミのハイエナぶりへの皮肉も、ほどよいスパイス。何から何までオミゴト!だなぁ、とタメ息、だったのでした。

はらはらドキドキの中にも、笑える要素満載。
ユーモアが散りばめてあるあたり、心憎いばかり。

個人的には、冒頭クレジット。撮影が、のちに「スピード」で頭角をあらわす、ヤン・デ・ボン、だったのも、密かにウケまくったりしてね。

しみじみと、名作は色褪せないなぁ、と痛感。

余談ながら、あとで、夫婦して「巻き込まれパターンの、お約束」話に話題沸騰!
ヒッチコック・サスペンス、常連の、ジェームズ・ステュアートが、どこかトボけた味があったのにも通じる要素がある気がして、思わず (^。^*)
[PR]
by noho_hon2 | 2007-06-25 18:02 | 映画 | Trackback(2) | Comments(6)
トラックバックURL : http://perple.exblog.jp/tb/5968404
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Tracked from 不機嫌なハウスワイフ ~.. at 2007-06-25 23:49
タイトル : ダイ・ハード
こないだテレビで放送してた。いやああ~~~懐かしい!!もう何度も観たから展開を憶えているのだけど、何回観てもおもしろい!! ダイ・ハードの「日曜洋画劇場吹替版」はもう何度も聞いているので骨の髄まで染み付いている。 ジョン・マクレーンが野沢那智、ホリー・マクレーンが弥永和子、ハンス・グルーバーが有川博、アル・パウエル巡査部長が坂口芳貞・・・・ 「ダイ・ハード」シリーズは吹替版がキレイに3バージョンずつあって、ジョン・マクレーンを「野沢那智、村野武範、樋浦 勉」が吹替している。 樋浦 勉もいいのだ...... more
Tracked from 平成エンタメ研究所 at 2009-11-09 09:37
タイトル : ダイハード アクション映画の古典
 テレビでオンエアされていた「ダイハード」  何度見ても面白い。  そこで気がついたのが海外ドラマ「24」との共通点。  「ダイハード」のマクレーンはロス市警の警官アルと無線交信しながら、励まし合い敵と戦っていくが、これって「24」のジャック・バウアーが分析官クロエと連絡を取りながら戦っていくことの原型ではないか?  「ダイハード」以前のアクション映画って、主人公の行動は単独で分析官など外部の人間の力を借りることがなかった。  共通点は他にもある。  それは<味方内部でのゴタゴタが主人公の足を引っ...... more
Commented by 摂田寛二 at 2008-10-18 22:49 x
noho_hon2 さん,おはようございます。
 「軽躁状態」の摂田です。
 古い記事にも,コメント差し上げます。
 この作品にも,2人して騒いで観ていたのですね。私も大好きでした。でも,「コナンかっ!」という突っ込み方は古いなぁ。『未来少年コナン』は,レーザーディスクで全巻買って,何回も見直しましたから,気持ちはわかりますけれども。
 この作品の監督ジョン・マクティアナンは,最初ずっと追っかけをしていました。古沢良太やヒチコックと同じ8月生まれの獅子座なのですね。基本的にエンタテイナーなのですよ。私は,星占いを信じていますから,彼らの共通点もわかるような気がします。
 でも,ピンポイント型の旦那さまとは,奇妙に趣味が一致しますなぁ。
 摂田 寛二:チャングム評論家,ゴンゾウ評論家
Commented by noho_hon2 at 2008-10-19 07:06
こんにちわ、摂田さん。あははは、新しいものも古いものも(名作は)大好きなふたり、でございます(;^◇^;)ゝ
なんと、ジョン・マクティアナン、古沢良太、ヒチコック、みんな8月生まれなんですか。…深いな深いな。なんだか大いに神秘的。興味深いですね
Commented by 摂田寛二 at 2008-10-19 09:33 x
noho_hon2 さん,おはようございます。
 「軽躁状態」になると,そそっかしい間違いが増えます。すみません。
 ジョン・マクティアナンは,1月生まれの山羊座でした。
 8月生まれの獅子座は,ジェームス・キャメロンでした。『エイリアン2』で度肝を抜かれたことを思い出します。
 ごめんなさい。
 それから,成瀬巳喜男監督も,8月生まれの獅子座です。ご参考までに。
  摂田 寛二(Kanji Setsuda):チャングム評論家,ゴンゾウ評論家

Commented by noho_hon2 at 2008-10-20 07:38
いやいや、こちらこそ、ただただ「へ~ぇ」と感心してたばかり、だったので(;^◇^;)ゝ> 摂田さん
しかし、夏生まれは、まだまだ、ジェームス・キャメロン、成瀬巳喜男と、じつに多彩だったんですね。ひたすら感心…
Commented by 摂田寛二 at 2008-10-21 05:27 x
noho_hon2 さん,おはようございます。
 神秘的なものが大好きな童心の持ち主,摂田です。
 ついでだから,書きますね。
 「時を駆ける少女」の大林宣彦監督と「天空の城ラピュタ」の宮﨑駿監督が,1月生まれの山羊座でした。
  摂田 寛二:チャングム評論家,ゴンゾウ評論家(蟹座)

Commented by noho_hon2 at 2008-10-21 08:44
大林宣彦監督と宮﨑駿監督は、少年の魂と共に、オトナの眼力と手腕をもってるところが素敵。作品のも、その持ち味がいかんなく発揮されてて大ファンです>摂田さん。こちらは冬生まれでしたか、これもまた面白いですね
<< 名作は、裸足で駆ける! ライアーゲーム・最終回 >>


折々で感じたままに書いてます。心に残ったものレポート
最新のトラックバック
オトナ高校 第2話
from ぷち丸くんの日常日記
重要参考人探偵 (第1話..
from ディレクターの目線blog@..
コウノドリ2 第2話
from ぷち丸くんの日常日記
重要参考人探偵 (第1話..
from ディレクターの目線blog@..
コウノドリ #02
from ぐ~たらにっき
コウノドリ[2] (第2..
from ディレクターの目線blog@..
ユニバーサル広告社~あな..
from ディレクターの目線blog@..
最新のコメント
カテゴリ
最新の記事
記事ランキング
以前の記事
メモ帳
「のほほん日和」
(04年9月~05年9月)