ソロモン流 阿木燿子
e0080345_8452179.jpgまた、時をこえる… 云々で、あまりにもタイムリーな企画。

昨晩みた番組。「ソロモン流」で見た、阿木燿子・宇崎竜童カップルにも、大いに感慨深いものがありました。

だって、ずっとずっと憧れてる存在(それも、カップル)が、今も輝きを失わず、第一線で活躍しつづけ、それでいながら、マイペースでのびのび、幸福そうに暮らしてるのを見てると、それだけで無性に心温まるものがあったです。

自分の中で、もはや、阿木燿子は、半分、神様です。
勝手に、日本・三大天女となってます(あとの2人は、八千草薫、竹内まりや)
なにより、年齢を重ねて、ますます魅力的だし、可愛い♪のが素晴らしい!

「ああ、かくあれたら…」ってな、憧れ図が、想像以上に、だけど、ちっとも力みのない自然体で展開されるのに、ひたひた感動おぼえるばかり

往々にして、あまりにも大きな栄光がありすぎると、その後の人生が大変そうだったり、全盛期との落差が目立って「……」なことあるのですが、ピンクレディみたいに、不変にキープしてる偉さ、以上に、「これは、すごいことだなぁ…」と舌を巻きました。

今なお、チャレンジし続け、感動し、創作して、発信し、周囲にも感動を与え…
「こういう人がいる」って、それだけで、なんだか、とても勇気がわいてきます。

2人して、ウケまくり!ました。
大いに感心。そして、感慨無量
[PR]
by noho_hon2 | 2007-07-23 08:46 | テレビ | Trackback(1) | Comments(0)
トラックバックURL : http://perple.exblog.jp/tb/6146613
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Tracked from 還暦祝 at 2007-07-30 08:48
タイトル : 還暦祝
還暦祝について話題と喜ばれるお祝いの進め方... more
<< アジア杯視聴率、瞬間最高 37.1% 時をかける少女(2006年、ア... >>


折々で感じたままに書いてます。心に残ったものレポート
最新のトラックバック
「ブランケット・キャッツ..
from トリ猫家族
TOO YOUNG TO..
from 象のロケット
蜜のあわれ
from 象のロケット
ブランケットキャッツ 第..
from ぷち丸くんの日常日記
「蜜のあわれ」文芸のかほ..
from ノルウェー暮らし・イン・原宿
MONSTERZ モンス..
from to Heart
MONSTERZ モンス..
from だらだら無気力ブログ!
最新のコメント
カテゴリ
最新の記事
記事ランキング
以前の記事
メモ帳
「のほほん日和」
(04年9月~05年9月)