バック・トゥ・ザ・フューチャー
e0080345_18274983.jpgもはや、この作品。自分の中では、“古典落語の域に達してる”ような気がします。

おそらく、最も多くリピートして見てる作品のひとつ、に思われるほど…

とくに第一作目の、この作品は、ある意味。奇跡に近いほど完璧!ですよね。その完成度たるや、ほとんど、痛快劇の教科書のごとし。

だって、明るさ、軽快さ、ユーモア、遊び心。ハラハラドキドキと、粋なディテールの云々が、なんともいえず、絶妙!なんですもの。

何度オンエアされても「つい、見てしまう」し、そのたびに感心してしまいます。

ただ、ここのところ、ちょっと間があいたのと、ずっと地上波の吹き替え版ばかり見てたせいか「…え、こんなシーンもあったの?」な発見も。

新聞で、「主人公、マーティ自身の成長も、みどころのひとつだ」みたく紹介されてて、最初は「…ん?」だったのですが、

冒頭の、大音響に、ふっとぶシーン。
あれは、単なるギャグや、のちのパーティでの演奏の複線のみならず、マーティ自身が大の音楽好きで、演奏もOK、ってより、その筋を目指しててたほど。

序盤。現代で、学校イベントを筆頭とした、オーディションに応募しても、理解されず、クサるシーンがあり、それが終盤。お父さんの、密かな「作家への夢」を励ます場面。(自分にもワカルよ…)みたく、つぶやくシーンの機微にリンクしてたのに「へ~ぇ」だったのでした。

(かなり地味ゆえ、忘れてたか、あるいは地上波バージョンではカットされてたか、はしょってたのかな?)

もう、中盤から終盤にかけての無駄のなさ。博士が「今や遅し」と、スタンバイして待っている傍らで、マーティが、両親の記念すべきパーティで、存在の存続をかけて、奮闘してたり… ワープ寸前まで、ハラハラドキドキで「目が離せない」ですよね。

今みても、車のタイヤ跡が燃えてるシーンは斬新です

ことに今回は、ヒルバレーの町を「実際に、散歩してる」みたいで楽しかったです。
なんでもない看板やメニュー等々にまで、逐一、ヤンヤの嵐。

またまた、大いに楽しめました。大々満足。
[PR]
by noho_hon2 | 2007-09-04 08:23 | 映画 | Trackback(1) | Comments(0)
トラックバックURL : http://perple.exblog.jp/tb/6398871
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Tracked from スピーカー案内 at 2007-09-05 13:31
タイトル : スピーカー
スピーカーの情報サイトです!ぜひご覧下さい!... more
<< 邪道の理系 おそるべし、地デジ >>


折々で感じたままに書いてます。心に残ったものレポート
最新のトラックバック
MONSTERZ モンス..
from だらだら無気力ブログ!
TOO YOUNG TO..
from だらだら無気力ブログ!
『WALL・E ウォー..
from こねたみっくす
「警視庁捜査一課長 se..
from 三毛猫《sannkeneko..
映画評「TOO YOUN..
from プロフェッサー・オカピーの部..
警視庁・捜査一課長 Se..
from ドラマハンティングP2G
『TOO YOUNG T..
from みはいる・BのB
最新のコメント
カテゴリ
最新の記事
ソースさんの恋「彼女がソース..
at 2017-06-23 07:45
警視庁・捜査一課長 Seas..
at 2017-06-23 07:41
ウォーリー (2008)
at 2017-06-22 07:45
蜜のあわれ (2016)
at 2017-06-22 07:21
MONSTERZ モンスター..
at 2017-06-21 07:37
記事ランキング
以前の記事
メモ帳
「のほほん日和」
(04年9月~05年9月)